「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

12歳の文学賞

| コメント(0)

 応募資格を12歳以下の小学生(3~6年)に限定する文学賞。最近では高校生や大学生など文学賞受賞者の低年齢化が話題となっているが、この賞は逆に応募資格年齢の上限を12歳と設定したもの。それというのも主催会社の小学館が小学生の学年誌を出版していることにある。12歳以下の子供たちの新しいエネルギーを文学作品として結実させることで、子供たちの成長を見続けたいとしている。大賞は旅行券20万円分および図書カード10万円分、優秀賞は図書カード10万円分、特別審査員賞として図書カード8万円分とデジタルカメラもある。毎回小学生たちに人気のあるタレントに特別審査員を委嘱しており、第1回の特別審査員は上戸彩だった。2007年9月30日が応募締め切りとなる第2回の特別審査員はタレントの堀北真希がなっている。
(2007年8月27日Yahoo!辞書より)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年4月15日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「障害者生活支援センター」です。

次のブログ記事は「ジャイアンツカップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro