「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

下部消化管閉鎖

| コメント(0)

 下部消化管閉鎖は、排泄障害のため、腹部が腫れたり、嘔吐したりといった症状が現れ、放置すると腸の内容物がたまって腸に穴が開く腸穿孔という症状を起こします。
【原因】
 先天的に腸が途切れているために、その手前で内容物が停滞します。低出生体重児に多く見られます。
【治療】
 鼻から管を通して腸の内容物を吸引して腸穿孔を防ぎます。点滴などを行って全身状態を安定させてから手術で腸の途切れを修復します。
(子供の病気辞典より)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2012年4月10日 12:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「単位制高等学校」です。

次のブログ記事は「さかさことばでうんどうかい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro