「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

保育士

| コメント(0)

 保育士とは、登録申請し、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする人のことをいいます。
 保育園の先生は「保母さん」と呼ばれていましたが、平成13年11月30日に児童福祉法の一部を改正する法律が公布され、保育士の資格が法定化されました。この改正は、保育士資格が詐称され、その社会的信用が損なわれている実態に対処する必要があることや、地域の子育ての中核を担う専門職として保育士の重要性が高まっていることなどに対応するため、保育士資格を児童福祉施設の任用資格から名称独占資格に改め、併せて守秘義務、登録に関する規定が整備されました。ですから、お子さんが通う保育園の先生は、みんな「保育士」として登録申請しています。
(参考資料『保育用語辞典』)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2008年4月22日 07:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小規模特認校」です。

次のブログ記事は「集食家族」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro