「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

細菌性肺炎

| コメント(0)

 細菌性肺炎(さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性炎症であり、そのほとんどは肺胞性肺炎である。
 初期は、のどの痛みや、声がかれたり、鼻水やくしゃみなどのかぜの症状ですが、次第に、気管支炎を起こし、咳、たんが増え悪化していきます。
 肺炎になってしまうと、熱が上がりぐったりしたり、食欲不振になります。呼吸困難や、胸の痛み、顔色も悪くなるという姿もみられます。
 原因菌が、ブドウ球菌の場合は、肺化膿症(肺の炎症した部分が溶けて膿がたまること)になることがあります。
【出典:子どもの医学事典】

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2009年10月27日 21:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウイルソン病」です。

次のブログ記事は「マミーズハンド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro