「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

糸賀一雄

| コメント(0)

糸賀一雄(いとがかずお、1914年3月29日~1968年9月18日)は、日本の社会福祉の実践家である。その思想を自身が、語ったものとして『福祉の思想』(NHK出版)がある。
 鳥取市立川町生まれ。母子家庭で育つ。鳥取県立鳥取第二中学校(現鳥取県立鳥取東高等学校)、京都帝国大学文学部哲学科を経て滋賀県庁入り。終戦の翌年、戦災孤児(養護児)と知的障害者のための施設「近江学園」を開設。「この子らを世の光に」という信念をもって福祉教育にあたった。
 日本の障害者福祉を切り開いた第一人者として知られている。昭和43年(1968年)9月17日、滋賀県大津市での県新入職員のための講演中に持病の心臓発作で倒れた。葬儀は滋賀県葬でいとなまれ、天皇から祭祀料が供えられるなど盛大なものであった。伝記として、高谷清『異質の光-糸賀一雄の魂と思想-』大月書店などがある。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年4月 4日 14:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石井 桃子 」です。

次のブログ記事は「e-教員プロジェクト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro