「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

受動喫煙

| コメント(0)

 受動喫煙とは、喫煙者の周囲にいる非喫煙者がタバコの煙を吸い込むことです。たばこの煙には、先端から立ち上がる副流煙、喫煙者の吐き出す煙があります。こどもの喫煙のほとんどは、これらを吸う受動喫煙です。こどもの受動喫煙で、気道アレルギーが悪化して、ぜんそくが治りにくくなったり、乳幼児突然死症候群(SIDS)が増えるなどの健康影響が報告されています。部屋の中でたばこを吸いますと、知らず知らずのうちにたばこの煙は空気中に滞留しています。とくに今日の住宅はエネルギーの節約のため気密性が高く、この状態が長く続きます。こどもが家に帰ってきて、こうした部屋で数時間過ごしたとすると、直接、喫煙者の側にいてたばこの煙を吸ったのと同じ、場合によってはその何倍もの煙を吸うことになります。家族がたばこをやめることが一番いいのですが、それができなけければ、せめて家の外で喫煙するようにしましょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年12月 3日 16:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私立在外教育施設」です。

次のブログ記事は「赤ちゃんの名前ランキング2010」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro