「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

重症度

| コメント(0)

病気の症状が重いか、軽いか、その度合いのことをいいます。
 子どもを病院に連れて行った場合、医師が、まず診察室で判断するのは、子どもの重症度です。機嫌はよいか、周囲の大人は物に関心を示すか、呼吸状態は安定しているか、顔色はいいか、といったことを素早くチェックします。
 次に、水分や睡眠は取れているか、嘔吐や下痢はないか、発熱はいつから続いているかなど、家庭での様子も大切な情報です。
 軽いと判断したら、薬はほとんど出さないかも知れません。検査もしないかも知れません。もちろん、重いと判断した場合は、徹底的に原因を突き止めながら、適切な治療を行っていきます。
(子育てハッピーアドバイスより)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2012年11月17日 14:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コンビニ受診」です。

次のブログ記事は「身体の防衛反応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro