「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2014年4月アーカイブ

スタンバード文庫

| コメント(0)

 スタンバード文庫をご存じですか。これは、福岡市の公民館にある文庫です。
福岡市では,「スタンバード文庫」として,福岡市内の全公民館に小学校入学前の子どもを対象とした絵本を配置しています。読書ボランティアの皆さんが厳選したステキな絵本が置いてありますので,是非お近くの公民館に遊びに行ってみてください。

おおきなかぶ

| コメント(0)

「おおきなかぶ」は、子どもの読み聞かせに推薦できる絵本のタイトルです。5、6歳向きです。
【内田莉莎子訳 /佐藤忠良画 /福音館】
【内容の紹介】
 おじいさんが、かぶをうえました。やがてとてつもなく大きく育ったかぶは、どうしても抜くことができません。おじいさんはおばあさんをよんで、いっしょに引っ張りましたが、それでもかぶはぬけません。こんどは孫をよび、次は犬をよび、猫をよび、「うんとこしょ どっこいしょ!」。それでもかぶはぬけません。ついにはねずみもよんで......。おおらかで力強いロシアの昔話の絵本です。
<こどものとも復刻版より>

母体免疫

| コメント(0)

 赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で胎盤から免疫をもらいます。これが母体免疫と言われるもので、ウイルスや感染症を予防する力があります。しかし、これは生後半年ほどで効力が切れ、その後はかぜなどにかかりやすくなります。しかし、そのころには、適宜予防接種を受け始めているので、心配しすぎることはありません。
(出典:育児辞典)

赤ちゃんの肌

| コメント(0)

 赤ちゃんの肌は薄く、毛細血管がすけて見えます。泣いたときに顔が真っ赤になるのもこのためです。また赤ちゃんの肌は敏感で、お風呂の熱や刺激にすぐに反応が出ます。よくぶつぶつが出たり、皮膚がピンクのまだらになったりしますが、一時的なものなので心配いりません。
(出典:育児辞典)

准保育士

| コメント(0)

 今、「准保育士」という言葉が話題を呼んでいます。
 政府の産業競争力会議雇用・人材分科会で3月14日、准保育士という新しい資格を設けることが民間議員から提案されました。准保育士は、国家資格の保育士と異なり、子育ての経験があれば取得しやすくなる民間資格です。准保育士提案の背景には、主婦層の働く機会を増やすとともに、保育士不足を補おうというねらいがあります。
 これに対して、育児中の保護者らが作る「保育園を考える親の会」は4月8日、准保育士の制度に反対する意見書を厚生労働相らに提出しました。准保育士の制度を作るよりも、賃金水準の低い保育士の待遇改善を求めました。
 我々保育関係者にも反対意見が多いようです。
 保育園での子どもの死亡事故は、無資格者のいる認可外で多いのです。簡単に取得できる准保育士は、認可保育園でも働ける資格と想定されています。現在は全員が保育士の認可保育園で、准保育士が働くようになると、専門性のある保育士に仕事や責任が集中し、負担が重くなって子どもに目が行き届かなくなるのではという危惧があります。
(引用:毎日新聞HP)

かもときつね

| コメント(0)

「かもときつね」は、子どもの読み聞かせに推薦できる絵本のタイトルです。5、6歳向きです。
【ビアンキ作 /内田莉莎子訳 /山田三郎画/福音館】
【内容の紹介】
 秋の日、狐は旅立つ前の鴨を食べようと川へ出かけて、一羽の鴨に襲いかかりますが、羽を1本残して逃げられてしまいました。翼に傷を負った鴨は、冬をその場所で越すことになり、またも同じ狐に襲われますが、氷の穴から水中に逃げ込んで再び難を逃れます。やがて春になると新しい羽が......。『きつねとねずみ』に続くビアンキの動物物語の絵本です。
<こどものとも復刻版より>

紫外線障害

| コメント(0)

 紫外線の浴びすぎにより、体にはさまざまな悪影響が及びます。短期的な影響としては、海水浴の後のように、皮膚が赤くなってひりひりしたり、重度の場合発熱するといった症状が起きる、いわゆる日焼けや、スキーの後に角膜炎が起きて目が痛む雪目などがあります。
長期的な影響としては、しみやしわといった皮膚の老化や皮膚がん、白内障などがあげられます。
 昔からの印象とは異なり、紫外線は元気のもとではなく免疫機能を低下させます。
また、DNAを傷つけ、皮膚がんの原因となるため、日焼けはできるだけ予防しましょう。だからといって子供を外で遊ばせない方が不健康なので、服装の工夫や日焼け止めクリームを用いてひどい日焼けをさせないようにします。特に乳児は海岸で日焼けさせるようなことはさせてはいけません。
(引用:子供の病気事典)

尿路感染症

| コメント(0)

 尿を作る腎臓の出口から、尿が外にでる尿道までを「尿路」といいます。この尿路のどこかに起こる感染症を尿路感染症といいます。何らかの理由で尿道から侵入した大腸菌などが、尿路をさかのぼり炎症を起こします。炎症の起こる場所により、腎臓から膀胱(ぼうこう)に注ぐまでの上部尿路感染症(腎盂腎炎(じんうじんえん)、腎盂炎、尿管炎)と、膀胱から尿の出口までの下部尿路感染症(膀胱炎、尿道炎)に区別されます。問題が大きいのは主に上部尿路感染症です。
 乳幼児の場合はかぜと間違えやすいのですが、鼻水やせきがなく原因不明の発熱が出たときは上部尿路感染症を疑う必要があります。上部尿路感染症は細菌が血液に巣くう「敗血症(はいけつしょう)」の原因となることがあります。
(引用:メディカルタウン)

どちらにしようかな

| コメント(0)

 「どちらにしようかな」は、子供の数え歌の一種で、遊びの鬼ごっこの鬼など、主に何かを選んで決めるときに使われるもの。地方によってさまざまなバリエーションがある。
 やり方は、選定の対象物(者)を、歌詞の一音毎に交互、あるいは順番に指差し、最後の一音の時に指を差している方に決定するというもので、「どちらにしようかな 天の神様の言う通り」が一般的。
 「どちらに」が「どっちに」であったり、また複数のものから1つを選ぶ場合は「どちらに」が「どれに」になったりする。
 また地方によっては「しようかな」を「しましょうか」などとするところもある。「天の神様」は「天の」が省略され「神様」だけであったり、「天神様」「裏の神様」であったりもする。この後に続く言葉はさまざまである。

(フレッシュアイペディアより)

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro