「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

音楽の効果

| コメント(0)

音楽は、心身の健康の回復、向上をはかる医療行為として認められている(音楽療法)。また、音楽は、乳幼児のコミュニケーション能力を高める効果もある。乳幼児は、太鼓やラッパなど楽器を鳴らすだけでも、自分の気持ちを表し、気分を解放することができ、他人とつながることができる。特に発達障害のある子はコミュニケーションの苦手な子が多く、音楽は有効な手だての一つだと考えられている。
 赤ちゃんの音楽表現においては、親や保育士が過度に干渉せず、赤ちゃんが自ら自由に表現することが望ましい。そして赤ちゃんの働きかけに対して、適切に反応してあげることでコミュニケーション能力が高まっていく。

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年7月25日 12:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミトン」です。

次のブログ記事は「移動託児所」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro