「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2014年11月アーカイブ

顔に布をかけるテスト

| コメント(0)

 6~7ヶ月健診では顔に布をかけるテストもあります。
 顔に布をかけたとき、自分で取ろうとするかを見て、精神面と運動面の発達が正常に進んでいるかを確認します。ただし、赤ちゃんの気分が乗らないときはやらないこともあるので心配しないで。普段、おうちでできるということを伝えればいいでしょう。
(出典:たまひよweb)

はいはいの形

| コメント(0)

 赤ちゃんのはいはいの形はさまざまです。おなかを床につけたままずりばいをしたり、片方の腕や足だけを曲げたりと、なかにはちょっと変わったスタイルのはいはいをする赤ちゃんもいます。手足や背中の発達に問題があるのではと心配になるママもいますが、大丈夫。ずりばいは手のほうが先に発達するために、まず手だけで体を動かそうとするためですし、左右アンバランスなはいはいは、左右の手足の発達のスピードが違うためにそうなります。でも、これらは一時的なもので、遅れた側もやがて同じように発達してきて、バランスのとれたはいはいになります。何かしら癖があるはいはいでも、あんよまで影響することはありません。
(出典:たまひよweb)

子供の風邪で注意すること

| コメント(0)

 さっきまで元気に遊んでいたと思ったら、急にぐったりするなど、子どもの場合、急激な症状の変化が起こることもありますから、できるだけ目を離さないこと。子どもは大人より体の水分割合が高いので、高熱が続くと脱水症状を起こしやすくなります。熱が出たときはこまめに湯ざましやスポーツ飲料、お茶などで水分補給をしてあげましょう。
 高熱が出たとき、ひきつけを起こすこともあります。ひきつけを起こしたら、あわてず、衣服をゆるめ、顔を横向きにして寝かせ、できるだけ早く病院で受診してください。
(出典:セルフドクターネット)

見立て遊び

 幼児の特徴的な遊びのひとつで、2歳頃に盛んにします。四角いつみ木やブロックを車に見立てて走らせたり、葉っぱをおままごとのお皿代わりにしたり粘土を細長くして、へびに見立てたりします。
 幼児は、遊びの天才です。この時期の子は高価なおもちゃに見向きもしないで、つみ木、葉っぱや小石など自然のものを上手に使って遊びます。
 保育者も外に出たときに、例えば雲を眺めながら、「あそこに、ぞうさんがいるよ」など、雲の見立て遊びをしてみましょう。お母さんや保育士がいろいろと見立てをしてあげると、幼児も、自分なりの見立てをするようになってきます。
(参考:ほほえみクラブ)

新生児に行う出生時ケア

 赤ちゃんが生まれたらすぐに、医師や看護師は吸引器で赤ちゃんの口、鼻、のどの粘液や他の内容物を優しく取り除き、きれいにします。そうすると新生児は呼吸ができるようになります。新生児のへその緒(臍帯[さいたい])の2カ所をクランプや鉗子(かんし)ではさみ、その鉗子の間で臍帯を切ります。新生児の体をふいてから、慎重に母親のおなかの上で抱かせて肌と肌を触れ合わせるか、殺菌済みの暖かい毛布に寝かせます。
(メルクマニュアル医学百科より)

 子ども達は、保育所で様々な活動を通して成長していきます。その活動が豊かに展開されるために、保育士は援助や指導を行います。これが教育です。教育は保育所だけでなく、幼稚園や認定こども園でも行われています。
 それは、国が、教育のねらいや内容を保育所、幼稚園、認定こども園に対してほぼ同じような文章で定義付けているからです。それで、教育という点では、みな同じ営みをしているのです。
 ところで、子ども達が安心して様々な活動を展開するためには、かならず保育士が側にいて見守り、激励をすることが大切です。このような保育士の働きを「養護」といいます。
教育は、どの施設でも行っています。しかし、子どもの活動を支える養護の面を大切にし、「養護と教育の一体化」を定義付けているところが他の施設に見られない保育所ならではのよさです。
 しかも、この「養護と教育の一体化」が0歳から卒園までの6年間の中で計画的に行われていることも、保育所のよさでもあるのです。

猫背

| コメント(0)

 猫背は、身体が前かがみになり、猫のように背中が丸くなり、顔が前に突き出します。円背(えんばい)とも言います。身体が不自然なカーブを描くことにより、いろいろな部分に不調が出ます。
頭痛や肩こりなどが主な症状ですが、子どもの頃から猫背がひどいと、呼吸器や、その他の内臓に影響がでたり、運動が苦手になったりします。
(出典:子供の整体)

にきび

| コメント(0)

 思春期になると、男性ホルモンの働きが活発化する影響で、皮脂分泌も多くなり、毛穴に皮脂や汚れがたまりやすく、細菌が増殖し、ニキビの原因となる。また、近年は20〜30歳代の女性を中心に、頬や口の周囲、あごなど、皮脂分泌の少ない部分にも周期的に発生する大人のニキビが肌に関する悩みとなっている。性周期に同調し、肌状態の悪い月経前に発生しやすい。顔ダニ、ニキビダニと呼ばれる寄生虫は、ほとんどの人の顔に数百万匹いる。増加するとニキビ状になることもあるが、通常は肌状態に影響しない。
【知恵蔵2012より】

新生児の身体診察

 医師は普通は生後12時間以内に、新生児を総合的に診察します。診察は、まず体重、身長、頭囲などの測定から始めます。新生児の平均出生体重は約3000グラム、平均出生身長は約50センチメートルですが、正常と考えられる範囲には大きな幅があります。それから新生児の皮膚、頭と顔、心臓と肺、神経系、腹部、性器を調べます。
(メルクマニュアル医学百科より)

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro