「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

砂遊び

| コメント(0)

 砂遊び(すなあそび)とは、主に幼児・児童などが砂場や砂浜で砂を掘ったり砂山を作ったりして遊ぶことである。
 この遊びは、砂を掘ったり盛り上げたり、更にはそれで彫刻など造形を行ったりする。高度なものでは青少年や大人が主体となって行われるサンドアートという芸術活動(砂絵を含む)もあるが、概ねこれらは戸外で砂と戯れる行為である。
 土で同様の遊びをすると泥遊び(どろあそび)や泥んこ遊び(どろんこあそび)というが、砂に水を加えた状態でも泥んこ遊びと区別がつけにくくなる場合がある。また、砂は様々な造形を楽しめる一方で、その作り上げたものを壊してしまうことも可能とする。棒倒しのように、ゲームとして作り上げた砂山の上に立てた棒を倒さないよう山を切り崩したり、水を浴びせかけて崩したり、更には積極的に山の上に飛び乗ったりなどして、いうなれば「創造と破壊」を楽しむことも可能である。そして砂は、幾らその造形物を破壊したとしても、砂自体は損なわれることは無い。
(フレッシュアイペディアより)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2013年5月 1日 16:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子育て家庭支援センター」です。

次のブログ記事は「出産後の貧血」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro