「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

ひとりでやまへいったケン

| コメント(0)

 「ひとりでやまへいったケン」は、子どもの読み聞かせに推薦できる絵本のタイトルです。5、6歳向きです。
【串田孫一さく・え/福音館】
【内容の紹介】
  友だちから弱虫とからかわれていたケンは、ひとりで山小屋へいくことにしました。夜になってようやく着いた小屋はぼろぼろで荒れていました。翌日から山での暮らしを始めたケンは、森の鳥やリス、ウサギやカエルなどの動物たちとの交流を通して心細さをのりこえ、たくましさを身につけていきます。山の随筆家・詩人串田孫一による絵本です。(「こどものとも」65号)
<こどものとも復刻版より>
 

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2013年9月 2日 19:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯がため」です。

次のブログ記事は「むら食べ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro