「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

5~6ヶ月ごろの赤ちゃんの様子

| コメント(0)

 5~6ヶ月ごろの赤ちゃんは、昼寝の時間帯が決まるなど、生活リズムが落ち着いてきます。散歩や離乳食の時間を確保するために、早起き・早寝を心がけましょう。寝返りを始めると自分で移動できるようになるので、ますますまわりの世界への興味が広がります。おもちゃなどをしっかりつかみ、振り回したりなめたりする遊びが盛んになります。
 この時期に離乳食をスタートしましょう。また、転落や誤飲の事故にも気をつけましょう。
●離乳食をスタートしましょう
 食べ物を消化吸収する機能が整ってくると、口のまわりが発達してきて固形物を飲み込む準備が整ってきます。授乳時間の1回を離乳食タイムにして、ペースト状のものを小さじ1くらいからあげてみましょう。離乳食のあとは、おっぱいやミルクを欲しがるだけあげます。

●転落や誤飲の事故を防ぎましょう
 寝返りができるようになると、自分で移動できるようになるので、ベビーベッドの柵を上げておく、ソファなど高いところに寝かせないなど、転落事故に気をつけましょう。赤ちゃんの誤飲などの事故を防ぐために、床にものを置きっぱなしにしないなどの注意も必要です。
(たまひよwebより)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年12月23日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学校基本調査」です。

次のブログ記事は「私学校」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro