「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

溢乳

| コメント(0)

溢乳(いつにゅう)

生後まもなくの新生児や、3~4か月ごろまでの乳児は、授乳後しばらくして少量の乳汁を吐くことがある。これを溢乳といい、多量に勢いよく吐く吐乳とは区別する。乳児の胃が垂直で、噴門の力も弱いため、ちょっとした胃の動揺で胃内容物を吐きやすく、げっぷに伴う溢乳がもっとも多い。したがって、溢乳は生理的なもので、心配ないとされている。
(引用:ヤフー百科事典)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年3月26日 20:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育児食」です。

次のブログ記事は「育英制度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro