「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

1型糖尿病

| コメント(0)

1型糖尿病/一型糖尿病/いちがた糖尿病

 小児期に起こることが多いため小児糖尿病とも呼ばれます。
 生活習慣病でも、先天性の病気でもなく、自己免疫やウイルス感染が原因で、膵臓のインスリンをつくる細胞が破壊されインスリンを作ることができなくなりおこります。
 喉が渇き、多尿になり、疲れやすく、激しい空腹感や多食、急激に体重が落ちるなどの症状があります。
 1型糖尿病は、インスリンをほとんど作らないため、インスリンを注射を行います。インスリン注射を行わなければ痩せて衰弱していきます。
(子供の病気辞典より)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年3月17日 18:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アフタ性口内炎」です。

次のブログ記事は「全保連」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro