「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

AED

| コメント(0)

 AEDとは、自動体外式除細動器のこと。心室細動を起こした人に電気ショックを与えることで、正常なリズムに戻すための医療機器である。
 心室細動を起こした心臓は、ポンプとしての機能を失い、脳やからだに血液を送ることができなくなる。そのため脳や体内に酸素が供給されなくなり、やがては心臓が完全に停止して死に至ることになる。
 病院外での心停止は、全国で年間2~3万件あるといわれている。その多くは心室細動であり、高齢化により今後さらに増えると予想されている。
心室細動を起こした場合、唯一の治療方法が電気ショックを与え、心臓のリズムを正常に戻すことである。処置が1分遅れるごとに、10%ずつ救命率が低下するといわれている。できるだけ早く電気ショックを行うことで救命率も、その後の社会復帰率も向上する。
 AEDの使用は、以前は医師のほか、救急救命士や飛行機の客室乗務員などに限られてきた。しかし、一般市民をはじめ多くの国民が救命に関与し、突然の心停止の際にまず現場で緊急に行われる救命処置がより迅速、的確になされることによって救命率の向上を目指すために、2004年7月から一般市民でも使用できるようになった。同時に普及にも力が入れられ、現在では空港や駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業など人が多く集まるところを中心に約20万台が設置されている。
 AEDは機種によって操作に多少の違いはあるが、初めての人でも簡単に使用できるよう、音声が使い方を指示する仕組みになっている。電極パッドを貼る部位も、パッケージに示されている。診断機能もついており、心室細動以外の不整脈や心停止、あるいは呼吸や意識がある場合など電気ショックが必要のない場合にはボタンを押しても電気は流れない。
  講習を受けていなくても使用できるとはいえ、緊急の場合には冷静に動くことは難しい。AEDの使い方をはじめとする救命救急の方法は近くの消防署や地域の講習会で学ぶことができるため、一度受けておくことが望ましい。
【知恵蔵2010より】

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2012年7月15日 02:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アイアイ」です。

次のブログ記事は「オクターブ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro