「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2013年8月アーカイブ

ベビーカーの利用ルール

| コメント(0)

 国土交通省は、鉄道やバスの事業者、子育て支援団体メンバーらによる協議会を設置し、ベビーカーを電車やバスで利用する際のルール作りを進めている。ベビーカー利用者の優先スペースを示す全国統一マークを作るほか、年度内にベビーカーを電車やバスで利用する際のマナーや、鉄道・バス事業者の対応、一般の乗客に求められる気遣いなどを盛り込んだ手引をまとめる方針だ。
(2013年8月28日共同通信社)

待機児童解消加速化プラン

| コメント(0)

 「待機児童解消加速化プラン」は、待機児童をなくすため、政府が4月に打ち出した計画。
 国が地方自治体を支援して、2017年度末までに40万人分の保育の受け皿を増やす。賃貸形式による保育所整備のほか、保育士の確保や小規模保育、認可を目指す認可外保育所の支援などが主なメニュー。申請した351市区町村(7月末現在)がすべて採択され、新たに12万人分の受け皿が確保できる見込みとなった。
(2013年8月29日共同通信社)

赤ちゃんの耳の病気

| コメント(0)

 赤ちゃんに耳だれが出る場合は、中耳炎、外耳道炎、外耳道湿疹のいずれかの疑いがあります。中耳炎の場合、耳をさわると痛がり、外耳道湿疹は耳の周囲に湿疹があることが多いです。外耳道湿疹が一番多く、赤ちゃんはかゆがります。すぐに耳鼻科に行きましょう。
(出典:育児辞典)

赤ちゃんの泣き方

| コメント(0)

 赤ちゃんの泣き方には個性があります。はじめは赤ちゃんが何を訴えて泣いているのかお母さんでもわかりません。しかし、はじめて赤ちゃんを産んだお母さんでも、しばらく自分の赤ちゃんと一緒に24時間過ごしているとだんだんとその個性に気づきます。そして、自分の赤ちゃんの泣き方で赤ちゃんが今何を望み何を訴えているのか自然に理解できるようになって行きます。母と子の深い絆です。
 お腹が空く、おしめが濡れて気持ち悪い、ゲップが出そうで気持ち悪い、うんちが出そうでお腹が痛い、暑い、寒い、びっくりしたなど、赤ちゃんは泣くことにより自分の意志を周囲に訴えています。それぞれの場合において、泣き方に微妙な違いがあるものと思われます。しかし、赤ちゃんの立場からみるとお母さん以外の大人はこれらの赤ちゃんの訴えを十分には理解出来ないようです。
 いつもと赤ちゃんの泣き方が異なる(泣き方が激しい、なかなか泣き止まない、泣き声が弱々しい)場合には全身状態(機嫌、食欲、顔色、熱、耳垂れ、便秘、血便など)をまずチェックして下さい。
 赤ちゃんの泣き方を含めていつもと違うことに気づきそれがお母さんにとって心配ならば、夜中でも小児科を受診して下さい。ただし、赤ちゃんが激しく泣いてもお母さんが抱っこすると泣き止んで、機嫌が良くなったり良く眠る場合には心配はいりません。
 赤ちゃんの泣き方がいつもと同じであっても、お母さんの精神状態が不安定であると赤ちゃんの泣き方が異常に思えたり、心配に思えることがあります。お母さんの休養が必要なサインかも知れません。生後6カ月を過ぎるとお母さんが自分の視界から見えなくなると泣いたり、タ方になると泣いたりする事(たそがれ泣き)が見られます。いずれも知恵がついてきた証拠です。そんなときは赤ちゃんの名前を呼んで、抱っこして上げて下さい。
 抱き癖がつくと心配する人がいます。しかし、子どもの成長は早いものです。長い人生からみるとそんな期間は短く、すぐにお母さんが必要でなくなる時期が来てしまいます。
(出典:妊娠・出産・育児事典)

ベビーカーおろすんジャー

| コメント(0)

 東京・杉並区にある地下鉄の駅に階段でベビーカーを降ろすのを助ける「ヒーロー」が現れ、地元で話題です。その名も「ベビーカーおろすんジャー」です。
 「ベビーカーおろすんジャー」が活動しているのは、東京・杉並区にある地下鉄丸ノ内線の方南町駅で、地上とホームを結ぶエレベーターがなく、駅を利用するには階段を使うしかありません。
 そこで、ことし6月から、お母さんたちに代わって、階段でベビーカーを降ろすボランティアをしています。いわゆる「戦隊ヒーロー」のような衣装を身にまとい、鉄道会社の許可を得て、月曜から土曜までの午前中に「出動」、地上の階段付近で待機して、頼まれるとベビーカーを降ろします。
 実はこのヒーローの正体は、駅近くの食品店に勤める27歳の男性で、店を訪れるお母さんたちの「駅にエレベーターがなく、ベビーカーを押して隣の駅まで歩かなければならない」といった悩みが活動のきっかけでした。
 「少しでも力になりたい」と考えた男性ですが、素顔で人に声をかけるのが恥ずかしかったため、戦隊ヒーローの衣装を買って街に出るようになりました。
(8月22日NHKニュース)

TKY201308190107[1].jpg

赤ちゃんの呼吸数

| コメント(0)

 赤ちゃんの呼吸数は、1分間に30~35回と、大人より多くなっています。これが60回以上になると、なんらかの異常のおそれがあるので、原因を究明しなくてはいけません。赤ちゃんが眠っているときも、呼吸数が多くなるときがあり、この場合は心配いりませんが、病的なものかどうかを小児科できちんと診察してもらいましょう。
(出典:育児辞典)

オンロックがやってくる

| コメント(0)

「オンロックがやってくる」は、子どもの読み聞かせに推薦できる絵本のタイトルです。5、6歳向きです。
【おのかおる作・画/福音館】
【内容の紹介】
南の島に住むトコは、いつもいたずらしてばかり。ある日、油の壺をひっくりかえしたトコに、お母さんはすっかり怒って叫びました。「オンロックきておくれ!」オンロックは、いたずらっこをさらいに来る魔物です。いたずらっ子たちは力を合わせて、魔物退治の計略をめぐらします。子どもたちのいきいきとしたいたずらっ子ぶりが楽しい絵本。(「こどものとも」63号)<こどものとも復刻版より>

講談社

| コメント(0)

 株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の大手出版社である。傘下にキングレコード、光文社、日刊現代などを持ち、いわゆる「音羽グループ」を形成している。
 創業者の野間清治により、1909年11月に「大日本雄辯會」(だいにっぽんゆうべんかい)として設立される。当初は弁論雑誌である「雄辯」を出版していた。「講談社」の名称はその名の通り「講談」に由来するもので、「講談倶楽部」を創刊した1911年より、大日本雄辯會と併せて使用している。評論家の徳富蘇峰は、戦前の少年や青年たちに大きな影響を与えた講談社を「私設文部省」と評した。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

手まり

| コメント(0)

 手まり(てまり、手毬、手鞠)は、日本に古くからある遊具(おもちゃ)のひとつである。「新年」の季語。当初は、芯に糸を巻いただけの物であったが、16世紀末頃より、芯にぜんまい綿などを巻き弾性の高い球体を作り、それを美しい糸で幾何学的に巻いて作られるようになった。ソフトボールよりやや大きく、ハンドボールよりやや小振りのものが多い。
 婦人や女児が屋内外で下について遊んだ。室内ではひざまずいてつくこともある。江戸中期以後とりわけ流行し[1]、特に正月の日の遊びとして好まれた。
 明治の中期頃からゴムが安価になり、よく弾むゴムまりがおもちゃとして普及して、手でついたり(地面にバウンドさせて)あるいは、空中に打ち上げて遊ぶ。女児のおもちゃで、江戸から明治期には、正月の遊びとされるが、現在では通年の遊びとなっている。
(フレッシュアイペディアより)

妊娠中の体重増加の目安

| コメント(0)

 2006年2月1日、厚生労働省が発表した「妊産婦のための食生活指針」の中で、妊娠時の適切な体重増加量が新たに示されました。 今回、体重増加の目安が見直しされた背景には、まず、現代女性の体格がやせ型傾向にあり、成人後に生活習慣病を発症しやすいといわれる低出生体重児(2500g未満)の出生率が、近年、上昇していること。しかも、医療機関などで行われている妊婦への体重制限のアドバイスが、妊娠前の体型を無視した形で一律に行われるケースがあり、その結果、やせている人は、より低出生体重児を出産しやすい可能性があったことなどがあります。 そのため今回の発表では、妊娠前の体格別に3パターンを提示。出産までに増やすべき体重量として、やせ型の人で9~12kg、ふつうの人で7~12kgとし、やや肥満の人は5kgを目安とした上、それ以上の場合は個別に対応していくこを示しています。さらに、妊娠中期から末期までの1週間あたりの体重増加量として、やせている人とふつうの人は0.3~0.5kgとし、肥満の人はすべてケースバイケースで個別に対応するよう示しています。 また同発表の中で、厚生労働省は、現代女性の食生活の乱れに留意し、妊娠前から出産後まで一貫して栄養バランスのとれた食生活を送るよう女性たちに呼びかけています。妊娠中の人やこれから赤ちゃんを産もうとしている人は、体重の増減だけ気にするのではなく、下記の食生活指針を参考にして、ぜひ、今のうちから正しい食事をとるよう心がけましょう。 ※やせ型(BMI18.5未満)、ふつう(BMI18.5~25.0未満)、肥満(BMI25.0以上)のこと。BMIは体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)により算出する。

七ひきのこやぎ

| コメント(0)


 「七ひきのこやぎ」は、子どもの読み聞かせに推薦できる絵本のタイトルです。5、6歳向きです。
【グリム作 /瀬田貞二訳 /山田三郎画/福音館】
【内容の紹介】
お母さんやぎは、森に出かける前、七ひきのこやぎに、おおかみに気をつけるようにいいました。「しゃがれごえと黒い足で、おおかみはすぐにわかるよ」と。でも、やってきたおおかみは、白墨を食べて声をきれいにし、前足に小麦粉をつけて、こやぎをだまして戸を開けさせると、六ぴきを次々食べてしまいました。おなじみのグリムの昔話の絵本。(「こどものとも」62号)<こどものとも復刻版より>

赤ちゃんの頭部のぶよぶよ

| コメント(0)

 生後間もない赤ちゃんの頭部のてっぺんがぶよぶよしていることがあります。これは、産瘤という、お産のときに産道に接してできるものと、頭血腫というお産のときに血管が破れて血がたまった場合とがあります。産瘤は、生後4日ぐらいでなくなりますが、頭血腫はもう少し長引きます。どちらも自然に消えるので、とくに処置をすることはありません。
(出典:育児辞典)

生活習慣病

| コメント(0)

 生活習慣病とは、以前は成人病とも呼ばれていた病気の事で、食生活、運動習慣、ストレスコントロール、喫煙、飲酒等の、生活習慣に起因して発症する事の多い、病気をまとめて、生活習慣病と呼びます。
 すなわち、日々の生活の中で病気にもなるし、予防も出来る病気の総称という事で、その様な点から言えば、他の病気より自己責任の高い病気だとも言えます。
 また、以前は、中高年に比較的多い病気だった為に、成人病と呼ばれていましたが、現在は、糖尿病、動脈硬化の若年化をはじめ、子どもにも見られる事が、増えてきている事から、年齢より、生活習慣に影響される部分が多いとされ、1996年に現在の生活習慣病と改名されました。
 主な、生活習慣病としては、動脈硬化、高コレステロール血症、高脂血症、糖尿病、痛風、高血圧、脳梗塞、脳出血等の虚血性脳疾患、心筋梗塞などの虚血性心疾患、脂肪肝等の肝機能障害、ガン、などがあります。
(出典:健康情報大百科)

地方版子ども・子育て会議

| コメント(0)

 2015年度に導入予定の新たな子育て支援制度では、14年度半ばまでに市区町村と都道府県が地元の子育てニーズを把握し、事業計画を策定する。そのため市区町村と都道府県は、地方版会議を置くことが努力義務となっており、時期について内閣府は「13年度のできるだけ早期」としている。国の会議の議論と並行しながら、子育ての有識者と当事者が、地域の実情を踏まえた子育て施策も話し合う。条例改正などで対応すれば、既存の審議会や協議会を活用することも可能である。
(出典:共同通信社)

脊髄髄膜瘤

| コメント(0)

 脊髄髄膜瘤は、背骨や脊柱管が開いているため、中の脊髄が外に出た状態で生まれてくる病気です。(二分脊髄)
【症状】
 脊髄がとび出しているため損傷を受け、そこから下の神経機能に障害を起こします。排 尿や排便に支障をきたすほか、脊髄に感染が起こって髄膜炎を発症することがあります。 多くの場合、水頭症を合併しています。
【原因】
 ビタミンの一種である葉酸の欠乏やウイルス、放射線などが原因になるといわれていますが、はっきりした原因はわかっていません。
【治療】
 抗生物質の投与で感染症を予防し、全身状態が安定するのを待ってから、欠損している 背骨や脊柱管を手術で整復します。神経機能の低下に対してはリハビリテーションを行 います。
(子供の病気辞典より)

百歳の童七歳の翁

| コメント(0)

 多くの経験を積み重ねてきたはずなのに道理をわきまえない老人もいれば、まだ年端もいかない子供なのに良くものの分かった者もいるように、人間の賢さや愚かさに年齢は無関係である、というたとえ。
(日本辞典より)

唾風船

| コメント(0)

 唾風船(つばふうせん)は、子どもの遊びの一つ、もしくはその遊びによってできた空気と唾液の膜から成る球体である。この球体が空気中に浮遊しているさまが風船を連想させることから唾風船と呼ばれる。
 口腔内で舌や下顎の一部を使うことによって空気をつばの膜で包み込み、舌の上部表面につばの膜による球体を作る。さらに息を吹くことによって、この球体を空中に浮遊させることができる。
(フレッシュアイペディアより)

赤ちゃんの便秘

| コメント(0)

 赤ちゃんも便秘をすることがあります。排便のリズムは個々に異なり、1日何回も排便する子もいれば、1週間出ない子もいます。中には、便が出ないために、真っ赤な顔をしていきむ子もいます。便秘で元気がないときは、優しくお腹をもんであげ、肛門をこよりで刺激して、抱っこして様子をみましょう。
(出典:育児辞典)

離乳食の冷凍保存

| コメント(0)

 離乳食作りは大変と思っているママも多いかもしれません。確かに1回ごとに離乳食を作るのは手間がかかります。そこでおすすめなのが離乳食をまとめて作って冷凍保存すること。離乳食に欠かせない基本の食材はほとんどが冷凍できるもの。おかゆやだし汁・スープはたくさん作ってストックしておくと便利。そのまま加熱して使ったり、すりおろして使ったり手早く離乳食が作れます。

●冷凍保存のコツ
★買ってきたらすぐに調理する
★小さく薄くまとめて急速冷凍
★1回分ずつ小分けする
★しっかり冷ましてから冷凍庫へ
★空気に触れないように密閉する
★調理器具は清潔なものを
★離乳食にするときは必ず加熱
★保存期間は1週間が目安
(出典:たまひよweb)

水と運動

| コメント(0)

 私達の体は60%が水分で出来ています。そのために水は生命維持に取って非常に大事な物の一 つです。
 運動をすると、様々な臓器や組織が活発に働く為に、体内に通常より多くの熱が発生します。
 体温は、常に一定になるように調整されている為に、運動によって熱量がアップすると、私達の体は、汗を出す事により冷却して、体温の上昇を防ごうとします。そのために、体内の水分を外に蒸発させますが、この時に、適度な水分補給が行なわれないと脱水症状に陥ります。
 運動中に水分を補給する事は勿論の事、真夏や湿気が多いときは、散歩や外出と言った様な、運動にも脱水症状に気をつける必要があります。
 特に高温時は、喉が渇いたと感じる時は、すでに、脱水症状に陥っている場合もありますし、湿度が高い時は、汗が出て無くても水分が体内から蒸発しています。
 この様に運動時に限らず、真夏や湿気の多い時期は、散歩などの軽い運動でも水を補給する必要があります。
 運動時に限らず、外出時には水を携帯する癖をつけましょう。
(出典:健康情報大百科)

子どもは不器用

| コメント(0)

 「現代の子どもは指先が器用でない」と思う大人が8割に達することが、医療テープなどを手掛けるニチバンの調査で分かった。ナイフを使う機会が少ないなど、勉強優先でお手伝いをせず指先を鍛える機会を奪いがちな生活が原因のようだ。 「子どもの指先が器用と思うか」との問いに対して「どちらかというと不器用」が70・6%、「不器用」も9・7%あり、器用でないと考える人は計80・3%だった。 原因(複数回答)では「包丁やナイフなど危険物から遠ざけられている」が63・4%でトップ。「あや取りや折り紙など指先を使う遊びが減った」が57・7%、「手伝いをしなくなった」も51・9%で、生活の変化を挙げる人が多かった。 一方、「器用」(3・2%)や「どちらかというと器用」(17・5%)とした人に、そう思う時をたずねたところ、「携帯電話やパソコン、ゲームの操作」が圧倒的多数。(共同通信社)

先天性鼻涙管閉鎖症

| コメント(0)

 赤ちゃんの目やにがひどい場合があります。これは、涙を鼻に通している鼻涙管がつまったり細くなったりするために目やにがひどくなる先天性鼻涙管閉鎖症のためです。この場合は、目やにをまめにふきとってあげるだけでいいのですが、生後6ヶ月たってもよくならないときは眼科で受診しましょう。
(出典:育児辞典)

赤ちゃんの呼吸

| コメント(0)

 赤ちゃんが呼吸するときは、主に鼻からとなり、鼻がつまっても、その代わりに口から呼吸するということがうまくできません。そのために、鼻に異物が入ったり炎症があると、鼻の空気を通る道が狭くなって、苦しそうな音が出たりします。とくにおっぱいを飲んでいるときに、呼吸ができなくなることがあるので、よく注意して授乳をしましょう。
(出典:育児辞典)

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro