「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

ひょう疽

| コメント(0)

ひょう疽/ひょうそ

 手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。
 手や足の爪のそばにできた小さい傷が痛み始め、しだいにはげしい痛みになります。わきの下や股のリンパ節がはれて痛むこともあります。爪全体や爪の生えぎわなどが赤くはれて、ときには膿んで、破れて中の膿みが出ることもあります。
 消毒したあと、抗生物質の軟膏を塗り、痛みを軽減するためシップをします。痛みとはれが強い場合は、抗生物質を内服し、痛み止めを併用します。
【出典:赤ちゃんねっと】

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年3月31日 22:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人見知り」です。

次のブログ記事は「100かいだてのいえ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro