「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

子どものドライアイ

| コメント(0)

 ドライアイとは、角膜感想症のことで、症状としては充血、目がゴロゴロして光を今まで以上にまぶしく感じたり、目を長く開いていることができなくなったり、物が見にくくなったりするということがあげられます。
 ゲーム機やパソコン、携帯電話などが普及したせいで、子どもにも目の乾きを訴えるドライアイが増えています。長時間眺めることに目や脳の緊張状態が続き、涙が、目の表面を十分に覆うことができなくなり、目が乾燥してしまうのです。
 予防としては、ゲームやパソコンをさせすぎない、休憩をしっかり取るということが上げられます。「子どもは症状を自覚しにくいので親が気をつけて」と専門家は注意を呼びかけています。(引用:保健安全ニュース)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2015年7月 5日 12:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浮き指」です。

次のブログ記事は「よだれの増加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro