「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

人工妊娠中絶

| コメント(0)

 日本では、妊娠12週未満ではほとんどが子宮内掻爬(そうは)術という手術が行われ、12週以降22週未満は子宮収縮剤などを使用して陣痛を起こし、分娩と同様の経過で中絶が行われている。米国では食品医薬品局(FDA)が2000年9月、"飲む中絶薬"といわれるミフェプリストン(RU486)を承認。欧州連合(EU)諸国でも販売されている。同薬は妊娠維持に必要なプロゲステロンの作用を抑制する薬で、妊娠初期に服用すると手術しなくても中絶できる。ただし、使用できるのは妊娠7週までで、成功率は92〜95%。出血、吐き気、下痢、頭痛などの副作用の他、1〜2%の割合で出血が止まらず、手術が必要となるケースがある。日本での同薬の承認申請は行われていない。
【知恵蔵2010より】

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2012年7月24日 22:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カセットテープ」です。

次のブログ記事は「チャイルドケア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro