「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

森永ヒ素ミルク中毒事件

| コメント(0)

 森永ヒ素ミルク中毒事件(もりながひそミルクちゅうどくじけん、森永砒素ミルク中毒事件)は、1955年(昭和30年)6月頃から主に西日本を中心としてヒ素の混入した森永乳業製の粉ミルクを飲用した乳幼児に多数の死者、中毒患者を出した食中毒の事件。森永ヒ素ミルク事件(森永砒素ミルク事件、もりながヒそミルクじけん)とも。
 食品添加物の安全性や粉ミルクの是非などの問題で、現在でも引き合いに出される事例となっている。また、食の安全性が問われた事件の第1号でもある。
(引用:フレッシュアイ)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2011年1月28日 09:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アニマルセラピー」です。

次のブログ記事は「熱中体験」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro