「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

鍵盤ハーモニカ

| コメント(0)

 鍵盤ハーモニカとは、ハーモニカと同じく金属のリードを呼気で鳴らす楽器である。
 鍵盤と連動したバルブの開閉によって、特定のリードを確実に演奏することが出来るが、ハーモニカのように吸気では鳴らすことが出来ない。「ピアニカ」、「メロディオン」などはメーカーの商標名であるが、一般的に普及している。
 鍵盤ハーモニカは、鍵盤楽器でありながら、実質的に管楽器と同様、息を吹き込む強さを加減することで表情豊かな表現が可能である。本来は小学生や保育園児の音楽教育や器楽演奏に用いる楽器であるが、前に述べた通り表現力のある楽器であるため、一般的な楽器と同様にソロやアンサンブルで演奏するプロやアマチュアの奏者も現れてきている。
 ちなみに、まごころ保育園では3歳児クラスから鍵盤ハーモニカを使用している。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2011年3月27日 06:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「教中」です。

次のブログ記事は「生理的体重減少」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro