「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

歌唱共通教材

| コメント(0)

これからも歌い継がれるべき歌として、日本古謡や文部省唱歌が各学年の音楽教科書に4曲ずつ載っています。これらの歌を「歌唱共通教材」と呼びます。曲名は以下の通りです。

第1学年 「うみ」「かたつむり」「日のまる」「ひらいたひらいた」

第2学年 「かくれんぼ」「春が来た」「虫のこえ」「夕やけこやけ」

第3学年 「うさぎ」「茶つみ」「春の小川」「ふじ山」

第4学年 「さくらさくら」「とんび」「まきばの朝」「もみじ」

第5学年 「こいのぼり」「子もりうた」「スキーの歌」「冬げしき」

第6学年 「越天楽今様」「おぼろ月夜」「ふるさと」「われは海の子」

 以上の24曲は、我が国で親しまれてきた唱歌や童謡、わらべ歌等を、子どもからお年寄りまで世代を超えて共有できること、また、我が国のよき音楽文化を受け継いでいくために設けられたと、文部科学省「学習指導要領」の中に述べられています。

 

       西日本新聞 「近代日本の教科書を読む」より

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2017年6月20日 17:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「箸の持ち方(教え方と時期)」です。

次のブログ記事は「みんなでつくる子育て辞典について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro