「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

一日保育士体験

| コメント(0)

  自分の子供を通わせている保育園で、親が保育士として子供たちと一緒に過ごす体験。絵本の読み聞かせや遊戯などを子供と一緒にすることで、普段は見られない昼間の我が子の様子がわかるだけではなく、親と保育園との間の新たな信頼関係が生まれる効果もある。一般的に、保育士体験は園児の一日に合わせて午前9時から午後4時まで行われ、給食の手伝いや、お昼寝の寝かしつけなど内容は盛りだくさんである。もちろん、仕事の合間には子供たちと遊ばなければならない。各地の保育園でこの「体験」は広まっていて、東京都品川区で全ての区立保育園が取り組んでいるほか、長野県茅野市でも2011年度からの実施が決まっている。埼玉県でも私立の保育園が参加する勉強会「親心を育む会」が3年前から一日保育士の普及に努めていて、その効果に注目して体験事例集を配布したり、実施した園に補助金を支給したりして、県内全ての保育園・幼稚園で、何らかの保育参加の実施を目指している。
(Yahoo!辞書より)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年12月22日 22:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乳腺炎」です。

次のブログ記事は「学校基本調査」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro