「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

動物カフェ

| コメント(0)

 猫カフェや犬カフェ、うさぎカフェなど小動物と一緒に遊ぶことができるカフェ。他にも、ヤギカフェ、小鳥カフェなども登場している。コーヒーや紅茶など飲食代金だけでよいカフェもあるが、多くは飲食代金とともに30分200~500円の別料金をとることが多い。来店客はウサギや猫などに触れて、ともに時間を過ごすことで精神的な安定感を得ることができる。捨てられた猫や犬などの飼い主を見つける運動を行っているNPO法人と協力して、殺処分を免れた犬や猫を受け入れているカフェもある。東京都動物愛護相談センターによると、客が入場料を支払う動物カフェは動物園や水族館と同じように動物愛護法が定める「展示」行為にあたるために、店側は「動物取扱業の登録」を都道府県などに行い、「動物看護師」などの資格をもつ常勤者を置く必要がある。無登録で営業すると罰金が科せられる場合もある。
(Yahoo!辞書より)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2011年5月 5日 15:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初誕生」です。

次のブログ記事は「中二病」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro