「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

先天性胆道拡張症

| コメント(0)

<先天性胆道拡張症/せんてんせいたんどうかくちょうしょう>
 先天性胆道拡張症とは、生まれつき肝外胆道が嚢胞状、または紡錘状に広がってしまっている疾患のことをいいます。乳児、幼児に多く発症し、特に男児より女児に多く見られます。まれに成人にも発症することもあります。発症は胆道閉鎖症と似ており、黄疸と灰白色の便があり、腹部にしこりがあります。同時に発熱を伴うことがあります。進行が進みやすく、肝硬変になりやすいため、早めの治療が必要です。
 治療は拡張した胆道を切除する手術を行います。新生児でも成人でも治療方法は変わりません。特に15歳以上では胆道ガン、胆嚢ガンを発症させやすくなるため、手術にはガンの予防の意味も含まれています。
【出典:こどもの病気辞典】

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2009年5月 3日 18:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「替え玉受験」です。

次のブログ記事は「離乳食のおけいこ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro