「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

水いぼ

| コメント(0)

 水いぼとは、子どもの皮膚に出来る水泡状の発疹で、中に白い芯を持っているものをいいます。ウイルスに感染して出来る物で、中の白い芯がウイルスの巣です。
 裸の肌同士がすり合ったり、水泡が潰れた際に芯が別の場所やほかの子につくと感染します。
 皮膚科の専門医に診断を受けて処置してもらいますが、保育園や幼稚園によっては感染症のため、医師の診断書がいるところもあるそうです。
 病院でピンセットなどを使って潰してもらうとすぐ治りますが、小さすぎたりすると塗り薬を進められます。その場合は時間がかかりますが、1年ほどで完治します。

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2011年6月26日 03:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黄色いボール」です。

次のブログ記事は「とりになった きょうりゅうのはなし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro