「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

初誕生

| コメント(0)

 生まれてから一年目の初誕生は、昔から餅をついて健やかな成長を祝う行事として行われていました。一生食べ物に不自由しないように、そして立ち歩きができるようになったことを祝う気持ちや、健康で力持ちの子どもに育つよう願いをこめて一升のもち米で「誕生もち」をつきます。
そのもちをふろしきに包んで、赤ちゃんに背負わせて歩かせたり、踏ませたりして健康で力強く育ってほしいと祈ることから「立ち餅」や「力もち」とも言われています。
初誕生のお祝いは、内祝いですので、身内だけで行われるのが一般的で、お祝いのお膳を設けたり、ケーキにロウソクを1本立ててお祝いしたりご家族でお祝いしてあげると良いでしょう。
【赤ちゃんと育児用語辞典より】

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2011年5月 5日 15:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デコレーション弁当」です。

次のブログ記事は「動物カフェ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro