「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

母乳とミルク

| コメント(0)

 新生児は一回に飲む量が少なく、飲んでも排便されやすいため、すぐにおなかがすいてしまいます。また、決まった量を毎回飲まなく、多い時もあれば少ない時もあります。この時期の赤ちゃんが泣いてミルクを欲しがったら、その度に飲みたいだけ飲ませてあげましょう。
 母乳は、はじめのうちは出が悪かったり、赤ちゃんもまだうまく吸うことができず、疲れて途中で眠ってしまう事もあり、あまり多くの量は飲みません。哺乳瓶に関しても慣れるまでは同じ事が言えます。新生児の頃は授乳の量や間隔を気にせず、赤ちゃんが欲しがったら飲ませてあげて下さい。
(子育て用語辞典より)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2012年2月10日 21:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホームプロジェクト」です。

次のブログ記事は「ゲップの出し方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro