「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

オルタナティブ教育

| コメント(0)

従来の教育制度や学校制度、伝統などに基づいた教育とは異なる教育のこと。そのとらえ方は、文化や習慣の違いから、国によって異なる。日本においては、独自の教育方法やプログラムで子どもの個性や自主性を尊重する教育としてとらえられている。通信制や単位制の学校、サポート校、インターナショナル・スクールなどはオルタナティブ教育の場(=オルタナティブ・スクール)とされる。
 通常の学校制度と異なる教育をすべて意味することから、さまざまな種類の教育があてはまるが、中でも特にモンテッソーリ教育やシュタイナー教育などの幼児教育を行なうことや不登校の子どものためのフリースクールをオルタナティブ教育と称している。
(引用:教育家庭新聞)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2009年5月29日 07:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「動物将棋」です。

次のブログ記事は「新生児低カルシウム血症」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro