「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2012年8月アーカイブ

習い性と成る

| コメント(0)

習い性と成るとは、毎日続けている習慣は、やがて、その人の生まれつきの性質のようになってしまう、ということわざです。
 このことわざは、悪い習慣が身につけば、それがその人の性質になり、良い習慣を身につければ、それもその人の性質になってしまう、という意味で、良い癖をつけるか、悪い癖をつけるかは、その人の心がけしだいで、変わるという 意味があります。
 これに似たことわざが、西洋にもあり、古代ギリシャの 哲学者のことば、「習慣は第二の天性なり(しゅうかんはだいにのてんせいなり)」 が、あります。
※ 性(せい)=生まれつきにある心のはたらき。性質。
(ことわざ学習塾より)

写真甲子園

| コメント(0)


「写真甲子園」とは、全国の高等学校の写真部やサークルを対象にして行われる写真大会である。正式名称は、全国高等学校写真選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうしゃしんせんしゅけん)である。
 大会に出場するには、初戦で本戦出場権を得なければならない。各学校は、自由にテーマを設定し撮影した組写真を主催者に応募。全国8地域ブロックから選抜校を選考し、本戦に招待する地区代表校が決定される。これが初戦である。2012年は全国454校のうち18校が本戦出場を果たした。
 初戦では、4枚から8枚までの組写真をテーマに沿って作り上げる。初戦突破を目指して、数万にもおよぶカットを撮る学校もある。第9回大会まではテーマが決められていたが、第10回記念大会より自由となる。応募できるのは1校につき1チーム、1作品だけである。
本戦大会は、毎年7月下旬北海道を舞台に4日間かけて行われる。各校は3名1組の団体戦で、主催1市4町(東川町・美瑛町・上富良野町・東神楽町・旭川市)内の大雪山国立公園一帯の決められた数か所のステージ(撮影ポイント)内にて組写真を創る。カメラ等は主催者から支給されたもの(主にキヤノン製の一眼レフカメラ)を使用する。第12回大会からはデジタル一眼レフカメラを使用し、熱戦を繰り広げている。
 審査は1st審査会、2nd審査会、ファイナル審査会の3回、公開で行われる。この3回の合計得点で順位が決まる。審査方法は、「心」「技」「眼」の3項目に分けて作品を審査。審査会では各校2校ずつのプレゼンテーションが行われ、審査員が講評する。このプレゼンテーションも重要で作品の内容、制作意図、また手紙を書くようにして発表したり、詩やパフォーマンスなど各学校独自のスタイルでの発表も可能であり、作品をより良く見せるためには重要な場面である。
 審査の結果、優勝校および各賞が決定される。また、審査会の模様はインターネットで中継されている。
(ウィキペディアより)

ハイムリッヒ法

| コメント(0)

 ハイムリッヒ法は、子どもの窒息時の応急手当の方法の1つです。
大人や年長児では、後ろから両腕を回し、みぞおちの下で片方の手を握りこぶしにして、腹部を上方へ圧迫します。この方法が行えない場合、横向きに寝かせて、または、座って前かがみにして背部叩打法を試みます。
(消費者庁HP)

窒息事故の予防

| コメント(0)

窒息事故の予防
食べ物による子どもの窒息事故を予防するためのポイントです。
● 乳幼児向けには、食品は適切な大きさにして、よく噛んで食べさせる。
● 乳幼児の食品に表示されている月齢などは目安であり、食べる機能の発達には個人差があることも考慮して食品を選ぶ。
● 食事の際は、誰かがそばにいて注意して見ているようにする。
● 急いで飲み込まないよう、ゆっくりとよく噛み砕いてから飲み込むよう注意をうながす。
● 食べ物を口に入れたまましゃべったり、テレビを見ながらの食事はさせない。
● 遊びながら、歩きながら、寝ころんだままものを食べさせない。
● 食事中に、びっくりさせるようなことはしない。
● 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食べ物を与えないように、よく注意する。

※ピーナッツなどの豆類は、誤って気管に入りやすいため、3歳頃までは食べさせない。
(消費者庁HP)

おむつはずれの目安

| コメント(0)

 おむつはずれの時期やタイミング。見極めがなかなか難しいです。
目安は、子ども自身が「出た」感覚がわかり、「おしっこ出た」と教えてくれるようになったとき。また、おしっこの間隔があいてきた時も、膀胱におしっこを貯められるように体の準備が整ってきたということです。そんな様子が見られたら、タイミングを見計らって、トイレに誘うようにしてみましょう。でも、ここで気を付けなくてはいけないのは、お母さんが一生懸命になりすぎないこと。早くおむつをはずそうと、頻繁に声がけしたり、無理にトイレに連れて行こうとすると、逆効果になることもあります。
 トイレに誘って、トイレでおしっこできたり、自分から「おしっこ」と教えられたりしたら褒め、トイレに間に合わなくても叱らない、成長の様子を見ながらあせらないことが基本です。
(子育てお役立ち百科より)

子どもをほめる

| コメント(0)

 子どもをほめると言うことは、子どもをよく見ている必要があります。もちろん四六時中見ているというわけではなく、子どもの様子をよくキャッチしておくということです。
 家族で決めた役割を、毎日続けているとか、自分から進んでお手伝いができたなど、よく見ていないと気が付かず、ほめるタイミングを逸してしまうこともあるでしょう。
 ほめることが上手な親に育てられた子どもは、自分自身に自信がつきます。心がゆたかになり、親がさまざまな視点から子どもを見てくれることを学び、子ども自身も友だちのいいところを見つけることが上手にできるようになるようです。親自身も、我が子でも子どもの友達でも、近所の子どもでも、いいことをしていたら、その場で大いにほめることが大切です。自分の親はもちろん、さまざまな人に認められることは、自己肯定感を育みます。
(子育てお役立ち百科より)

石井桃子

| コメント(0)

 石井桃子は、児童文学作家,翻訳家。埼玉県生れ。日本女子大学英文学科卒。文藝春秋を経て1934年新潮社に入社,同社の〈日本少年国民文庫〉の編集に携わる。1940年ミルの《クマのプーさん》を翻訳出版,1951年には創作《ノンちゃん雲に乗る》を出版し同書がベストセラーに。(1907-2008)
【百科事典マイペディア】

ワルツ

| コメント(0)

 ワルツは、円舞曲ともいう。男女1対によって踊られる3拍子の舞曲。ドイツ語でWalzer。19世紀後半に流行。オーストリアの民族舞踊レントラーが起源で,J.シュトラウス父子によってウィーン・ワルツ(ウィンナ・ワルツ)が完成した。
【百科事典マイペディア】

パンデミック

| コメント(0)

 パンデミックとは、感染症の全国的・世界的な大流行をいう。
 爆発感染などとも表現される。古くは、14世紀のヨーロッパにおけるペスト(黒死病)、19世紀以降7回にわたって発生したコレラの大流行などがある。また、昨今では「インフルエンザ・パンデミック」と同義語として使われることもある。インフルエンザ・パンデミックとは、新型インフルエンザウイルスがヒトの世界で広い範囲に急速に感染して広がり、世界的に大流行している状態である。第一次世界大戦中の1918年に発生し、猛威をふるったスペインかぜ(スペインインフルエンザ)、68年に発生した香港かぜ(香港インフルエンザ)なども、インフルエンザ・パンデミックである。スペインかぜでは、4000万~5000万人、一説によると1億人の死者を出した。新型インフルエンザウイルスは、動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスが、遺伝子の変異などによってヒトの体内でも増殖できるようになり、ヒトからヒトへ効率よく感染できるようになったものである。ほとんどの人類が免疫を持たないため、感染すると爆発的に広がり、健康被害だけでなく、これに伴う社会的影響も甚大なものになる。世界保健機関(WHO)では、世界にパンデミックの脅威の深刻さや事前の対策計画の準備の必要性などを知らせるため、1~6のフェーズ(警戒段階)を設けている。フェーズ6が、パンデミックが発生した状態である。現在脅威とされている鳥インフルエンザ(H5N1型)のヒトでの発症は、2009年2月12日現在407人で、このうち254人が死亡している。ただし、発症者はインドネシア、ベトナム、中国などのアジアを中心とした地域に限定されており、警戒段階はフェーズ3とされている。日本ではまだ、ヒトでの発症は報告されていないが、発症した場合は17万~64万人の死者が出ると推計されている。そのため、政府は現在、WHOの事前対策計画に準じた行動計画を策定し、プレパンデミック(大流行前)ワクチンの開発を行うなど、パンデミックの発生に備えている。
【知恵蔵2012より】

新型インフルエンザウイルス

| コメント(0)

 新型インフルエンザウイルスとは、元来ニワトリ、カモ、ガチョウなどの鳥類に感染するインフルエンザウイルスがヒトに感染し、さらにヒトからヒトに感染するようになると想定されたインフルエンザウイルスのこと。
 現在のところ、新型インフルエンザウイルスは確認されていない。1997年から98年にかけて、香港で血清型がH5N1のトリ・インフルエンザウイルスがヒトに感染した事例が報告された。また、2004年以降、アジアを中心として、トリ・インフルエンザウイルスのヒトへの感染が絶えず続いていて、いつ新型インフルエンザウイルスが出現してもおかしくない状態にある。このため、政府や自治体では行動計画書を作成し、種々の対策を立てている。もし、新型インフルエンザウイルスが出現すれば、国内で約2500万人の感染者と20万人近い死亡者が出ると推定されている。対策として、鳥インフルエンザのサーベイランスの実施、予防と封じ込め対策、接触者の特定などの蔓延防止対策、抗インフルエンザウイルス薬の備蓄、新型インフルエンザウイルスに対するワクチンの開発、患者発生時の医療体制の確保などがある。
( 今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 )

テノール

| コメント(0)

 テノールとは、音楽用語。高い音域の男声(裏声によらず自然発声),あるいはこの音域に相当する楽器(テノール・トロンボーンなど)。また,4声部の楽曲では下から2番目の声部,ルネサンス期の対位法的ポリフォニーの基本声部などをさす。テナーともいう。【百科事典マイペディア】

チャ・チャ・チャ

| コメント(0)

 「チャ・チャ・チャ」は、キューバのダンス音楽。19世紀末に生まれたゆったりとした踊り。ダンソンのリズムを歯切れよくし,歌謡的要素を強めたもの。軽快な2拍子。伝統的なチャランガcharanga(バイオリン3~5にフルート,ピアノ,ベース,リズム・セクションなどの編成)で演奏される。
【百科事典マイペディア】

4歳児の食事

| コメント(0)

 4歳時期には、フォークからはしを使ってご飯を食べる様にしていきましょう。はしは使い方が難しいので、始めのうちはスプーンやフォークの様に握って食べるかもしれませんので、きちんとした持ち方を教えましょう。小さい頃についた習慣を大きくなってから直すのは大変です。大人になってからも、変なはしの持ち方をしているのは恥ずかしいですよね。
 この時期の子供の中には、お昼の食事は食べないのに、おやつは全部食べるという子供もいます。結局は自分の好きな物しか食べないということですよね?あまりにもその様な姿が家庭で見られるのであれば、おやつを食べさせないようにしてはどうでしょう。おやつ一食を抜かしたくらいでは、子供の身体に何の影響もありませんよ。
 保育園での場合、なぜ食べないのか、子供の姿をしっかり捉える必要があります。午前中に子供自身が全然動いて遊ばなければ、おなかもすきにくいですよね?また、家庭ではどんな食事がでているのかを、話合う必要があります。家庭で食べているものが、子供が好きなものばかりかもしれません。家庭で食べなれていないものを、保育園で食べなさいと言っても難しいですよね。子供の為に家庭と話し合い、食事の大切さを教えてあげて下さいね。
(子育て用語辞典より)

4歳児の睡眠

| コメント(0)

 お昼寝の時間は、約1時間半~3時間で、夜の寝る時間に影響が出ない様にしましょう。
 4歳児は、友達とまだ遊びたいけど今は寝る時間だから、我慢して(自制心)寝るという姿が出てきます。また、うるさく騒ぐと自分以外のお友達にも迷惑がかかる事がわかるようになるので、「○○クンサワイデタラ、ミンナネムレナイ」と、お友達に注意する姿もみられます。
 園での生活での流れが分かるので、自分でご飯を食べたら布団を敷くなど、自ら行動しようとします。
(子育て用語辞典より)

4歳児の遊び

| コメント(0)

4歳児は「基底線」を描くようになります。画面に線を引いて、『この線から上は地上です』、『この線から下は土の中です』と自分で分けて表現するのです。
 この時期には、自分の経験をもとに絵を描くようになります。動物園に行った絵、プールで遊んだ絵等、楽しかった思い出を絵の中に表現します。また、絵本や紙芝居などの物語を絵の中に表現するようにもなります。
 この頃は子供同士で遊ぶ姿が多く見られます。ごっこ遊びでは、パパ・ママ・赤ちゃん・お店の店員役に分かれ、その役になりきって遊んだり、外ではスコップで穴を掘る、バケツに水を汲んで運ぶと自分たちで役割分担をして遊ぶ様になります。
 集団でルールのある遊びが出来る様になるので、鬼ごっこ・しっぽとり・こおり鬼・だるまさんがころんだ・イスとりゲーム等、集団遊びを意識して遊んでいきましょう。子供も体力がついてきて、足も速くなりますので、鬼ごっこでは保育者も本気でやらないと狙われやすいので、すぐにタッチされてしまいますよ。(笑)
タッチされると悔しいので「モウヤメタ」と言って遊びから抜けてしまう子供もいるかもしれません。その時は無理に引きとめるのではなく、悔しい気持ちを受け止め、見守ってあげましょう。
(子育て用語辞典より)

3歳児の運動

| コメント(0)

 3歳になるとスキップが出来る様になります。スキップは「こうするんだよ」と口で教えてもなかなか出来るものではありません。リズム遊びの中でスキップをして遊ぶ機会を作ってあげましょう。3歳後半にはたいてい子供は出来る様になりますが、まだ出来ない子供には大人が手をつないで一緒にスキップをし、飛ぶコツを教えてあげて下さい。
 高い所からジャンプが怖がらず出来る様になり、高いところにも登れる様になります。ジャンプして遊ぶ時は下に硬いものがないか、危ないものはないか確認してから遊ばせましょう。また、高いところに登るようになるので、今まで手の届かないところの物が届くようになります。はさみやカッターなどは子供が勝手に触れない所にきちんとしまいましょう。
(子育て用語辞典より)

グローバル教育

| コメント(0)

 グローバル教育は、地球的課題の理解と解決のための教育である。
 グローバル教育は、1970年代のアメリカにおいて提唱された。ベトナム戦争の実質的な敗北を受けて、アメリカ中心主義を見直し、国際社会全体の中で教育を考えようという運動であった。その後、グローバル教育はイギリスなど欧州諸国に受け継がれた。内容は、相互依存の理解、地球的課題の理解、多文化教育などを含んでいて、国際教育とほぼ同じ領域をカバーしている。イギリスではワールド・スタディーズという用語も同義で用いられた。現在ではEUにおいて開発教育を含む地球的課題の理解と解決のための市民教育というように発展している。
 2002年にマーストリヒトで開かれた欧州グローバル教育会議では次のように定義されている。「グローバル教育は、世界の現実に対して全ての人々の眼と心を開かせ、全ての人のためにより大きな正義、平等、人権が必要であることへの気付きを促すこと。グローバル教育は、開発教育、人権教育、持続可能な開発のための教育、平和と紛争防止のための教育、異文化間教育などを含み、市民教育のグローバルな側面を表している。」
(フレッシュアイペディアより)

下痢のお尻ケア

| コメント(0)

 寒い季節には下痢を伴う風邪が流行ることも多いもの。赤ちゃんの具合が悪いと、お母さんもお世話が大変ですが、家事を手抜きするなどして上手に体を休めながら、乗り切りましょう。
下痢の時には、何度もゆるい便が出てしまいますから、とにかくこまめなおむつ替えを心がけましょう。流れた便が皮膚についていると、ただれの原因になります。
 可能なら1日に数回、ぬるま湯でお尻を洗ってあげたいところですが、無理ならぬるま湯でびしゃびしゃにしたコットンなどで、洗い流すように拭いてあげましょう。
 お尻がきれいになったら、乾いたティッシュなどで押さえるように拭き、皮膚に水分を残さないようにしてから、おむつをつけます。ただれがひどくなるようなら、お医者さんに診てもらい、軟膏などを処方してもらいましょう。
(子育てお役立ち百科より)

カワイイ区

| コメント(0)

<カワイイ区/かわいい区>
 福岡市は29日、「かわいい女性」をテーマに街の魅力をPRしようと、8番目の行政区として仮想の「カワイイ区」を新設し、アイドルグループAKB48のメンバーで福岡県出身の篠田麻里子(26)を区長に起用した。
 東京都内で行われた辞令交付式で、篠田は「九州男児だけじゃなく女性も元気だぞ、というところを見せたい」と意気込んだ。
 市によると、ホームページ上に区を設け、"区民"を募集。メールアドレスを登録すれば誰でもカワイイ区民になれるほか、特別住民票も有料(1枚300円)で発行する。
 福岡市の高島宗一郎市長(37)は「カワイイは容姿だけを指すのではなく、人なつっこさや笑顔、しぐさにも表れる」と説明。篠田も「女性だけでなく、カワイイ女の子が好きな男性もありかな」と笑顔を見せ、「(AKBの)メンバー全員に、区民登録してもらうようお願いします」と話した。
(2012/08/29共同通信)

かちかち山

| コメント(0)

 かちかち山は、日本の昔話のタイトルです。
悪いタヌキが婆(ばば)を殺して化け,婆汁にして爺(じじ)に食わせる。ウサギが同情して,タヌキをしば刈にさそって火傷させ,さらに泥舟に乗せて水に沈める。敵を土舟に乗せて敵討(かたきうち)をする話は東南アジアの島々に伝わっており,沈められるのはサルかジャコウネコである。
【百科事典マイペディア】

形容動詞

| コメント(0)

 形容動詞とは、日本語の品詞の一種。文語にはナリ活用(例,静かなり)とタリ活用(例,堂々たり)の2種がある。口語の場合は1種で,〈だ〉で終わる形を有する(例,静かだ)。事物の性質や状態を表す点では形容詞に類似し,活用では動詞と類を同じくするところから,形容動詞と呼ばれる。
【百科事典マイペディア】

漢字制限

| コメント(0)

 漢字制限とは、漢字の字種・字体・音訓を平易なものに制限して,学習・社会生活の能率向上を図り,国字問題を改善しようとすること。極端な漢字全廃論もあるが,それが社会的・文化的生活を改善するものではないとの意見もあり,現実的には実行困難であるため,次善の策として明治以来漢字節減案が検討され,ときには実行もされたが,実を結ばなかった。
【百科事典マイペディア】

クマのプーさん

| コメント(0)

 クマのプーさんは、英国のA.A.ミルンの童話。1926年作。ミルンの息子クリストファー・ロビンと熊のぬいぐるみプー,ロバのイーヨーや子豚などが登場。空想と現実が巧みにないまぜられ,とぼけたユーモアをたたえる,20世紀の童話の最高傑作のひとつ。
【百科事典マイペディア】

妊娠中のシートベルト

| コメント(0)

 現行の法律では、妊娠中は場合によって着用義務が免除されています。これは「健康保持上適当でない場合」はシートベルト着用を免除するということですが、「妊娠中はシートベルトをしなくていい」「シートベルトをしない方がいい」との誤解も多いようです。
万が一の事故から身を守るためにはシートベルト着用が不可欠です。警察庁では妊娠中でもシートベルトを着用するように呼びかけています。
 着用の際には、腰ベルトはお腹の下部分、腰骨の低い位置につけること。肩ベルトは胸の間を通して、お腹のふくらみをさけるようにして装着しましょう。腰の低い位置に装着するための補助用具も市販されています。
 長距離の移動が必要な場合などには、かかりつけの医師に相談し、休憩を入れながら無理のないスケジュールを考えることが大切です。
(子育てお役立ち百科より)

学級の目標

| コメント(0)

<学級の目標/学級目標/学級教育目標/学級経営目標>
 級において目指すべき育てたい子どもの姿および方針をさす。学級教育目標とか学級経営目標と一般にいわれている。これら学級の目標を設定するにあたって、

(1)学級の子ども達や保護者の実態をふまえているか

(2)学校や学年の教育目標との関連をふまえているか

(3)学級担任の願いが込められているか

(4)いかなる考え方を根拠にしているか

(5)子ども達の思いや願いなどをふまえているか

などに配慮する必要がある。  

 設定した学級目標などを達成するために、学級経営案を作成し、そのもとに実践を展開していく。そして、評価を行い、さらに、それを反省材料にしながら、実践を改善していく。この一連の取り組みが、学級経営と称される営みである。
(教育関連用語集より)

学級びらき

| コメント(0)

<学級びらき/学級開き>
 年度の始めに新しく学級が編成され、学級担任と子ども達が出会うことになり新たな学級生活が開始されることになる。
 この新しく学級生活が始まる4月の最初の出会いが、後の学級経営に大きな影響を及ぼすとして、その日の学級における過ごし方を重視する学級担任から生まれた用語である。
 学級の仲間に子ども達の関心を向け、新たな学級生活に前向きの姿勢を引き出す観点から、学級担任による創意と工夫をこらした実践が求められている。
(教育関連用語集より)

論理数学的知性

| コメント(0)

 論理数学的知性とは、様々な数学的な記号の理解・それを論理的に操作する力・計算や暗算・などをつかさどるものです。
 年齢月齢に応じて幼児期の適切な時期に、時期を外さずに沢山の刺激を与えて、各知性をまんべんなく育ててあげましょう。
 幼児教育での「論理数学的知性」で大切なのは、数を1・2・3・・・と数えていく計数、多少の判断、数の操作(足し算と引き算の基礎)、立体構成と平面構成、位置と順番、など。
(幼児教育事典より)

3歳児の言語

| コメント(0)

 3歳にもなると言葉も増え、自分の思いを口に出して言えるようになってきます。「ソレカシテ」「イイヨ」「イッショニイコウ」等、友達を受け入れるようにもなってきます。でも、まだ3歳児ですから、口でケンカが出来ずにたたいたりすることがあるでしょう。たたくのはいけないことをしっかり教え、なぜケンカになったのかしっかり話を聞いて解決してあげましょう。
子供の中には「ダメダヨ」「ボクノダヨ」と言えず、泣いて大人に訴える子供もいます。そんな時は、子供自信が嫌だ・ダメとそのお友達に言えるように配慮していきましょう。泣き寝入りする子供よりは、自分の意見をはっっきりと言える子供に育って欲しいですよね。
 「ケンカするほど仲がいい」という言葉を聞いた事があると思いますが、まさにその通りで、子供がケンカするのはその子に関心があるからです。その証拠にすぐに仲良くなり、また隣同士になり遊び始めます。ケンカするからと子供たち自ら近づいて遊んでいるのを、わざわざ離して遊ばせる必要はありませんよ。
 3歳児は反抗期をむかえます。何をするにしてもとりあえず「ヤダ」、「カエラナイ」「ネナイ」とお母さんをイライラさせるかもしれませんね。でもこれは大切な発達なんです。この反抗期は、3歳くらいと思春期におこり、誰もが通る道です。反抗期を認めず押さえつけてばかりいると、結局大きくなってからまたでてきます。大きくなってからの反抗期は力も強くなっている為さらに大変になります。
(子育て用語辞典より)

3歳児の着脱

| コメント(0)

 3歳になると小さいボタンやジャンバーのチャック掛け以外の着脱は、ほぼ出来る様になりますので、どんどん子供に挑戦させてあげましょう。
 家に帰って来て自分のジャンバーをきちんとしまっていますか?保育園では出来るのに、家ではしないのはおかしいことですよね。家でも自分の事は自分でやらせましょうね。
家でこどもが着替えやジャンバーをしまう場所は子供にとってやりやすい場所にありますか?
子供が自分でしまいにくい場所にあるのであれば、変えてあげましょう。また、変える時もお母さん一人ではやらず子供と一緒に、どこの場所がいいのか決めるといいですね。
(子育て用語辞典より)

3歳児の排泄

| コメント(0)

 自ら「トイレに行きたい」という意思表示が出来、トイレに行って排尿・排便が出来る様になってきます。でも、外で遊んでいる時遊びに夢中になって、トイレに行くのが間に合わなくて漏らしてしまうこともまだまだあります。そんな時は漏らした事に罪悪感を感じさせない様にし、すばやく後始末をしましょう。
中にはお昼寝明けなどいつも決まった時間に、トイレに間に合わなくておしっこが出てしまう事があります。その場合はトイレに誘導し排泄を促して下さい。
 便の方はまだ自分できれいに拭くことが出来ない場合もあります。大人が確認してあげて下さい。 
(子育て用語辞典より)

手がかかる子

| コメント(0)

 物事をサッサとできない、すぐ怒ったり泣きわめいたりする、落ち着きがない......。お母さんは、その都度、叱ったり、促したりと大変ですね。お母さん自身の思いに沿わない行動、好きでない行動を子どもがすると、ついついそこだけに目がいってしまいがちです。
 たとえば、さっさとできない場合、時間がない時には急がせなくてはなりませんが、お母さん自身余裕があれば、逆の見方をしてみませんか。「ゆっくりちゃんとやりたい子なんだな」とか「自分のペースを持っている子だな」とか。すぐ怒ったり、泣きわめいたりという子は、感情表現が豊かな子。落ち着きがない子は、いろいろなことに興味や好奇心が旺盛......とか。マイナス面に感じることをプラス面に置き換えることで、お母さん自身も、子どもの行動を余裕を持って見られるようになります。
(子育てお役立ち百科より)

西ナイル熱

| コメント(0)

 西ナイル熱とは蚊を媒介とするウイルス感染症のこと。
 人は感染した蚊に刺されて感染する。約80%は無症状で発熱や下痢などの症状が出ることもある。脳炎を起こせば最悪の場合は死亡する。ウガンダの西ナイル地区で初めて確認され、アフリカや欧州、中東などでの流行例が報告されている。
 米CNNテレビ(電子版)は23日、西ナイル熱による今年の全米の死者は41人に達したと伝えた。感染例は38の州で1100件を超えており、1999年に米国で初めて感染が確認されて以来、年初から8月までとしては最多となった。半数が南部テキサス州に集中し、殺虫剤の空中散布で蚊の駆除を行うなど封じ込めに懸命だ。
 夏場に流行することが多い西ナイル熱について、米疾病対策センター(CDC)の医師は今年の猛烈な暑さが人への感染を助長している可能性を指摘した。医師は「発症し病院に行き、報告されるまでに2週間はかかり、感染例はもっと増えると予想する」と警戒を呼びかけている。
 米国では2002年にも大流行しており、日本では厚生労働省が02年に感染予防・医療法に基づき、医師に症例の届け出を義務づける感染症に指定した。05年に米国から帰国した男性が国内初の感染者として確認されたが、国内で感染したとの報告はない。
しかし、米国でもニューヨークで突然、大流行したことがあり、日本でも流行しない保証はない。厚労省は西ナイル熱や脳炎のような症状が出たら、医療機関を受診するよう呼び掛けている。
(2012.8.25産経新聞掲載)

レッグウォーマー

| コメント(0)

 レッグウォーマーとは、膝下でふくらはぎの保温のために使われる靴下の一種です。
 最近では赤ちゃん用のおしゃれなレッグウォーマーが人気です。ひざの部分をおおっているので、ハイハイの赤ちゃんのサポーター代わりにもなり、おむつ替えも簡単だそうです。
複数の色柄をそろえて、ウェアとのコーディネイトを楽しんでいるお母さんも多いようです。ベビー洋品店などでも購入できますが、大人の靴下の足先を切り取ったり、ウェアの袖を使って、端にゴムを入れれば簡単に作れます。ワンポイントにワッペンをあしらったり、レースをつけて、ちょっとおしゃれに仕上げたりして、リサイクルを楽しんでいるお母さんも増えています。
(子育てお役立ち百科より)

妊娠中の薬の心配

| コメント(0)

 妊娠中に飲んでしまった薬について、心配する妊婦さんが増えています。妊娠前に飲んでいた薬については、一部の薬を除いて基本的には心配ないと言われています。また、妊娠初期の服用を控えた方がいい薬もあるようですが、市販薬など一般の人が手に入れられる薬の場合は、赤ちゃんに影響を及ぼすものは基本的にないと言われています。妊娠中の場合は、妊娠を告げて、医師に処方してもらいましょう。
 心配な場合は、現物を持参するか、正式名を確認し、飲んだ回数や期間を書き出して、かかりつけの産婦人科医に、相談しましょう。薬の専門外来を設けている病院も増えてきました。産婦人科医では判断がつかない場合、医師に告げられた内容に納得がいかなかったり不安な場合などは、不安を抱え込まずに、専門の窓口を利用して相談しましょう。
(子育てお役立ち百科より)

3歳児の食事

| コメント(0)

 3歳にもなると、自分で手洗い・うがいが出来る様になるので、大人が見本を見せ、促しましょう。
 食事は20分程で食べ終われるように、量、好き嫌いに配慮した援助、言葉掛けをします。だらだら食べをさせない様に遅くても30分で終わらせます。また、友達と楽しくおしゃべりする事に夢中になり、食事がなかなか進まないこともありますので、その時は食べる様に促しましょう。
 この時期の子供は知恵もついてきて、自分の嫌いなもの、食べたくないものは床に捨てたり、友達にこっそりあげる姿も見られますので、大人は注意して子供の様子をみてて下さい。
子供の好きなもの嫌いなもの、苦手なものが見えていると思います。嫌いなもの、苦手なものは食べるのに時間がかかる事が予想されますので、大人が側について励まして食べさせるようにしていきましょう。また、噛む力が弱い子供もいますので、おやつの時間に、引き続きスルメや昆布などで咀嚼力(噛む力)をつけましょう。
 スーパーでは子供が食べたいと望んだおかし、ジュースを簡単に買ってあげていませんか?糖分や食塩の取りすぎは子供の体にはよくありません。ですので、おやつが食べたい言っても、特別な時以外はスナック菓子やチョコレート、ジュースは控えましょう。子供自身にお菓子やジュースは特別な時に食べる物だと認識させておけば、スーパーに行っても欲しがって泣く事もありませんよ。
(子育て用語辞典より)

パパフロの日

| コメント(0)

 8月26日は、パパフロの日。
 父親の育児参加の促進を図ることを目的に、パパと子供が一緒にお風呂に入ることを応援しようと、ファミリー向けのシャンプーなども手がける日本を代表する化粧品メーカーの株式会社資生堂が制定。日付は8と26でパパとお風呂に入る「パパ(8)フ(2)ロ(6)」の語呂合わせから。
(日本記念日協会より)

ファミリーフレンドリー企業

| コメント(0)

<ファミリーフレンドリー企業/ファミリー・フレンドリー企業>
 ファミリーフレンドリー企業とは、従業員の仕事と家庭生活の両立を支援するため、様々な施策を行っている企業のこと。
 施策は、企業内保育所の設置などの直接的支援策と、育児・介護休業や、出産退職後の再雇用、短時間勤務など家族生活に応じた勤務形態を認める施策とに大別される。企業にとっては、短期的には負担が増えるが、優秀な人材を企業内に引き留める効果がある。米国では、ファミリー・フレンドリー企業ランキングが発表され、企業も有能な人材を確保するための一手段としている。日本でも、政府が推進し、厚生労働省は10月を「仕事と家庭を考える月間」として、ファミリー・フレンドリー企業を表彰している。
( 山田昌弘 東京学芸大学教授 )

いろは歌

| コメント(0)

いろは歌は、手習いのはじめに仮名を覚えるため,異なった音の仮名を集めて意味をなす歌としたもの。〈いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす〉の47字。
【百科事典マイペディア】

瓜子姫

| コメント(0)

<瓜子姫/うりこひめ>
 瓜子姫とは昔話の主人公で、川上から流れてきたウリの中から生まれた娘。
 子のない老夫婦に美しく育てられる。夫婦の留守に天邪鬼(あまのじゃく)がきて姫を木に縛りつけ,姫に化けて機(はた)を織っているが,鳥の知らせで露顕し,姫はめでたく嫁入りする。
【百科事典マイペディア】

習うは一生

| コメント(0)

習うは一生とは、新しいことを知り身につけていくために、人は一生を通して常に学び続けなければならい、ということわざです。
 人が、一生の間に知識として身につけられる量には、限りがあり、全てのことを知りつくすことは不可能に使いと考えられます。
 昔から伝わる書物、これから先、常に変化し新しくなっていくことなど、あらゆる面での知識の習得は、一生かかっても学びつくせるものではありません。
 人は、死ぬまで勉強していく覚悟を持たなければならない、ということを言っています。
(ことわざ学習塾より)

幼子は白き糸の如

| コメント(0)

「幼子は白き糸の如し」は、幼い時を白い糸にたとえ、白い糸がどんな色にも染まるということから、 幼い時のしつけの大切さを言ったもののことわざです。似たような言い方として、「鉄は熱いうちに打て」があります。
(ことわざ学習塾より)

モデル家族

| コメント(0)

モデル家族とは、年金などの社会保障制度を構築、改革する際に、基準となる家族形態のこと。
 以前は標準世帯といわれていたが、「標準」が「あるべき姿」という誤解を招くという理由で、「モデル」という言葉になった。だが、「夫は一生サラリーマン、妻は一生専業主婦で、離婚しない」というライフコースをモデルとしている点は変化がない。将来の年金額が現役時代の収入の何%という目安の数字は、モデル家族を前提として計算されている。しかし、既婚女性の就労率は5割を超え、生涯独身者(50歳時点での未婚者)も2005年で男性の15%を占める。離婚や再婚も増え、モデル家族どおりの人生を送ることができる人は少数派となり、家族単位の社会政策は限界にきている。
( 山田昌弘 東京学芸大学教授 )

ネーチャーゲーム

| コメント(0)

ネーチャーゲームとは、自然と触れ合うための野外活動プログラムで、1979年、米国のナチュラリスト、ジョセフ・コーネルが考案。五感を使って自然と直接触れ合うゲームが多い。落ち葉を利用した「木の葉のカルタとり」など。
【知恵蔵2011より】

チェレスタ

| コメント(0)

チェレスタは、小型の鍵盤(けんばん)楽器。音域は4オクターブで,キーを押すとハンマーのコルクが鉄の板をたたいて,澄明な音を出す。鉄琴に似るが,共鳴箱がついているのが特徴。1886年パリのオルガン製作者A.ミュステル〔1842-1919〕が考案し特許を取得。
【百科事典マイペディア】

開発教育

| コメント(0)

 開発教育(かいはつきょういく)は当初、南北問題や国際協力を理解するための教育活動として始まった。現在では、開発教育は自分と地域と世界とのつながりを認識し、公正で共に生きることのできる地球社会づくりに参加するための教育学習活動として、学校教育、社会教育、市民活動の中で実践されている。
(フレッシュアイペディアより)

赤ちゃんの花粉症

| コメント(0)

 ここ数年、子どもの花粉症は増えていて、しかも低年齢化しているそうです。赤ちゃんでも花粉症になることがあるようですが、風邪とはどのように違うのでしょうか。
 赤ちゃんの場合は、自分から不快な症状を伝えることができませんが、鼻や目を頻繁にこするような仕草をしたり、透明な鼻水が出続ける、目が充血しているというような症状が見られたら、小児科医を受診しましょう。
 予防策としては、花粉を室内に持ち込まないこと。花粉が多い日は、洗濯物や布団を外に干すのを控え、外出後は玄関の前で花粉を払い落としてから家に入るようにしましょう。帰宅後は、子どもには手洗いやうがいをさせ、赤ちゃんの場合は手を拭いてあげましょう。
 畳やカーペットはもちろん、布団にも掃除機を念入りにかけ、床は拭き掃除が効果的と言われています。
(子育てお役立ち百科より)

赤ずきん

| コメント(0)

 赤ずきんは、ヨーロッパに広く伝わる昔話で,フランスのC.ペローが〈童話集〉に収録。《グリム童話》によって広く知られる。祖母や母に化けた狼が少女をだまして食うが,少女は狼の腹中から救い出される。
【百科事典マイペディア】

英和辞典

| コメント(0)

英和辞典(えいわじてん)は、英単語の意味や用法を日本語で解説した辞典。
 英和辞典には一般に英単語の発音、品詞、日本語の意味、そして用例が記述されている。発音は国際音声記号によって示され、単語によっては本来の英語すなわちイギリスでの発音とアメリカでのそれが併記されている場合がある。なお和英辞典では通常発音は示されていない。
 中学、高校生など英語学習者の便宜をはかるため基本語、重要語には印あるいは強調して表記されていることが多い。小型のものには和英辞典と一体となったものもある。
 日本で出版されている英和辞典で発行部数(初版からの累計)が多いのは、新英和中辞典(約1200万部)、ジーニアス英和辞典(約800万部)などである。
【百科事典マイペディア】

御伽草子

| コメント(0)

<御伽草子/お伽草子>
御伽草子は、室町時代に製作・書写された物語,草子の総称。狭義には,江戸時代,〈御伽文庫〉として一括刊行された《文正草子》《鉢かづき》《物くさ太郎》《一寸法師》《浦島太郎》《酒呑童子》など23編をさすが,広義にはこれらに類似の物語群数百種をいう。
【百科事典マイペディア】

親子会議

| コメント(0)

 「節電」「食」などをテーマに家庭で話し合う「親子会議」を、各地の小学校が推進している。家族同士のコミュニケーション不足を指摘する声もある中、対話を促そうという学校から家庭への働きかけだ。
 東京都荒川区立第九峡田(はけた)小学校は、昨年度から親子会議を取り入れた。
 茨城県小美玉市立堅倉小学校では、一昨年に親子会議を始めた。細谷光太郎前校長は「規則正しい生活や家庭学習の定着など、日ごろ教職員が家庭に伝えたいと思っていることが、保護者に伝わっていないことが学校評価アンケートで明らかになったのがきっかけ」と話す。
 鳥取県では「ノーテレビデー」をきっかけに六、七年前から広がった。「定期的にテレビを見ない日を決めて親子が関わる時間を持とうと、小中学校のPTAで話し合いや読書を勧めているところが多い」(県教育委員会家庭・地域教育課)という。
(2012年7月13日東京新聞掲載)

窒息の応急処置

| コメント(0)

 乳幼児は気管の働きが鈍く、奥歯もないため、食べ物による窒息のリスクは高い。事故防止には予防と応急処置の方法を知ることが重要です。
【応急処置】
 救助者の手の上に幼児の胸を乗せ、うつぶせにし、頭が胴体より下がった姿勢にします。そして手のひらの付け根で、肩甲骨の間を強く5回たたきます(背部叩打)。けがをさせない程度に強くたたきましょう。そして口を調べ、詰まっているものが見えたらそれを取り除きます。気道がふさがったままの場合は、幼児の顔を上に向けて、頭を下げ、人差し指と中指を使って、胸骨部分を上に向かって5回たたき(胸部圧迫)、再び口の中を調べます。
(メルクマニュアル家庭版より)

満年齢解除

| コメント(0)

 児童福祉法では、満18歳になると原則、里親家庭や児童養護施設を出なければならない。未成年者が住居を借りたり、就職したりする際の契約には保証人が必要だが、実親を頼れない未成年者は保証人の確保が難しい。里親などが保証人になった場合、問題が起きれば保証責任を負うリスクを伴う。このため、国と都道府県などが一定の賠償額を補助する「身元保証人確保対策事業」が2007年度に創設された。ただ、保証期間は最長3年に限られる。
(西日本新聞2012年7月23日掲載)

年収と成績

| コメント(0)

 文部科学省は7月4日、小学6年と中学3年が対象の2013年度の全国学力テストで、保護者の一部に年収を尋ねることを決めた。学力テストで家計と学力の関連を調べるのは08年度以来、5年ぶり。
 08年度は、保護者の年収が高い世帯ほど子供の成績が良いという結果が示された。文科省は、リーマン・ショック後の景気後退を受けて教育格差の現状をあらためて調べ、低所得層の支援につなげたいとしている。
 また、文科省は13年度のテストを4月24日に実施することも公表。保護者の調査は4月下旬~5月の予定。さらに、年を追って学力を比較するため、5~6月には過去の問題も使って内容を非公表にした別のテストも小中学生約4万人に実施する。学力テストは09年の政権交代に伴い、学校の約3割を抽出する方式になったが、13年度は4年ぶりに全員が対象。国語と算数・数学の2教科で実施する。
(産経新聞2012年7月5日掲載)

3歳児の睡眠

| コメント(0)

家ではお母さんに話したい事が沢山ある為、布団に入ってからも、おしゃべりしようとします。けれども、体も大きくなり体を動かす事が大好きな子供の為に、きちんと休息を与えて下さい。
 保育園では友達との関係が密になってきますので、布団を敷くときは「○○チャンノトナリガイイ」と自分の仲の良いお友達の隣りに寝たいと先生に要求をする姿も見られます。
友達と遊ぶ事が楽しくて、お昼寝の時間もついおしゃべりをしてしまう事があります。でも、今はお昼寝の時間で、自分以外の人がうるさくて眠ることができない事を、しっかりと伝えていきましょう。
3歳時期は、大人に何でも反抗する姿も見られるようになってきますので、寝たくないと布団になかなか入って来ない場合もあります。怒るとお昼寝は嫌なものだと感じてしまうので、出来るだけ優しい言葉をかけながら眠れるようにしていきましょう。起きた後、楽しみをつくっておくのもいいですね。
 自分の着脱が出来る様になってきた今、布団を自分で片付けるのを手伝ってもらいましょう。家でベットに寝ている子供は、起きたときに布団をきれいに直す等、お手伝いをしてもらいましょう。
(子育て用語辞典より)

机間巡回

| コメント(0)

 机間巡回(きかんじゅんかい)とは、学校教育の現場において、授業中に教師が生徒の机の間を巡回することを指す専門用語の一つ。その主な目的としては、個々の生徒の理解度を把握したり、手助けが必要な生徒に適切な指示を出したりするなどがある。机間巡視(きかんじゅんし)ともいう。
(フレッシュアイペディアより)

グループ・ダイナミクス

| コメント(0)

<グループ・ダイナミクス/グループダイナミクス>
 グループ・ダイナミクスは、グループに作用する相互の関係について、その力学の解明をめざす社会科学の一分野であり、小集団研究の代表的な方法論。集団力学ともいわれている。心理学者のレヴィンによって提唱された。グループ・ダイナミクスには、集団への成員の動機、集団の凝集性、成員の目標達成への促進的役割にかかわるリーダーシップ、コミュニケーションの構造、集団の構造、地位と役割、相互依存の在り方、などが主な研究テーマとしてあげられ取り組まれてきた。
(教育関連用語集より

ベビースリング

| コメント(0)

 最近、赤ちゃんの抱っこにベビースリングを使う人が増えてきました。ベビースリングとは、大きな布で赤ちゃんを包み込むように抱っこするもの。おしゃれな風合いの布が使われていることも多く、人気です。赤ちゃんの体重を布面で支えるため肩への負担が少ない、赤ちゃんと密着するのでスキンシップにも効果があると言われています。
 ただし、間違った使い方をしている人も少なくないよう。特に小さい赤ちゃんの場合は、股関節が開き、自由に動かせるM字型の姿勢が望ましいのですが、抱っこしたときに足が閉じて伸びた状態で固定されていると、股関節脱臼の原因にもなります。赤ちゃんの股をしっかりと開脚させ、お母さんの身体にしがみつかせるような体勢にしましょう。購入の場合は、使い方を確認し、講習会なども利用して正しく使いましょう。
(子育てお役立ち百科より)

トレモロ

| コメント(0)

 トレモロは、音楽用語。イタリア語で〈震える〉の意で,一般に同一音高の急速な反復。また,2音を交互に急速に反復して奏すること。擦弦(さつげん)楽器(弦楽器)では同じ音高の音を弓の往復によって急速に反復,または2つの音を急速に交替させる。
【百科事典マイペディア】

ニューミュージック

| コメント(0)

ニューミュージックは、1970年代前半から登場した日本のポピュラー音楽の一分野。それまでの歌謡界がマスコミを媒体とし,芸人としての歌手が流行歌を生み出すプロダクション体制によって成立していたのに対し,アルバム作成やコンサート活動を中心とした活動で支持を得た。
【百科事典マイペディア】

鉄は熱いうちに打て

| コメント(0)

鉄は熱いうちに打ては、人を鍛えるには、心が純粋な若いときにしっかりと教え込むべきだというたとえ。
 鉄は真っ赤に焼けている時は、やわらかく、形を変えられますが、さめて固くなった状態では、形が整わないということから生まれた句。
 大人のときより 若いときのほうが新しいことを覚えるのが早く、しっかりと身につく、という意味があり、又、何かを行う場合には、人の関心が高く熱意のあるうちに始めるべきで、よい時機(チャンス)を 失ってはいけないという意味もあるようです。又、別の言い方として、「幼子は白き糸の如し」(おさなごはしろきいとのごとし)ということわざがあり、これは、幼い時を白い糸にたとえ、白い糸がどんな色にも染まるということから、 幼い時のしつけの大切さを言ったもののようです。
(ことわざ学習塾より)

パパとお風呂

| コメント(0)

 父子が一緒に入浴することでコミュニケーションが増え良好な関係を築いている-。資生堂スーパーマイルド「パパフロ応援委員会」が4月、小学生の子供を持つ父親600人と小学生600人に行った調査でこんな結果が出た。
 父親との入浴は「週2回」が最も多く、19%。しかし、子供たちの希望は「毎日」が31%で、父親との入浴を楽しみにしている様子がうかがえる。また、「父親と入浴している」子供466人の70%が「お父さんに隠し事がない」「あまりない」と回答、入浴していない子供では48%にとどまった。全体の3割近くの父親は「子供をしかると嫌われると思う」と回答。これに対し、「お父さんから怒られた後、お父さんを嫌いになるか」を子供に尋ねたところ、父親との入浴習慣がある子供は51%が「嫌いにならない」と回答し、入浴習慣がない子供の35%を上回った。
(産経新聞2012.7.19掲載)

事業所内保育施設

| コメント(0)

 事業所内保育施設とは、職場に設置している託児所のこと。
 昨年の厚生労働省の調査によると、全国にある「事業所内保育施設」は約4100ヶ所。ただし、6割は女性の多い職場で、一般企業の取り組みはまだ少ない。従業員にとっては子どものそばで働ける安心感など利点が多い一方、運営費や場所の確保といった経営側の問題が壁になっているようだ。
(西日本新聞24年7月19日掲載)

3歳児の遊び

| コメント(0)

 3歳頃になると、頭足人と呼ばれる、頭から直接、手と足が出ている絵を描くようになります。頭足人の頭部は子供にとって頭だけの象徴ではなくて、頭を含んだ「体」全体を象徴しています。3歳児は「頭」「肩」「足」等の名称は知っていて、それが体のどに部分にあるのかも知っていますが、それを区別して絵に表現する事は、この時期はまだ出来ません。
 3歳になってからの頭足人は、最初大きいものを1つか2つしか描きませんが、仲間との生活体験を重ね、楽しく遊ぶ機会が増えると、画面いっぱいに沢山の頭足人が描かれる様になります。その絵の中には、沢山の思いがつもっているのでその思いを聞いてあげましょう。
 屋外で自分から思いっきり身体を動かして遊ぶ事がまだ少ないので、子供の先頭に立って遊びを引っ張っていってあげましょう。保育者自身が楽しんで遊ばないと子供もつまらないので、保育者が自分で楽しいと思える遊びをしましょう。
 この頃は、簡単なルールのある遊びが出来る様になります。(しっぽとり・かけっこ・おにごっこ・島鬼・かくれんぼ・ぼうしとり 等・・・)
 かくれんぼやおにごっこで自分が鬼になるのが嫌な子供もいます。きっと一人で鬼をやりたくないのでしょう。鬼は二人でやると決めて遊ぶといいでしょう。
 夏のプールでは、去年とは違う姿を見せてくれます。水に顔をつけられなかった子供がつけられる様になったり、中には泳げる子供も出てきます。自分が出来なかった事が出来る様になり、自信もついてきて、日々の生活にも活気が見られます。出来なかった事が出来る様になった事は、沢山褒めて自信をつけさせて下さい。
プールが苦手な子供は浅い水位のプールで少し慣れてから、深いプールへ行ってみましょう。深いプールでは少人数で遊び、大人がいつもそばにいて少しずつ安心させていきましょう。
 砂場では上手にスッコプを使って穴を掘ったり、山を作ったり出来る様になります。大きいスコップを使う場合はまだまだ夢中になると周りが見えなくなるので、怪我がないように注意してみていましょう。また、ケンカをするとスコップでたたいてしまうかもしれませんので、子供の動きをしっかりみていましょう。
(子育て用語辞典より)

掻爬手術

| コメント(0)

<掻爬手術/そうはしゅじゅつ>
 掻爬手術は子宮の中の内容物をきれいに取り去る手術です。流産などで胎児や胎盤が子宮内に残っている場合、行なう必要があります。
(妊娠・子育て用語辞典より)

2歳児の運動

| コメント(0)

 2歳になると、両足で飛べるようになるので、楽しんでジャンプをします。雨の日は水溜りでジャンプし、水しぶきをわざとあげて遊ぶので、お母さんは服を余計に汚すので遊んで欲しくないかもしれませんね。
 ドタドタして格好で走る姿から、腕を振って走るようになります。
 ひねって開ける水道の蛇口を、自分で開けられるようになるので、お母さんが見ていないすきに、水道の水をジャージャー流して遊んでいるかもしれませんよ。
(子育て用語辞典より)

学級王国

| コメント(0)

<学級王国/がっきゅうおおこく>
 学級王国とは、学級担任による独自の学級経営を最大限に尊重し、その独立性を強め、教師が互いに他の学級に干渉し合わない状態をさす。各学級における学習および生活の指導について、それぞれの学級担任に一任する考え方やシステムである。学校の諸組織とは無関係に学級における営みが単独で成り立つものととらえ、あらゆる教育活動とその条件整備を学級担任の独自性に委ねる考え方である。  
 そこでは、学級を独立した学級担任と子ども達の共同体ととらえ、そこに一つの小宇宙を形成しようとする。かつて手塚岸衛が学級王国論を展開した(『自由教育真義』 東京宝文館、1922年)。彼は、各学級の営みについて、教師は互いに干渉せず、各学級の独自性・独立性を認めよと主張した。  
 学級王国の強調は、学級の閉鎖性やセクショナリズムを生み、他の学級との競争心を高めることもある。一般に、学級王国というとき、このようなマイナス面が指摘され、その在り方が否定的に論じられる。
(教育関連用語集より)

母乳育児

| コメント(0)

 最近では母乳で育てたいと考えるお母さんも増えてきました。産院でも母乳育児の促進のため、助産師さんの指導やケアなどを積極的に行うようになりました。ただし、最初の1カ月くらいは母乳で育てても、その後粉ミルクと混合したり、粉ミルクだけに切り替えてしまうお母さんも少なくありません。
 産後1カ月は育児に慣れるのも大変ですし、お母さんの身体も回復途中です。疲れやストレスもたまりがちで、母乳の出が悪くなったと感じてしまう人もいるよう。でも、母乳はちゃんと出ていることも多いので、ここで断念せずに続けられるといいですね。家事や赤ちゃんの世話はお父さんにも協力してもらいましょう。母乳の出の心配や、乳房のしこりやトラブルなどは、出産した産婦人科のほか、近くの助産院などでも相談にのってくれます。
(子育てお役立ち百科より)

俳句甲子園

| コメント(0)

俳句甲子園とは、全国高校俳句選手権大会のことで、社団法人松山青年会議所、NPO法人(特定非営利活動法人)俳句甲子園実行委員会が主催する、高校生を対象とした俳句コンクールである。愛媛県松山市で毎年夏に開催されている。
 当地が正岡子規や高浜虚子など著名な俳人の出身地であることから、これにあやかって開催が始まった。2004年12月に愛媛新聞社により『五・七・五のバトル 俳句甲子園』として書籍化され、2005年2月には荻上直子監督の『恋は五・七・五!』にて映画の題材に取り上げられた。また、第8回(2005年)大会から文部科学省より学びんピックに認定されている。
(ウィキペディアより)

俳句の日

| コメント(0)

 8月19日は語呂合わせで「ハイク(俳句)の日」です。1992年に俳人で京都教育大学教授の坪内稔典さんらが提唱して決まりました。
 ハイク(俳句,Haiku)は五・七・五の形式の世界最小の定型詩です。ただし近年発達した外国語のHaikuの場合は文字数・音節数には余りこだわらずに3行程度の短い詩が作られています。また俳句には「季語」といい季節を感じさせる言葉を必ず埋め込むという約束がありますが、近年の現代俳句やHaikuでは必ずしもとらわれません。
「俳句」という言葉は意外に思われる方もあるでしょうが、明治20年代に正岡子規が作った造語で、「俳諧の発句」を縮めたものです。松尾芭蕉や小林一茶などがやっていたのは実は「俳諧」であって、まだ当時は「俳句」という言葉はありませんでした。
(ウィキペディアより)

食べ物での窒息

| コメント(0)

 小さい子どもがのどに詰まらせてしまうものには、小さいいおもちゃや、部品、キャップなどがありますが、食べ物をのどに詰まらせることも少なくありません。
 特に離乳食期をすぎて、大人と同じようなものが食べられるようになると、「もうちゃんと噛めるから」と安心しがちですが、プチトマトやお団子、おもち、ゼリーなどをのどに詰まらせてしまうことがあります。のどに詰まってしまって呼吸が苦しそうな場合は、救急車を待っている時間はありません。急いで詰まった物を取り除きます。小さな子どもの場合はうつぶせにして、頭を低くし、手のひらで背中の真ん中を叩き、吐き出させます。掃除機などで吸い取るのも有効とされています。
 3歳くらいまでの時期は、食べ物は小さめに切って与えたり、大人が一緒に食べて、見守ることが大切です。
(子育てお役立ち百科より)

ダンス必修化

| コメント(0)

 2006年に改正された教育基本法に「伝統と文化の尊重」が盛り込まれたことを受け、12年度からの新学習指導要領で「コミュニケーション、自己表現能力の育成につながる」として、中学1、2年の保健体育で必修化された。各学校では、創作ダンス、フォークダンス、現代的なリズム(ヒップホップなど)から一つを選んで指導する。
 全国の中学校で本年度始まったダンス必修化を受け、ビジネスチャンスが広がっている。「EXILE」などのダンスユニットに憧れる若者が増えている中での必修化という追い風は、ダンスそのものへの関心を高めただけでなく、ファッションやゲーム関連にも商機をもたらしている。参入企業の増加で「予想ほど需要を取り込めていない」というダンス教室もあるが、中学で踊る楽しさを知った生徒が卒業後もダンスを続けるとの期待もあり、関係者は「愛好者は今後も増える」と口をそろえている。
(西日本新聞2012年8月16日掲載)

幼児専用車

| コメント(0)

「幼児専用車」とは、専ら幼児の運送の用に供する自動車をいう。
 幼児専用車は、道路運送車両法で、幼児の体格を考慮した保安基準を定めている。足を床に着けて座れるように、座席の高さは床から25センチ以下と通常のバスに比べて低く設定。非常口を車体後部に設けるほか、「幼児バス」などの用途を表示し、折り畳み式の補助座席の設置や立ち乗りは禁止している。幼稚園や保育園はバスやひと回り小さいマイクロバス、ミニバンなどを保安基準に合わせて整備し、利用している。
(共同通信社2012年8月17日掲載)

短音階

| コメント(0)

短音階とは、西洋古典音楽の音階の一つ。長音階の対。短調を構成している音からなる音階,つまり,第2音と第3音の間,第5音と第6音の間の音程は半音で,他は全音の音階。これを自然的短音階というが,実際の音楽では,旋律的短音階と和声的短音階が使用される。
【百科事典マイペディア】

消費者教育

| コメント(0)

消費者教育とは、消費者としての自覚を促し、消費者被害を防ぐための情報提供、教育。2005年4月から5年間を対象とした消費者基本法に基づく国の消費者基本計画では、学校や社会教育施設での消費者教育の推進を重点項目にしている。教科書出版各社は中学教科書に消費者問題の記述を増やしている。トラブル事例としてインターネットショッピングや携帯電話からの架空請求、消費者金融の借金の利息、牛海綿状脳症(BSE)や残留農薬、トレーサビリティーなど。また、金融広報中央委員会は05年度を金融教育元年と位置付け、金融教育フェスティバルを開催したり、金融教育公開授業を行うなどした。
【知恵蔵2011より】

ビタミン

| コメント(0)

ビタミンとは、体内での生理機能を潤滑に制御するための物質。
 食物からの摂取を必須とするものは約15種類あり、近年ではサプリメントの主役となっている。ビタミンC・E(トコフェロール)などの抗酸化性ビタミンは、生活習慣病の予防に有効とされる。中でも葉酸(ビタミンB群の1つ)は妊娠時には特に必要とされるが、若年女性では不足傾向で、厚生労働省は十分な摂取を勧告している。
【知恵蔵2011より】

形容詞

| コメント(0)

形容詞とは、品詞の一種。事物の性質,状態を表す語。西洋文法では本来,名詞nomenの中に含まれ,それが狭義の名詞すなわち実体詞nomen substantivumと区別されてnomen adjectivum(名詞に添えられたの意味)として独立の範疇(はんちゅう)となったのは中世のことである。
【百科事典マイペディア】

西遊記

| コメント(0)

西遊記とは、中国,明代の白話(口語)長編小説。1570年ごろの成立で,作者は呉承恩とされるが異説がある。100回。中心は唐の三蔵法師玄奘(げんじょう)がインドに仏典を取りに行く途中,孫悟空,猪八戒(ちょはっかい),沙悟浄(さごじょう)の3怪物が従い,81の妖怪・怪物などを退治する物語。
【百科事典マイペディア】

猿蟹合戦

| コメント(0)

<猿蟹合戦/さるかに合戦>
猿蟹合戦は、昔話。サルがカキの種と交換にカニの握り飯をだましとり,カキに実がなるとそれもだましとるが,カニはクリ,ハチ,臼(うす)の助太刀で敵討(かたきうち)をするという話。
【百科事典マイペディア】

塵も積もれば山となるとは

| コメント(0)

塵も積もれば山となるとは、チリのような小さなものでも、こつこつと積み重ねていけば、山のようになるという意味のことわざ。
 どんなに小さなことでも、こつこつと積み重ねていけば、とても大きなものになる。 毎日の1つ1つの小さな行為も長年かかって実行すれば、結果として経験や、成果となって現れてくるのだという意味。
(ことわざ学習塾より)

「男女七歳にして席を同じうせず」とは、年齢が7才にもなれば、男と女の性は違うものであるという意識を持たせ、同じ場所に座らせてはいけないという、中国の古い教え。
 男女が、同じござの中で、一緒に座ってはいけないという意味があるようで、たとえ、幼い男女であっても、性の違いを知らないで、親しくなってはならないという儒教の古く、厳しい教えのようです。
 この後に、「食を共にせず」と、続く場合もあるようです。男女のみだらな性の関係を、いましめる為の言葉のようで、今の時代には、ちょっと合わないかもしれませんが、昔は、それだけ、厳しい教えがあったということのようです。
(ことわざ学習塾より)

ホイジンガ

| コメント(0)

ホイジンガは、オランダの著名な文化史家。「ホモ・ルーデンス」のなかで、彼は人間の生活と行動の原初的なもののなかには遊戯があり、遊戯こそ共同体の組織に大きな役割を演じてきたと主張した。遊戯の本質と意味を問い、遊戯と文化との関係を深く追求している。
(保育ミニ辞典より)

2歳児の言語

| コメント(0)

2歳半くらいには、誰から聞いてきたのか、「バカ」「チビ」と反抗をする姿がみられるようになります。お家に来たお客さんにもお構いなしに「バカ」と言うので、お父さんもお母さんもハラハラして困ってしまうのではないでしょうか?反抗するのは発達ですので、どの子供も一度は言っているとおもいます。でもこの「バカ」とふざけて言うのは4歳を過ぎれば言わなくなりますので、心配いりませんよ。
 ブランコに乗りたい時、「順番ね」と言うのが分かるようになり、しっかり待てる様になります。また、自分の後ろにいる友達に「ジュンバン」「マッテテネ」と、言うようになります。
 何にでも興味を持っている時期ですので、2歳半には「ナンデ?」「コレナーニ」と何でも聞いてくるようになりますので、面倒がらずに色々教えてあえげましょうね。
 2歳後半にもなると、自分の苗字が分かるようになり、「お名前は?」と聞くと、フルネームで答える姿も見られるようになります。
 2歳児は二つの対になっている物が分かるようになります。大きい・小さい、長い・短いがわかり始めるので、「○○センセーノオオキイネ」、「コレチイサイネ」と言う様になります。また、自分の年と同じ数が分かるので、「二つ持っていってね」と言うと、二つ持って行くようになります。まだ、分からない場合は二つを教えてあげましょう。
 二語文から多語文になり、自分の気持ちを伝えるようになり、友達と楽しそうに話をする姿が見られるようになります。一方、自分の気持ちを伝えるようになりますが、ケンカをする時はまだまだ手が出る事があります。
(子育て用語辞典より)

学問の自由

| コメント(0)

学問の自由(がくもんのじゆう)は、研究・講義などの学問的活動において外部からの介入や干渉を受けない自由のことをいう。自由権のひとつ。
 一般的には、研究の自由、研究発表の自由、教授の自由(教育の自由)を指す(具体的権利)。そして、学問の自由を保障するため大学の自治が制度的保障として認められている。
 日本においては、日本国憲法第23条において規定されている。
(フレッシュアイペディアより)

しつけと押しつけ

| コメント(0)

しつけと押しつけ
 「子どもをしつけなくてはいけない」と、つい怒ってばかり......なんてことはありませんか。そもそもしつけるとは、どういうことでしょう。人に迷惑をかけない、人を傷つけない、危険なことをしないなど、最低限のわが家のルールを夫婦で話し合っておきましょう。
 叱ったり注意するのは、最低限のことにとどめること。「こうすべき」というのは、親の押しつけになることもあります。一挙一動を一日中見張って、小言ばかり言っては、子どももどれが重要で守るべきことかわからなくなってしまいます。子どもの興味や関心を広げる行動まで、制限してしまいかねません。
 そして、いいことをした場合、銀行や図書館などで静かにしていられたら「静かにできて、えらかったね」などと、ほめてあげましょう。ほめられることで、子どもはいい行動を覚えていきます。
(子育てお役立ち百科より)

食べてすぐ寝ると牛になる

| コメント(0)

「食べてすぐ寝ると牛になる」とは、食事をした後に、すぐ横になったり、眠ったりするのは、行儀が悪いので、そのことをいましめた言葉。
 牛は、草を食べた後に、食べたものを口の中に戻して、再び噛みなおすのがあたりまえのようです。食べた後、すぐに横になると牛のようになってしまい、行儀も悪いので、このことを注意して、しかる意味があるようです。昔は、子供のしつけの意味で、用いられていたようです。実際、食べたすぐあとは、なるべく横にはならずに、少し休憩を取ってから軽く体を動かしたり、歩いたりしたほうが健康にもいいようです。
(ことわざ学習塾より)

十遍読むより一遍写せ

| コメント(0)

「十遍読むより一遍写せ」とは、何かを覚える為には、十回読むよりも、その内容を一回、よく考えながら、書き写したほうが、しっかり覚え、忘れることが少ないという意味のことわざ。
 1回とはいわずに、3回ぐらい、書けば、さらに効果が上がるのではないかと思います。 この句は、「十読は一写に如かず」(じゅうどくはいっしゃにしかず)ともいい、これが、 本来の言い方のようです。
(ことわざ学習塾より)

栽培

| コメント(0)

栽培とは、植物を人間の生活に利用できるように育てること。アサガオ、ヒマワリ、トウモロコシ、トマトなどの成長の早いものを育てると、これらの成長と、花を咲かせ種や実をつくるという生物の一生を感じ取らせるのに有効である。
(保育ミニ辞典より)

チューバ

| コメント(0)

チューバは、低音部を受け持つ金管楽器の総称。テューバともいう。バルブ操作で約3オクターブの音域をもち,低音部記号の声部より1オクターブ低い音が出せる。管弦楽では主に大編成の作品で用いられる。
【百科事典マイペディア】

短調

| コメント(0)

短調とは、ある音が主音(トニカ)と感じられ,トニカ,ドミナント,サブドミナントの三和音がいずれも短三和音となっている音楽をいう。
【百科事典マイペディア】

スラー

| コメント(0)

スラーは、音楽記号。複数の音符の上あるいは下につける弧線。音を切らずなめらかに(レガート)演奏することを指示する。多くの場合,楽句(旋律などの区切り)も示す。
【百科事典マイペディア】

学級集団

| コメント(0)

学級集団とは、学級担任および子ども達によって計画された学習および生活を営む場であり、教師および児童からなる準拠集団をさす。普通は、単に「学級」と呼ばれるが、「学級集団」という場合は、その集団性が重視され、集団の教育力が強調される。この学級の集団的側面に着目して、学級づくりとか学級集団づくりと称される営みが展開される。  

学級集団は、一般に、次のような特質を持っている。

(1)数10名の同年齢の児童・生徒によって編成され、その存続の期間は少なくとも1年以上と比較的長期にわたる。

(2)学級編成にあたって、各学級間の均質化に重点が置かれる。

(3)集団成員の相互の関係は対等とされる。

(4)学級担任が1年間あるいはそれ以上、継続的に児童・生徒を担任して指導する。

(5)児童・生徒には、学級担任や所属する学級を自ら選択する自由は認められない。

などである。  

学級担任には、このような学級を、児童・生徒の思考力、道徳性、人格などを育てる教育の場にすることが求められている。すなわち、学級集団成員相互の人間関係を深め、開かれた学級の雰囲気を醸成し、相互の存在を認め受容し合う集団構造をつくり、学級を集団成員にとって学習および生活の場にする、創意・工夫のある実践の展開が学級担任に期待されている。
(教育関連用語集より)

離乳食と便の様子

| コメント(0)

 離乳食を初めてから、赤ちゃんの便の回数が増えたり、少しゆるくなったりすると、「離乳食が原因かしら?」と悩まれるお母さんも多いのではないでしょうか。
 離乳食を始めたばかりの頃や、新しい食材を与えると、そのようになる赤ちゃんもいます。離乳食の開始時期自体が、生後5カ月より早めでなければ、便が少しやわらかくても、きげんがよく、食欲もあれば、素人判断でいきなり離乳食を中断する必要はありません。また、母乳やミルクだけを飲んでいた時期と、便の様子が変わる赤ちゃんもいます。新しい食材を使うこと、衛生にも気をつけて、食材や、量、調理法などを変えて様子を見ましょう。
 水のような便が、1日に数回出るようなら、離乳食以外の原因も考えられますから、小児科医に早めに診てもらいましょう。
(子育てお役立ち百科より)

電車でベビーカー

| コメント(0)

 赤ちゃん連れで電車やバスに乗るとき、ベビーカーを畳まず乗車できるところも増えています。
しかし、乗るときには赤ちゃんの安全への配慮はもちろんのこと、周囲への気配りも忘れないようにしたいものです。朝晩のラッシュ時は混んでいて、急いでいる人も多いので、携帯に気を取られて前をよく見ずに歩いている人もいます。ベビーカーにつまずかれると、赤ちゃんも危険です。できるだけラッシュ時をさけた時間に利用しましょう。
 ホームの端を歩かず、ドアが閉まる間際の駆け込み乗車はさけて余裕を持って乗り込むこと、乗車後はタイヤをロックし、揺れでベビーカーが動かないようにする、赤ちゃんにはシートベルトをして転落を防止するなどしましょう。ホームへの階段の上り下りに駅員や周囲の人が手を貸してくれたら、お礼の言葉も忘れずに。
(子育てお役立ち百科より)

乳幼児連れの外食のコツ

| コメント(0)

 子育てに追われる親にとって、外食はよい気分転換となる。子どもも楽しめて、周りにも迷惑をかけないように、子どもの成長に合わせて工夫が要る。
【~8か月ごろ】母乳やミルクをあげられるよう準備しておく。
【9か月以降】離乳食が1日3食になっていれば、一緒に食べる。うどん、茶わん蒸し、パン、  温野菜などは親の食事を取り分けてもいい。味が濃いものは水や湯で薄めてあげる。
【1~2歳】じっとしていられないので、周囲に気兼ねしなくてもいい店を選ぶ。
【3歳以降】社会性が出てくるので、「食事中、大声を出したら恥ずかしいよね」などと言い 聞かせながら楽しく食事をする。
(2012年8月17日 読売新聞)

園外研修

| コメント(0)

 園外研修とは、園長をはじめ保育園や幼稚園の職員が所属施設の外でする研修をいう。自治体・学会・保育協会・福祉関係協議会などが、主催することが多い。
 研修形式は集中講義を受講することが主流である。園外研修を受けた職員は、園長に研修報告をするとともに、職場内研修で、全職員に報告することが望ましい。
(保育ミニ辞典より)

子は三界の首枷

| コメント(0)

<子は三界の首枷/こはさんかいのくびかせ>
 「子は三界の首枷」とは、「親にとって、子供は過去から現在、未来にいたるまで、長きに渡って自由をしばられてしまう」ということのたとえです。
 親が子供を思う気持ちは、一生つきることのない、束縛(そくばく)のようであり、 強いつながりがあるという意味でもあると思う。また、同時に逃れられない苦悩でもあるかもしれない。
※ 三界=「さんがい」と読み、過去、現在、未来の3つの世界。
※ 首枷=「くびかせ」と読み、昔、罪人の首にはめて、自由に動けないようにした刑具、 又、比ゆ的に自由を奪うものにも使われる。
※ 束縛=「そくばく」と読み、しばられ自由がきかない状態をいう。
(ことわざ学習塾より)

家族の経済格差

| コメント(0)

 2006年は、「経済格差の拡大」に関する議論が盛んであった。経済格差の拡大は、家族のあり方に影響を及ぼし、同時に、家族のあり方の多様化が、経済格差を拡大させる要因ともなる。 1990年頃までは、サラリーマン‐専業主婦型家族(モデル家族)は、「中流家族」の典型であった。サラリーマンの初任給格差は小さく、その後格差がつくものの、ほとんどのサラリーマンの収入が上昇したので、ほとんどの人が結婚でき、平等意識を持てたのである。 近年、経済の構造転換によって、若年男性の収入格差が大きくなると、収入の低い男性は結婚相手として避けられるようになり、未婚化が進む。さらに、収入の格差を伴って女性の職場進出が進行し、夫婦の役割分業パターンの多様化と共に、家族の経済的格差が拡大する。フルタイム共働きで高収入を稼ぎ出す若年夫婦や、高収入男性のもとで裕福に暮らす専業主婦型家族が出現する一方、夫婦共に不安定雇用のため生活困難に陥る家族や、収入が低いために結婚相手として選ばれにくい未婚男性も増加する。 この影響は、子育て世代に最も顕著に表れている。私立中学受験など子供に多額の教育投資を行う親が増えている一方で、収入が低いために自治体から就学援助を受ける親も増大している。 これは、子供の能力開発の機会が不平等になるだけでなく、意欲にも格差が生じる一因になっている。
【知恵蔵2010より】

トロンボーン

| コメント(0)

トロンボーンは、金管楽器の一種。スライド管を第1~7ポジションに伸縮させて管長を変え各音を得る。変ロ管のテノール・トロンボーン,ト管またはヘ管のバス・トロンボーン,バルブ1個を使用して両者を兼ねるテノール・バス・トロンボーンの3種が一般的。
【百科事典マイペディア】

電子音楽

| コメント(0)

電子音楽は、作曲・演奏に電子音響装置を用いた音楽。狭義には,1950年代初頭からケルンの北西ドイツ放送のスタジオで制作が開始され,一時代を画した音楽をいう。電子音源によって得られる音のみを用いた音楽として,当時としては画期的な新ジャンルを築き,以後ドイツ各地,ミラノ,パリ,ワルシャワ,東京など世界各地に相次いでスタジオが作られた。
【百科事典マイペディア】

テヌート

| コメント(0)

テヌートは、音楽用語で、音符が表す時間を十分に保って演奏することである。
楽譜にはtenuto(略してten.)または音符上のハイフン(短い横棒)で示す。
【百科事典マイペディア】

里帰り出産の注意点

| コメント(0)

 里帰り出産をする場合は、里帰り先でお産をする病院を早めに決めておくと安心です。里帰り先での病院の選び方としては「近所の評判などを聞いて」という人が多いよう。でも病院や医師との相性ということもありますから、実際に自分でその病院に足を運んで病院の設備を自分の目で確かめ、スタッフや医師と話してみるとよいでしょう。どのような病院でどういうお産をしたいか、どういう入院生活をしたいのか(たとえば母子同室がよいのか、別室がよいのか。個室がよいのか、相部屋がよいのか、母乳育児の指導が熱心か、などなど)は妊婦さん自身が決めること。最初に見た病院が自分に合わない、先生との相性がいまいち...と思ったら転院してもかまいませんが、お産の前に最低でも1~2回は診察を受けておきたいもの。そういう意味でも早めに里帰りの準備を始めたほうが安心です。
 里帰りの時期ですが、36週以降になってしまうと陣痛が始まったり破水したりといったことが起こりやすくなるので、なるべく32~34週ぐらいまでの間に。予定日直前になっての移動は体への負担になりますし、いきなり臨月になってからその病院で出産したいといっても、同じ時期に出産予定の人が多いと入院できないこともありますので気をつけて。
 帰省する際は妊婦さん一人だと何かハプニングがあると心配なので、ご主人やお母さんなどに必ず付き添ってもらうようにしてください。移動に使う交通手段は何を使ってもかまいませんが、1~2時間に1回ぐらいの休憩をとるようにして、体を休ませながら移動するようにしてください。決してあわてて移動しない、体に負担がかからない(過労にならない)よう気をつけましょう。
<gooベビーより>

生殖補助医療技術

| コメント(0)

 不妊症の夫婦の頻度は、約10%。難治性不妊の治療として、精子や卵子などを体外に採取して治療するARTが急速に発展し、広く利用されている。体外で精子と卵子を受精させてから女性の子宮に戻す体外受精・胚移植(IVF‐ET:in vitro fertilization and embryo transfer)は代表的ARTである。顕微鏡下で、採取した卵子の細胞質内に1つの精子を注入して授精させる卵細胞質内精子注入法(ICSI:intracytoplasmic sperm injection)は広く使われる顕微授精で、高度の男性不妊症例にも有効である。また、体外受精時に多くの受精卵が得られた時やその周期に胚移植することができない場合には、胚を凍結保存し(凍結胚)、別の周期に融解して子宮内移植を行う方法も確立された。さらに、着床が不成功となりやすい胚に対し、胚の周囲にある透明帯を薄くしてから胚移植する孵化補助法(AH:assisted hatching)や、培養システムの進歩と共に成功率が上昇した胚盤胞移植(通常の4細胞期ではなく、生理的な妊娠経過で着床する時の胚のステージに合わせて胚盤胞で子宮内に移植する)などの技術が開発された。現在、ARTで妊娠し出生するのは、全出生児の65人に1人の割合ともいわれている。しかし、ARTの進歩は、様々な問題も生んだ。排卵誘発剤の副作用や、3胎、4胎の多胎妊娠とこれに伴う未熟児の出産増加。精子・卵子の提供者が夫婦間とは限らない場合の生命倫理や子供の人権をどう考えていくか、なども課題。なお、2004年4月より、都道府県等が指定した医療機関で特定不妊治療(体外受精および顕微授精)を受けた夫婦に対して、費用の一部を助成する特定不妊治療費助成事業が開始、不妊夫婦に対して経済的負担の軽減が図られている。
【知恵蔵2010より】

聴音

| コメント(0)

聴音とは、音楽の基礎訓練のため,ある音をきいて,そのリズム,メロディ,ハーモニーなどを識別すること。五線紙上に書き取るのがふつう。
【百科事典マイペディア】

ソプラノ

| コメント(0)

ソプラノは、声の最高音域。イタリア語で〈上位〉の意。通常女声であるが,裏声やカストラート(去勢歌手),あるいはボーイ・ソプラノのように,男声でもほぼ同域のものがある。女声は声質によってドラマティコ(力強く劇的な表現。
【百科事典マイペディア】

竹馬の友

| コメント(0)

<竹馬の友/ちくばのとも>
竹馬の友とは、幼い頃にいっしょに遊んだ、仲のいい友達のこと。おさななじみ。
 小さい頃に、たけうまに乗り、いっしょに仲良く遊んでいた当時からの古い友達の意味があるようです。この句の生まれた理由は、昔、本当にあった出来事がもとになっていて、中国の古い本、「世説新語(せせつしんご)」という中に、その出来事が書かれているようです。たけうまに関して付け加えておくと、昔のたけうまは、今のものとは少し違っていたようです。竹を馬のようにして遊んだのが始まりのようです。竹に、またがったり、竹に乗って遊ぶのには、何か特別な意味があるようにも感じます。
(ことわざ学習塾より)

親父の日

| コメント(0)

 8月20日は、親父の日。
 ファミリービジネスの事業継承、組織の世代交代を賢く進めるために、コーチ型親父塾を主宰し「コーチ型親父のすすめ」を提唱する大阪市に本拠を置く株式会社トップコーチングスタジアムが制定。日付は8月20日を「0820」として「親父(オヤジ)」と読む語呂合わせから。
(日本記念日協会より)

正期産

| コメント(0)

 正期産とは、妊娠37週から41週までの間のお産のこと。37週未満は「早産」、42週過ぎると「過期妊娠/過期産」と呼ばれます。
(妊娠・子育て用語辞典より)

臨界期仮説

| コメント(0)

 言語学および第二言語習得における臨界期仮説(英: critical period hypotheses)とは、臨界期とよばれる年齢を過ぎると自然な言語能力の習得が不可能になる、という仮説である。母語の習得および外国語の習得の両方に対して使われる。臨界期の時期には諸説あるが、だいたい出生から思春期(12歳から15歳ごろ)までであるとされている。第一(L1)・第二言語(L2)両方の習得に関して年齢が重要な要素となっていることは定説となっているが、はたして臨界期なるものが本当に存在するのか、また存在するとしたらそれがいつなのかなどについては長い議論があり、仮説の域を出ていない。
(フレッシュアイペディアより)

赤ちゃんへの話しかけ

| コメント(0)

 赤ちゃんにどう話しかけたらいいのかわからないというお母さんがいます。「何か話しかけなければ」と気構える必要はなく、赤ちゃんのお世話をしながら、その状況を伝えながら、赤ちゃんの気持ちを言葉に表してみましょう。「おはよう」「おむつを替えよう」「お尻が気持ちよくなったね」「お散歩に行こうか」「風が気持ちいいね」と笑顔で語りかけると良いですね。危険な場面では「飛びだしたら危ないよ」「熱いから、触っちゃダメ」など、真剣な表情で伝えましょう。
 赤ちゃんは言葉がわからなくても、お母さんやお父さんが発する言葉を聞き、表情を見ています。赤ちゃんは、受け取ったたくさんの言葉と表情、場面をつなげ、少しずつ言葉を発するようになっていきます。生活のいろいろな場面で、言葉をかけることから、はじめてみませんか。
(子育てお役立ち百科より)

ベビーカーの選び方

| コメント(0)

 ベビーカーは、大きくわけて、赤ちゃんをほぼフラットに寝かせられるA型タイプ、お座りできる赤ちゃんから使えるB型タイプがあります。また、リクライニングがない分、コンパクトに畳めて持ち運びしやすいバギータイプや、1台でベビーキャリー、ベビーラックなど何通りにも使える多機能タイプもあります。さらに最近ではタイヤが太く安定感のある3輪タイプも人気です。
 選ぶ場合には、どのようなシーンで使うことが多いかをイメージして選びましょう。電車での移動もあり、折り畳む必要がある場合は、コンパクトな軽量タイプ、多少舗装が悪い道でも使うことが予想されればタイヤが太めで赤ちゃんへの振動が少なめのものを選びましょう。お父さんも押す機会が多ければ、身長によってハンドル位置を調節できるタイプもおすすめです。
(子育てお役立ち百科より)

言葉は心の使い

| コメント(0)

「言葉は心の使い」とは、言葉は、心の中で考えていることを、相手などに伝えるための、1つの方法であるということ。また、心に思っていることは、知らないうちに、言葉になって、表れてしまうという意味のことわざ。
 あたりまえといえば、あたりまえのことですが、言葉は、人間が、人と人との間でお互いの考えや思いを、伝えるために作り出した共通の道具のようなもので、長い歴史の中で、少しずつ変化し、成長してきた、とても大切なものです。
 また、日常の心の持ち方などが、言葉の細かい使い方(ことばづかい)に表れてくることもあるようです。言葉は、人とのコミュニケーションにとって、大切な方法ですから、言葉が違ってくると、コミュニケーションがとりにくくなります。
(ことわざ学習塾より)

シンセサイザー

| コメント(0)

シンセサイザーは、電子回路における発振音波を複雑に変形,合成する電気楽器。ミュージック・シンセサイザーの略。保育園の器楽合奏に用いられる。
 音階,音色などの回路選択を行う前面パネルと,音階に対する音程選択を行う鍵盤とからなる。
【百科事典マイペディア】

妊娠前からの葉酸補給

| コメント(0)

 妊娠中はもちろん、妊娠前からの葉酸の摂取の必要性が叫ばれています。赤ちゃんの先天異常の中の神経管閉鎖障害(主に、先天性の脳や脊椎の癒合不全)を防ぐために、葉酸の摂取が必要であることは、厚生労働省からも示されています。
 葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで、造血に作用するもの。不足すると貧血になることがあります。体内にはほとんど蓄積されないため、毎日摂取することが大切です。葉酸は緑黄色野菜、果物などの身近な食品に多く含まれ、野菜を350g程度摂取すれば1日0.4mgの葉酸の摂取が可能(厚生労働省による)ですが、個人の食生活によっては、なかなか難しい場合もあります。
 葉酸の摂取が不足している場合は、食品からの摂取に加えて葉酸のサプリメントなどの栄養補助食品を使うことも推奨されています。ただし容量を守って、過剰に摂取しないようにしましょう。
(子育てお役立ち百科より) 

臨界期

| コメント(0)

 臨界期とは、発達過程において、その時期を過ぎるとある行動の学習が成立しなくなる限界の時期のこと。
 臨界期とは、本来は物理学などで用いられる言葉で、物質が「ある状態から別の状態に移るギリギリの限界」のことだが、幼児教育に対して用いる場合は、環境(幼児教育)が子どもの才能に大きな影響を及ぼす時期のことを指し、感受性期とも言う。
 同じ環境(幼児教育)を与えても、脳が得る影響度は臨界期かそうでない時期かで大きく異なる。各知性によってもそれぞれ臨界期の時期が異なり、総じて、どの知性も12才位までだが、「言語的知性」では0歳〜9歳位、「身体運動的知性」では0歳〜4歳位、「音楽的知性」では0歳〜4歳位、「論理数学的知性」では1歳〜4歳位が特に重要である。
臨海期を知っていると言うことは、とても大切なことです。臨界期を逃した教育は、リカバリーが難しいからです。
 言語力や運動能力・音感・量感・巧緻性・・・など、幼児の時期に経験をしているからこそ、育っていく能力がたくさんあります。
 ご両親が知識として知っていて、経験をさせる・させないの選択をする事は、とても望ましいことですが、知らずに過ごしていくことは、とても残念なことです。
 特に、これらの刺激を通しての達成感、根気、集中力、理解力、自己解決能力などは、幼児の時期に体験をしておかなければ、ある年齢になったからと言って、自然に身につくものでは決してありません。
(幼児教育事典より)

きょうだいの比較

| コメント(0)

<きょうだいの比較/兄弟の比較>
 上の子と下の子、下の子が成長してくると、きょうだいを比べて、叱ったりほめたりしまっていませんか?「お兄ちゃんはこんなにわがままじゃなかった」「お兄ちゃんと違って、もうこんなことができるなんてすごい」......。親はつい無意識にそんな言い方をしてしまっていることがあります。小さいからわからないだろうと思っても、子どもは親の言葉をちゃんと感じ取っています。
 ほめるのも、叱るのも、比べてするのではなく、「○○ちゃんは、△△ができて、えらいね」とか、「××してはいけません」と、子ども本人へのメッセージとして伝えましょう。心がけて比較することはやめ、親が子どもひとりひとりのいいところをきちんと見ること、そして比較せずに、直接ほめたり叱ったりすることは、子ども自身が他の子に向ける目も育んでいきます。
(子育てお役立ち百科より)

ビジネススクール

| コメント(0)

 ビジネススクール(Business School)とは、経営学大学院を指す。BSと略されることもある。アメリカでは経営学のプロフェッショナルスクールをビジネススクールと呼称することが多い。修士号(MBA)取得を目指している人対象のプログラムがある。
(「kotobank」より)

育児用品の選び方

| コメント(0)

 ベビーベッドやベビーカー、抱っこひもなど、赤ちゃん用にそろえるお世話グッズがいろいろありますね。購入する場合、赤ちゃんと接する時間はお母さんの方が多いからと、お母さん好みの使い勝手や、色柄など選んでしまっていませんか。
 赤ちゃんの性別に合わせて色柄を選ぶこともありますが、お母さんの好みや使い勝手を優先して育児用品を選ぶと、お父さんが育児するときに使いにくいこともあります。そうすると、お父さんがいるときでも、「赤ちゃんの世話はいつでもお母さん」ということになりかねません。
特にお父さんは、形から入るタイプの方も多いよう。お父さんの好みや使い勝手も考慮して選びたいものです。「お父さんが、ベビーカー押している姿、かっこいい!」なんて、ステキなシーンを見つけてほめたりして、どんどんお父さんを育児に巻き込んでいきましょう。
(子育てお役立ち百科より)

幼児のお手伝い

| コメント(0)

 2歳を過ぎるようになると、まねっこすることが楽しくなる子も多いようです。お母さんと同じようにしたくても、ちゃんとはお手伝いできません。しかし、やらせないと、だだをこねることもありますね。お母さんとしてはかえって手間がかかることもありますが、心と時間の余裕があるときには、お手伝いさせてあげましょう。
 料理の場面では、皮むきや、混ぜ合わせるお手伝いなら、小さい子でもできそうです。こんなことはまだ無理かなと思っても、案外ちゃんとできることもあります。子ども自身も、ちょっと難しそうなお手伝いが大好き。子どもの様子を見ながら、「これやってくれるかな?」と、やって見せて促してみましょう。
 子どもはお母さんからお願いされ、自分でできたことがとてもうれしいもの。ちょっとしたことでもほめてあげるといいですね
<子育てお役立ち百科より>

雀百まで踊り忘れず

| コメント(0)

「雀百まで踊り忘れず」とは、幼い時から長い間くり返しやってきた事や若いときの癖は、年を取っても、なかなか直らないというたとえ。
 雀は、チョコチョコと飛びはねて踊りまわるのが普通によく見らる姿なので、 雀が、その踊る動作を死ぬまで、続けているように見えることから生まれた句。
 「三つ子の魂、百までも」と、同じような意味があるようです。
(ことわざ学習塾より)

| コメント(0)

<音/おん>
 音とは、音波によっておこされた聴覚をいうが,音波自体をさすこともある。人間に聞こえる音の振動数は16~2万Hz(ヘルツ(単位))程度だが,個人・年齢により差がある。音には高さをはっきり認識できる楽音と,そうでない非楽音があり,楽音は高さ,大きさ,音色の三要素をもつ。
【百科事典マイペディア】

笠地蔵

| コメント(0)

<笠地蔵/かさ地蔵/かさこ地蔵>
笠地蔵は昔話のタイトル。笠長者、かさこ地蔵ともいう。
大晦日(おおみそか)に雪中に立っている地蔵を気の毒に思い,貧しい爺(じじい)が売物の笠をかぶせ,足りぬので自分の笠までぬぐ。その心をめでて地蔵が福運を恵む。
【百科事典マイペディア】

音声言語

| コメント(0)

 音声言語とは、音声によって表現,理解する言語で,文字言語の対。音調,表情,身振りなどの助けを借りることもできる。表現は即座になされるのが普通なので,いわゆる不整表現が多い。一つ一つの表現は概して短いが,くり返しや言い換えが多く,理解を補う手段が講じられる。
【百科事典マイペディア】

外来語

| コメント(0)

 外来語とは、自国語に取り入れられた他国語。借用語とも。原音に忠実で,その同化が社会的に承認されないものは,区別して外国語と呼ばれる。語彙(ごい)の借用がほとんどで,音韻,文法は入りにくい。
【百科事典マイペディア】

片仮名

| コメント(0)

<片仮名/カタカナ/かたかな>
 片仮名とは、音節文字の一つで、日本語を表音的に表記する目的で,万葉仮名の漢字の字画の一部だけを採ったもの(伊がイ,呂がロなど)。また二がニ,八がハのように少画字の全画のこともある。
【百科事典マイペディア】

おむつかぶれの予防

| コメント(0)

 おしっこやうんちが出て、おむつを替えずにいると、アンモニアなどが皮膚に刺激を与え、おむつかぶれになることがあります。紙おむつの場合、吸収性が良いので、少しのおしっこで取り替えるのは、もったいないような気がするかもしれませんが、おしっこやうんちのたびに、こまめに取り替えることが、予防につながります。
 軟便のときや、おむつかぶれのときには、おむつ替えのたびにおしりをぬるま湯で流し、乾いてから、おむつをつけるようにしましょう。水分は、ティッシュでこすり取らず、抑えて吸い取るようにします。おしりが少し赤くなっている程度なら、おむつ替えのたびに洗うだけで、改善されることもあります。なかなかよくならなかったり、かぶれがひどくなるようなら、小児科を受診し、塗り薬を処方してもらいましょう。市販の薬を自己流で塗るのは、やめましょう。
<子育てお役立ち百科より>

暑い季節の外出

| コメント(0)

 暑い季節にベビーカーでお出かけするとき。赤ちゃんが長時間ベビーカーに乗っていると、背中が暑くなりますし、地面に近いので照り返しも大人以上に受けますから、水分補給はもちろん、こまめに休憩するようにしましょう。車で出かけるときも、チャイルドシートの背もたれが暑くなりますから、赤ちゃんに直接クーラーの風が当たらないように気を付けながら、車内温度の調整を心がけます。休憩地点や到着地で、眠っていて起こすのがかわいそうだからと、車内に放置するのは絶対にNGです。
こまめに汗を拭いたり、汗をかいたら着替えさせるなど、汗からの冷えにも気を付けましょう。赤ちゃんはシートベルトで固定されていて、身動きしにくく、暑い時期は、それだけでも体力を消耗します。余裕を持ったスケジュールと、休憩場所の事前の下調べ、着替えの準備をして出かけましょう。
<子育てお役立ち百科より>

ドーパミン

| コメント(0)

ドーパミンとは、幼児教育や子育てにとって大切な脳内ホルモンで、別名「やる気ホルモン(やる気快感ホルモン)」などと言われています。
 ドーパミンは、子どものやる気を促進させるのに一役買い、「人間らしさ脳」=前頭連合野を豊かに発達させる重要なものです。
 前頭連合野とは、思考・学習・決断・創造力・集中力・意欲・人格といった人間ならではの高度な機能を担当しており、社会的知性や感情的知性といったEQや、さらには自我といった知性の中でもより高度なものがここから生まれます。ドーパミンは、とくに幼児期の脳に作用し豊かに育てます。
 さて、このドーパミン分泌に一役買っているのが、お母さんやお父さんの「愛情」エッセンスです。愛してあげる事・優しく抱きしめてあげる事・幸せを感じさせてあげる事はもちろんですが、とくに「達成感」を与えてあげること、小さな成功体験を積みかさねること、誉めてあげること、興味や好奇心を持たせること、楽しく何かに集中すること等々、そんな時に子どもの脳の奥底ではドーパミンが溢れ出します。
 このドーパミンが分泌されると脳は覚醒し快感を得るので、さらに分泌を促すようになるわけです。「もっとうまくやりたい!」「もっと成功したい!」「もっと誉められたい!」等々、もっと、もっとと、より意欲的になり、さらに高度な達成感を求めていく......つまり、やる気を持ったデキル子へと育っていくわけです。
 幼児教育で大切なことは、達成することの楽しさ・好奇心をもたせて集中させる・想像力豊かに遊ばせる......などで、この様な良い環境を与えてあげると、一度ドーパミンの味をしめた脳は、もっともっと欲しくなり活性化し、さらに意欲的に取り組むようになり、ますます出来るようになるわけです。
(幼児教育事典より)

学級新聞

| コメント(0)

学級において、子ども達の手による企画や取材をもとに、印刷、発行され、さらに、配布または掲示された新聞をさす。学級新聞で取り上げられる主な内容として、学級生活に関すること、係活動等の報告・伝達、学級内外の行事の予告、などがある。

学級新聞づくりは、子ども達の自主性や自発性、それに協力的態度を養うほか、新聞・言論への興味・関心も育て、さらには、学級内のコミュニケーションを深めるなどの意義を持つ。
(教育関連用語集より)

おむつはずれの不安

| コメント(0)

 そろそろおむつはずれ完了かなと思っても、寒い日が続いたり、遊びに夢中になったりすると、トイレに間に合わなくておもらししてしまうというのはよくあること。親としては、もう大丈夫だろうと思っていたのにおもらしされると、「え、まだダメなの?」と精神的な負担を感じたり、洗濯も大変だったりしますから、つい「なぜ、おもらししちゃうの?」と子どもを怒ってしまうこともあると思います。
子どもはわざとおもらしするわけではありませんし、子ども自身の方が、「失敗しちゃった」という気持ちを強く持っている場合もあります。子どもを責めたり、叱ることは逆効果。かえって緊張してしまい、おむつはずれの機会が遠のくこともあります。「間に合わないこともあるよね」と受け止めてあげましょう。そのうちにおむつははずれるものです。
<子育てお役立ち百科より>

積木遊び

| コメント(0)

 積木遊びとは、積木でいろいろなものを作って遊ぶことです。
 最近ではさまざまなおもちゃがありますが、子どもたちはシンプルな積み木が大好きです。
 木の温もりも手になじみます。四角や三角や長方形......。赤ちゃんの場合は、両手に持って打ち鳴らし、音を楽しむこともあるでしょう。少し大きくなると、並べて三角や四角を組み合わせて、魚の形や木の形にしてみたり、家や庭などを想定して形作ってみたり。高く積み上げてみるのも楽しいし、それを一気に崩すのも面白いもの。崩すのも遊びの一つですから、叱ったり眉をひそめたりしないで一緒に遊びましょう。崩すことで、また新しいものを作り始められます。
他のおもちゃと組み合わせて遊ぶのも楽しいもの。おもちゃのお皿に並べると、ぬいぐるみの人形のごちそうになったり、電車のおもちゃを走らせる街並みになったり、想像力がどんどんふくらんでいきます。
<子育てお役立ち百科より>

愛息

| コメント(0)

<愛息/あいそく>
「愛息」とは、かわいがっている大切な息子。あるいは、他人の息子についていう。かわいがっている大切な娘は愛嬢という。
【デジタル大辞泉】

漢字

| コメント(0)

漢字とは、前1500年ごろ中国語の文字として中国で発明された表意文字。象形や抽象概念の表徴などから発生。後漢の許慎は《説文解字》で漢字の構造用法を六書(りくしょ)に分類した。
【百科事典マイペディア】

 「子養わんと欲すれども親待たず」とは、子供が大人になり、自分の親を養い孝行したいと思っても、親はそれを待ってはくれず、この世を先に去ってしまう、という意味のことわざ。
 親は子供よりも年上なので早く年をとり、先にこの世を去ってしまうので、親が元気な時に、親孝行をしなさいという教えのようです。 親を養って孝行することを「孝養」というようです。このことわざの前には、「樹、静かならんと欲すれども風止まず(きしずかならんとほっすれどもかぜやまず)」 =(樹が風で揺れている時に、樹が静かになるよう願っても、風が止まらなければ思いはかなわない)、という句があるようです。 いずれも、望むことと現実が思うように進まないことを、表現しているように感じます。 同じようなことわざに、「孝行のしたい時分に親はなし」があります。
(ことわざ学習塾より)

教育思想

| コメント(0)

 教育思想とは、教育に関する事項について、そのあるべき姿に対する、一定の理念的・価値的な判断を含む統一的な考え方をいう。
 ある特定の人物が著作において表現した理念的な言説で、その影響力において歴史的に評価されたものが教育思想と呼ばれる。
(保育ミニ辞典より)

送り仮名

| コメント(0)

送り仮名は、漢字と仮名を交えて日本語を記すとき,漢字の読み方を限定するために添える仮名。〈書く〉〈静か〉の〈く〉〈か〉など。もと漢文に訓点で字の読み方を注することから起こり,漢字仮名交じり文でも用いられた。
【百科事典マイペディア】

をこと点

| コメント(0)

「をこと点」とは、古く漢文訓読の際、漢字の読み方を示すために漢字の字面の四隅・上下・中央などに記入した符号。胡粉(ごふん)または朱で記した。平安初期に始まり、室町時代ごろまで行われた。仏家・儒家、またはその流派により種々の相違があった。儒家の代表的な点図の右上の二点が、「を」「こと」にあたるところからの称。
【百科事典マイペディア】

漢文

| コメント(0)

 漢文とは、漢代の文章の意だが,日本では中国語の語法によって漢字ばかりで書かれた文章の総称。広義には日本語を混じた(ただし漢字のみ)文をも含む。おそらく4―5世紀ごろ輸入された漢文は日本文化の源泉の一つであり,書記活動は漢文を借りて行われた。
【百科事典マイペディア】

金太郎

| コメント(0)

 金太郎は、足柄山の奥で山姥(やまうば)に育てられたという怪童。大江山の酒呑(しゅてん)童子退治に武功をたてた,源頼光四天王の一人坂田金(公)時の子供時代とされる。公時の名は《今昔物語集》などにも見えるが,物語の成立は室町時代。
【百科事典マイペディア】

公立保育所

| コメント(0)

 公立保育所とは、市町村が設置主体となり、児童福祉法第35条第3項の定めにより認可された保育所のこと。都
 道府県知事に届け出ることによって認可される。地域において保育に欠ける児童を保育所保育指針に基づいて保育することをめざしている。※公立の場合は「保育園」といわない。
(保育ミニ辞典より)

子は親を映す鏡

| コメント(0)

「子は親を映す鏡」とは、子供のふるまいを見れば、その親がどんな親であるかを知ることができるという意味のことわざです。
 親の考え方や言動(げんどう)が、そのまま鏡のように子供に映しだされる、ということから生まれたようです。
 毎日の生活をともにし、血もつながっていれば、当然のことと思われることわざです。 子供の考え方やその行動は、親が何を大切にし、どのような生活をしているかが、そのまま子供に影響を与えてしまい、その結果、親に似るということだと思われます。
(ことわざ学習塾より)

子を持って知る親の恩

| コメント(0)

「子を持って知る親の恩」とは、自分が親になり、子供を育てることがとても難しいことを体験してみて、親のありがたさを知るという意味のことわざ。
 自分が子供の頃は、わがままや病気やけがなどで、親を困らせたことがあっただろうと、 自分が子供を持ち、親の気づかいや苦労を体験して、親のありがたさを初めて実感する ということのようです。
(ことわざ学習塾より)

少年老い易く学成り難し

| コメント(0)

「少年老い易く学成り難し」とは、若いと思っても、すぐに年をとってしまう。しかし、学ばなければならい学問を、しっかり身につけるのは、なかなか難しいという意味のことわざ。
 時間というものは、あっという間に過ぎ去ってしまい、気がついた時にはもう老人になってしまい、学ぶべき学問は、いっこうに身につかない、ということになってしまうから、若いうちから、わずかな時間であっても、その時間を大切にして、学ぶべきであるという、いましめであり、朱子学を、まとめ上げた人の書いた詩のようです。
 この句の後ろには、「一寸の光陰軽んずべからず」=「短い時間だからといって、軽く見てはいけない」という句が続いているようです。
(ことわざ学習塾より)

学級通信

| コメント(0)

 学級や学校における子ども達の生活や学習状況、あるいは学級にかかわるさまざまな問題について、保護者に伝え理解を求めるために、学級担任が発行する連絡広報紙。学級担任のねらいや方針によって作成され、その発行間隔や内容・形式等は様々であり、呼称も多様に存在する。  
 情報化が進展し、マスコミが教育に関する情報の発信にも大きな支配力を有する社会にあっても、学級を土台にした教師と保護者とのコミュニケーションの重要な手段として、教師の手作りによる学級通信が担う意義には大きなものがある。
(教育関連用語集より)

2歳児の着脱

| コメント(0)

 友達との関わりが増えてきたこの頃、友達に自分の服を貸したり、交換して着る姿も見られるようになります。
 また、2歳半には自分の着替えもやってないのに、友達の着替えの手伝いをする子供もでてきます。その時は着替えを手伝ってあげる事も褒めながら、自分の着替えをするように促してあげましょう。
 自分で何でもやりたがるこの時期は、ボタンかけが出来なくても挑戦しようとする姿がみられます。その時は優しく見守って、出来ないと言ってきた時やころ合いを見て、手伝ってあげましょう。
 2歳時期には、着替えを自分で全部出来るように、大人は声をかけ、一人で出来るように援助してあげましょう。脱いだくつも自分で靴箱に片付けられるのでやらせてみましょう。もちろん、大人が率先して見本を見せる事が大切です。
 2歳後半には自分の脱いだジャンバーの裏返しを直すのに、自分で出来るように大人が援助していきましょう。また、ジャンバーのジッパーをあげるのも出来る様になるので、やらせてみて下さい。
 着替えの機会が増え、自分で着替えが出来る様になるので、衣類は自分で出したし、汚れ物をしまったり出来る場所を決め、一人で全て出来る環境を作ってあげる事が大切です。
 着替えをなかなかしない子供には、「早くしなさい」「どうして着ないの?」とうるさく言わず、「ママと競争ね。どっちが早いかな?」と競争したり(勝ち負けではないので例え遅くても褒めてあげる)、「着替え早く出来たんだよってパパに教えてあげようか?」等、と色んな言葉掛けをして、子供のやる気を引き出して下さい。この時期は出来ることを、褒めてあげましょう。
(子育て用語辞典より)

幼児虐待

| コメント(0)

 幼児虐待は、身体的暴力だけでなく、言葉の暴力も含まれる。さらに、心理的虐待や性的虐待、養育放棄も幼児虐待となる。
 時にはカッとなって、思わず手が出てしまうこともあると思いますが、体罰は、物事の本質を見失うばかりか、我が子にとって後々までの心の傷になってしまう場合が多いものです。
(幼児教育事典より)

PQ

| コメント(0)

PQとは、前頭前野がもたらすヒトをヒトたらしめる意識や知性、知能、感情制御、社会性をもたらす機能の総称である。
Potentiality Quotientの頭文字をとったもので、潜在能力指数という意味であったが、この意味でのPQは、2005年にはHQ(Humanity/Hyper-Quotient )に改称された。
 幼児教育や子育てでは、幼児期にPQへの適切な刺激を与えてあげることが重要。
 「自我」と「社会的知性」と「感情的知性」は、それぞれ前頭連合野の別の領域にあるが、これらの知性は前頭連合野が担う中心的な知性群であるので、これらの知性群を総称し前頭連合野(前頭前野)の知性として「PQ(前頭前知性)」と、脳科学者澤口俊之氏は称した。
 PQは、自分の持つ多重知性(言語的/絵画的/空間的/音楽的/論理数学的/身体運動的/社会的/感情的知性など)の統括者として、その能力を把握してうまく操りながら将来へ向けた計画を立て、社会関係と自他の感情を適切に理解・コントロールしつつ社会の中で前向きに生きるための知性であると言う。

[PQの働きの例]
* 他の霊長類は数時間先の時間という制約さえ超えられないが、ヒトは数年先、数十年先を見越して、計画や展望、夢を抱くことができる。
* ヒトほど自主性や主体性を持っている動物はいない。
* PQは幸福感と達成感の中心となる。
(幼児教育事典より)

ゲーム脳

| コメント(0)

ゲーム脳(ゲームのう)は、日本大学文理学部体育学科教授の森昭雄が、2002年7月に出版した著書『ゲーム脳の恐怖』(NHK出版)において提示した前頭前野のβ波が低下した状態を表す仮説を示した造語である。現在では疑似科学(ニセ科学)とされている。
 森は、独自開発の簡易脳波計でゲーム中の脳波を測定する実験によって、「テレビゲーム(正確にはコンピュータゲーム全般)・携帯電話のメール入力・パソコンといった電子機器の操作が人間の脳に与える悪影響」を見出したと主張している。ここでいう「脳に与える悪影響」とされるものを象徴的な言葉で表現したのがゲーム脳である。
 しかしこの仮説は、一般向けの書籍や講演会、マスメディアを通して広められているものであり、他の科学者が同じ条件で科学的に検証するための材料となる正式な論文は、2002年7月に提唱されて以降、2012年1月現在に至るまで発表されていない。
(フレッシュアイペディアより)

アカウンタビリティ

| コメント(0)

 今日「開かれた学校」との兼ね合いから、学校にアカウンタビリティ(訳語としては「説明責任」)が問われるようになってきた。これは、学校の教育目標・教育計画・経営方針とそれらの達成状況を保護者や地域住民に対して説明するということである。
 さらには、不登校や校内暴力・いじめ・学級崩壊など、今日の学校を取り巻く様々な問題が指摘される中で、これらの問題の実態とそれへの取り組みは、学校外の人々には見えるものとなっておらず、このことが学校に対する不信の大きな原因にもなっていたといえる。  
 アカウンタビリティは、こうした従来の学校の不透明さを払拭し、学校のありのままの現実の姿を保護者や地域住民に明らかにし、それを踏まえて学校と保護者、地域住民がともに話し合い、関わり合うことで、三者の間に連携・協力関係を構築することが、その大きな目的といえるであろう。
(教育関連用語集より)

学級経営案

| コメント(0)

学級経営案とは、学級の学習および生活の環境を構想し整備をはかるために学級担任が作成するプランをさす。子どもの実態に即して作成された、子どもの身近にある経営案として、その存在は重要である。  
 学級経営案は、学校や学級の教育目標の具現化をはかるものであり、学級における教育活動の指針となるものであって、学級全体についての総合的な見通しをもって作成することが大切である。また、学級担任自らが学級経営について振り返り反省をはかるものである。したがって、年度当初に形式的に作成し、書類の綴りの中にしまい込んでしまうものではなく、子ども達の変化を把握しながら修正をはかり、活用していくことが大切である。  
 学級経営案の内容として、学級の教育目標および学級経営の方針、学級の実態、学級経営の計画、学級事務、学級経営の評価、などがあげられる。  
 学級担任の創意をもとに、担任する学級のリーダーの育成、グループの編成と指導、係や委員会のプラン、各教科等の指導方針、教室環境の整備、保護者とのコミュニケーションの方針や方法、などを学級経営案に記述することが大切である。
(教育関連用語集より)

パパの日

| コメント(0)

 8月8日はパパの日。
 2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災以降、家族の絆の大切さを感じる人が増え、家事の分担、子育てに積極的なイクメン、料理をする主夫などが多くなったことから、企業の広告などを手がけるシーレックス株式会社のコミュニケーションサービスカンパニー(CSC)が制定。この日はパパが家族のために家事や育児、買い物などをする日とし、スーパーや食品メーカーとキャンペーンを行う。日付は8と8で「パパ」と読む語呂合わせ。
(日本記念日協会より)

発達期待

| コメント(0)

 発達期待とは、このように発達してほしいという子どもの発達に関する期待のこと。
 このような性格になってほしい、このような能力を発達させてほしい、ある性質や能力あるいは行動様式をこのくらいの年齢くらいまでに身につけておいてほしいなど、とくに発達してほしい内容や時期、方向性について、子どもは両親や教師をはじめとする周囲の関わりのある大人たちからさまざまな期待を突きつけられる。そうした発達期待には、期待する大人や期待される子どもが明確に自覚している場合もあるが、双方が意識しないままに「期待し、期待に応える」といったプロセスが機能している場合もある。
 性別に基づき性役割を身につけていくのも、出生順位に基づいて長子らしさや末っ子らしさを身につけていくのも、発達期待によるところが大であると考えられる。
(教育関連用語集より)

ポロネーズ

| コメント(0)

 ポロネーズは、ポーランドの民族舞曲。3拍子系で,アクセントが2拍めにおかれるのが今日の形態。農民の歌や踊りがのちに宮廷儀式に用いられ,バロック時代のF.クープラン,J.S.バッハ,テレマン,ヘンデルらも作品を残した。
【百科事典マイペディア】

マリンバ

| コメント(0)

 マリンバは、ラテン・アメリカの木琴。アフリカ東部や南部では,木琴や親指ピアノを指す。ラテン・アメリカでは主にアフリカから伝わった瓢箪の共鳴体のついた木琴を指すが,19世紀ブラジルではアフリカ起源の瓢箪の共鳴体のついた親指ピアノをも指し,コロンビアでは気鳴楽器以外のあらゆる旋律楽器を指す。
【百科事典マイペディア】

宮城道雄

| コメント(0)

 宮城道雄は、地歌・箏曲家,作曲家。神戸生れ。8歳で失明し,2世および3世中島検校に師事。1907年朝鮮(現,韓国)の仁川に移住。1917年上京。以後葛原しげるらとともに新しい箏曲の作曲を始め,尺八の吉田晴風らとともに〈新日本音楽〉の運動を興し,洋楽をとり入れた新傾向の邦楽を発表。(1894-1956)
【百科事典マイペディア】

青い鳥

| コメント(0)

青い鳥は、メーテルリンクの童話劇。《L'Oiseau bleu》。6幕。1908年モスクワ芸術座初演。クリスマス前夜,チルチルとミチルの兄妹は,幸せの使いである青い鳥を求め,妖精に導かれて思い出の国,幸福の園,未来の国などをめぐるが,どこにも見つからず,目がさめてみると,枕元の鳥かごに青い鳥がいた。
【百科事典マイペディア】

言語

| コメント(0)

 言語とは、音声や文字によって、人の意志・思想・感情などの情報を表現・伝達する、または受け入れ、理解するための約束・規則。また、その記号の体系。音声を媒介とするものを音声言語(話し言葉)、文字を媒介とするものを文字言語(書き言葉)、コンピューターなど機械を媒介とするものを機械言語・アセンブリ言語などという。ことば。ごんご。げんぎょ。
(大辞泉より)

阪田 寛夫

| コメント(0)

 阪田 寛夫(さかた ひろお、1925年10月18日 - 2005年3月22日)は、日本の詩人、小説家、児童文学作家である。作曲家の大中恩は従兄弟、女優で宝塚歌劇団の元花組男役トップスター大浦みずきは次女にあたる。
 童謡「サッちゃん」「おなかのへるうた」「ともだち讃歌(リパブリック讃歌)」「誰かが口笛ふいた(フランスの行進曲 Le Regiment de Sambre et Meuse)」などの作詞者としても知られる。また、NHK全国学校音楽コンクールのために「かたつむりのうた」や「君は夕焼けを見たか」などを作詞した。
(ウィキペディアより)

民俗音楽

| コメント(0)

 民俗音楽は、階層化された社会における,基層社会の伝承音楽。上層において営まれる芸術音楽に対するもの。専門化された職業的音楽家によらない音楽,たとえばわらべうた,民謡,民俗芸能の音楽などを指す。
【百科事典マイペディア】

歌がるた

| コメント(0)

 歌がるたは、和歌の上の句,下の句を分けて書いたかるたを用いる日本独自の室内遊戯。貝覆(かいおおい)が天正かるたの影響により紙製となって,江戸初期に生まれたという。本来は歌をおぼえるための教育的な遊戯で,《小倉百人一首》を用いたもの(札数200)が普及。
【百科事典マイペディア】

浦島太郎

| コメント(0)

 浦島太郎は、室町時代成立の御伽(おとぎ)草子。丹後国の漁夫浦島太郎が亀を助けた縁で,竜宮におもむき美女に化した亀と契り,のち帰郷して玉手箱を開くと白髪の翁となったという話。
【百科事典マイペディア】

絵文字

| コメント(0)

 絵文字は、ある観念をそのまま図形,またはその結合によって示したもの。幾度も繰り返して使用して,一定の絵と観念が慣習的に結びつけば文字になる。アメリカ・インディアンにみられる絵による年代記,通信などがそれで,象形文字へ発達する原型である。
【百科事典マイペディア】

小倉百人一首

| コメント(0)

 小倉百人一首は、鎌倉前期に成立した秀歌撰,最初の,もっとも親しまれてきた〈百人一首〉。藤原定家撰。ただし後人が補訂したとの説もある。《明月記》に,1235年,宇都宮頼綱(蓮生)の依頼により,障子に貼る色紙のために,天智天皇より家隆・雅経に及ぶ古来の歌人の歌各1首を選定し,染筆した旨の記事があり,百人一首の成立を語るものとみられる。
【百科事典マイペディア】

お伽噺

| コメント(0)

<お伽噺/おとぎ話>
お伽噺は、大名の話相手である御伽衆の手で整理・修飾された昔話のこと。今は童話の一形式。〈かちかち山〉〈桃太郎〉はその典型。
【百科事典マイペディア】

風の又三郎

| コメント(0)

 風の又三郎とは、宮沢賢治の童話。制作年は不明だが,初題《風野又三郎》をもとに何度も改作したらしい。秋に東北の山奥の分教場に転校してきた少年を子どもたちは伝説の風の又三郎と思いこむ。
【百科事典マイペディア】

伝達力

| コメント(0)

 伝達力とは、自分の考え・意志・感情を相手に伝えることが出来る能力のことです。
 生まれたばかりの赤ちゃんは、泣くことで相手に意志を伝えています。そして、成長する過程で運動能力や言語力を身に付けていきます。その発達により表情だけでなく、動作・身振り・言葉・文字などで自分の意志を伝えるようになります。
 個人の性質にも個性が出てくるので伝え方や表現方法にも個人差が出てきます。
子どもは「伝えたい」「分かって欲しい」という欲求が強く、まわりの大人はその欲求を満たしてあげることが大切です。
上 手く伝えられないときは、どうしたらよいのか「伝え方」や「伝える手段」を教えてあげることも大切です。
(幼児教育事典より)

幼児脳

| コメント(0)

 大人の脳の重さは約1300〜1400gですが、生まれたばかりの新生児の脳は約300〜400gです。ところが、1年後には約2倍、3年後には約3倍と爆発的に巨大化し、その後6才までで成人の約90%までになります。
 そして、残りの10%は二十歳位までゆ〜くりと成長していき完成します。その後は、次第に減少していき老年期の頃には6才児よりも脳重は少なくなります。
しかし、いくら6才で成人並みの脳の大きさを持っているからといって、中高生並に知能・知性があるかと言えば、当たり前ですが、あるわけはありません。言葉もまともに話せません。チンパンジーより脳は大きいのに、チンバンジーよりも知能が高いかというとそうでもはありません。
そこで必要となるのが「幼児教育」なのです。
人は6才位までの幼児期に、年齢や月齢に応じた「刺激=幼児教育」により幼児の脳は飛躍的に発達し、子どもの可能性が大きく広がっていきます。
(幼児教育事典より)

心の森

| コメント(0)

「心の森」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校高学年の部に選ばれた本です。
【(金の星社) 著者:小手鞠るい・作】
【内容の紹介】
 父の転勤で、少年はアメリカの小学校に転校する。少年の名は響。英語がわからず、友だちもいないので、最初はとまどいながらも、新たな生活がはじまる。ある日、家の裏庭に続く森で、響は不思議な少女に出会う。少女は何も話さず、笑顔で見つめるだけ。名前をたずねると、一輪の花を手渡す。それが彼女の名前、デイジー。その後も、響はデイジーに会うようになり、森の動物とふれあいながら、彼女の優しさに心ひかれていく。だが、デイジーには、思いもよらない秘密があった...。
(楽天ブックスより)

走れ!マスワラ

| コメント(0)

「走れ!マスワラ」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校高学年の部に選ばれた本です。
【(PHP研究所) 著者:グザヴィエ=ローラン・プティ・作 浜辺貴絵・訳】
【内容の紹介】
 ひたすら走る母を心配しながら、たびたび心臓発作におそわれる娘シサンダ。不思議な力をもつ祖母、変わり者のおじさん。そんな家族を見守る、学校や村の人たち。人と人のきずながあたたかい感動の物語。フランスで異国をテーマにした優秀作品に贈られる「アメリゴ・ヴェスプッチ賞」受賞作を翻訳。
(楽天ブックスより)

わたしのひかり

| コメント(0)

「わたしのひかり」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校高学年の部に選ばれた本です。
【(評論社) 著者:モリー・バング・作 さくまゆみこ・訳】
【内容の紹介】
 わたしは太陽!町のあかりが、きらきらひかっています。まるで、夜空の星がおちてきたみたいに。あのあかりも、もともとは、わたしのひかりなのですよ。わたしの物語をきいてください。そしてエネルギーと電気のことを考えてみましょう。
(楽天ブックスより)

ピアノはともだち

| コメント(0)

「ピアノはともだち」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校高学年の部に選ばれた本です。奇跡のピアニスト辻井伸行さんの秘密です。
【(講談社) 著者:こうやまのりお・著】
【内容の紹介】
 全盲で生まれた辻井伸行君は、0歳で有名ピアニストの音色を聴きわけ、2歳で『ジングルベル』を伴奏する神童でした。その後も、小6でコンサートを成功させ、高2でショパン・コンクールに挑戦、と快進撃は続きます。
(楽天ブックスより)

地をはう風のように

| コメント(0)

「地をはう風のように」は、2012年(第58回)の課題図書、中学校の部に選ばれた本です。
【(福音館書店) 著者:高橋秀雄・作 森 英二郎・画】
【内容の紹介】
 何もかも吹き飛ばす荒々しい風。どん底の生活。だれかの温かい眼差し。あわい初恋。本当の幸せ、そして強さ。
(楽天ブックスより)

怪物はささやく

| コメント(0)

「怪物はささやく」は、2012年(第58回)の課題図書、中学校の部に選ばれた本です。
【(あすなろ書房) 著者:パトリック・ネス・著 シヴォーン・ダウド・原案 池田真紀子・訳】
【内容の紹介】
 史上初!本年度、イギリス児童文学賞最高権威の  カーネギー賞とグリーナウェイ賞をダブル受賞!ある夜、怪物が少年とその母親の住む家に現われたーそれはイチイの木の姿をしていた。「わたしが三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。
(楽天ブックスより)

地球の声に耳をすませて

| コメント(0)

「地球の声に耳をすませて」は、2012年(第58回)の課題図書、中学校の部に選ばれた本です。
【(くもん出版) 著者:大木聖子・著】
【内容の紹介】
 2011年3月11日。あのとき、なにが起きたのか?命を守るために、みなさんにもできる、地震研究のヒント。
(楽天ブックスより)

オン・ザ・ライン

| コメント(0)

「オン・ザ・ライン」は、2012年(第58回)の課題図書、高等学校の部に選ばれた本です。
【(小学館) 著者:朽木 祥・著】
【内容の紹介】
 体育会系だが活字中毒の少年侃は、仲よくなった友だちに誘われてテニス部に入ることになった。テニス三昧の明るく脳天気な高校生活がいつまでも続くように思えたが...。少年たちのあつい友情、そして、明日への希望の物語。
(楽天ブックスより)

ダーウィンと出会った夏

| コメント(0)

「ダーウィンと出会った夏」は、2012年(第58回)の課題図書、高等学校の部に選ばれた本です。
【(ほるぷ出版) 著者:ジャクリーン・ケリー・作 斎藤倫子・訳】
【内容の紹介】
 1899年、新世紀を目前にしたテキサスの田舎町。11歳のキャルパーニアは、変わり者のおじいちゃんの「共同研究者」となり、実験や観察をかさねるうち、しだいに科学のおもしろさにひかれていきますが...。ニューベリー賞オナー作。
(楽天ブックスより)

パスタでたどるイタリア史

| コメント(0)

「パスタでたどるイタリア史」は、2012年(第58回)の課題図書、高等学校の部に選ばれた本です。
【(岩波書店) 著者:池上俊一・著】
【内容の紹介】
 「パスタを食べることでイタリア人はイタリア人であることを自覚する」。地域色の強いイタリアで、人々の心を結ぶ力をもつパスタ。この国民食は、いつ、どのように成立したのでしょう。
(楽天ブックスより)

「カモのきょうだいクリとゴマ 」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校中学年の部に選ばれた本です。
【(アリス館) 著者:なかがわちひろ・作・絵】
【内容の紹介】
 卵からかえったのは...あまえんぼうのクリ、くいしんぼうのゴマ。二羽がわが家で育って旅立っていった、ひと夏のお話です。
(楽天ブックスより)

緊急避妊法

| コメント(0)

 避妊に失敗した場合の緊急避妊法として性交後避妊法がある。性交後72時間以内に中用量ピルを2錠内服、その12時間後に同量を服用するもので、失敗率は2%前後。
【知恵蔵2010より】

シンコペーション

| コメント(0)

 シンコペーションとは、音楽用語で、強拍と弱拍の正常なリズムがずれて,弱拍のところに強いアクセントが置かれること。ジャズではシンコペーションによる演奏を原則とする。
【百科事典マイペディア】

ヨーデル

| コメント(0)

 ヨーデルは、スイス,オーストリア(ティロル),南ドイツ(バイエルン)などアルプス地方の民衆や牧人の民謡およびその歌唱法。胸声と裏声(ファルセット)の急速な交代,旋律の上下動を特色とする。
【百科事典マイペディア】

和琴

| コメント(0)

 和琴とは、東琴(あずまごと)とも。日本固有の唯一の弦楽器。雅楽の神楽(かぐら)歌,東遊(あずまあそび),久米(くめ)歌,大歌などに用いられる。6弦で胴はキリで作られ箏(そう)と同様に柱(じ)で調弦する。
【百科事典マイペディア】

赤本

| コメント(0)

 赤本は、草双紙の一種。江戸で延宝・天和(1673年―1684年)ころから童幼向けに書かれた丹色(にいろ)表紙の絵本。享保ころまで続く。主作品は《桃太郎》《舌切雀》《はちかつぎ姫》《頼光山入》など。
【百科事典マイペディア】

漢和辞典

| コメント(0)

 漢和辞典とは、漢字・漢語の意味・読み等を日本語で解説した辞典。外国語辞典としてではなく,国語の中の漢字に関する事柄を解説するという態度が強い。注される読みも中国語音としてではなく,日本化した日本漢字音が付けられている。
【百科事典マイペディア】

子は鎹

| コメント(0)

<子は鎹/子はかすがい>
 子は鎹とは、子供は、夫婦の仲をつなぎとめてくれる、強い釘のようなものであるというたとえです。
 夫婦は、長年、生活を共にしていると、夫婦仲も、それ程、うまくいかない時もあるでしょうが、 夫婦の間に、子供がいれば、そのことによって、その夫婦の縁が強く結ばれているということ。 鎹(かすがい)は、木材をしっかり固定する為に使う釘のようなもので、それと同じように、 親の子供への愛情は、夫婦の仲を強く結びつけてくれる、一つの要因になっていると、 いうことのようです。もともとは、「子は夫婦の中のかすがい」と言っていたようです。
 ※ 鎹=「かすがい」と読み、2つの木材を、つなぎ合わせるために使う コの字型をしたくぎ。
(ことわざ学習塾より)

子の心、親知らず

| コメント(0)

<子の心、親知らず/子の心親知らず>
子の心、親知らずは、親は、子供が、一生懸命に考え、努力していることを、予想以上に理解することができない、 という意味のことわざです。
 親は、子供が、いつまでも、幼いままだと思っているので、日々、成長している子供の 本当の気持ちが、よく見えないということ。また、成長している子供が、予想以上に、 立派な考えを持ち、努力していることを知ろうとしないので、子供が何も考えていない かのように勘違いして、思い込んでしまうということのようです。この句は、 「親の心、子知らず」を反論した句のようです。
(ことわざ学習塾より)

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」は、心と体は、ひとつであり、体が健康であれば、 心も健康でいられる、という意味のことわざ。
 健康な体には、正しく元気な心が育ってくるので、体を健康に 保つことは、大切であるということのようです。
 このことわざは、ローマの詩人、 ユベナリスが作ったもので、英語では、「A sound mind in a sound body.」となり、 「健康な身体に宿る健康な精神を望むべきである」となるようです。
(ことわざ学習塾より)

うりこひめとあまのじゃく

| コメント(0)

 「うりこひめとあまのじゃく」は、日本の昔話のタイトルです。
 瓜から生まれた瓜子姫が主人公の日本民話。 桃太郎のように、植物から生まれた人物が活躍する民話の一つである。日本全国に広く分布しており、話の展開が地方によって異なる。 また、主人公の名前も瓜子姫のほか、瓜姫(うりひめ)、瓜姫子(うりひめこ)、瓜子織姫(うりこおりひめ)、瓜娘(うりむすめ)などとなる場合もある。
(ウィキペディアより)

日食網膜症

| コメント(0)

 日食網膜症とは、日食を直視することで太陽の強い光線が目に入り、網膜に障害をきたすこと。
 日光網膜症ともいう。目に痛みや熱さを感じたり、疲労感やめまいが起こったりすることもある。網膜の細胞が受けた損傷の程度によっては、視力低下が起こり、視野の中央に中心暗点が残ることもある。古くから知られる障害で、日食のたびに世界中で症例が報告されてきており、2012年5月21日の金環日食に先駆けて日本眼科学会、日本眼科医会が、太陽を直視しないよう呼びかけた。
  可視光線のうちの青色光と、赤外線などにより、目の中の視色素から活性酸素などが生じるのが原因とされている。活性酸素はしばらく眼内にとどまるため網膜の損傷は徐々に進むことがあり、観察中や観察直後に無症状であっても、数時間後、翌日、あるいは数日経ってから症状が出現する場合もある。
 特にリスクが高いのは、晴れた日の観察、眼球の透過性の高い乳幼児や小児、白内障で眼内レンズを挿入している人などである。また、観察の途中で休憩を入れても、観察時間の合計が長くなるほどリスクは高まる。
炎症を抑えるためにステロイドが投与されることもあるが、有効性はまだ確かめられていない。
  日食網膜症を予防するためには、青色光や赤外線を遮断できる日食観察グラスを通して観察する必要がある。また、ピンホールを通してできる影や、小さな鏡で壁などに投影した像を間接的に観察する方法もある。黒い下敷きやサングラス、すすを塗ったガラスなどでは、網膜症を引き起こす光線を遮断できないので、日食網膜症の予防にはならない。【知恵蔵2011より】

コルネット

| コメント(0)

 コルネットとは、19世紀初期に発明された金管楽器。一時はトランペット以上にオーケストラの楽器として重んじられた。現在オーケストラで用いられるのはまれだが,吹奏楽で常席を占める。
【百科事典マイペディア】

五線譜

| コメント(0)

 五線譜とは、平行な5本の水平線を引いて,音符を記入し,上下の関係で音の高低を表す楽譜。五線譜表。音部記号によって音の高さが指示される。拍のまとまりごとの仕切り線を小節線といい,これによって分割された1区画を小節barという。
【百科事典マイペディア】

木管楽器

| コメント(0)

 木管楽器とは、管楽器の一種。西洋の音楽用語で,木材製の意であるが,フルート,サクソフォーンなど現在は金属製になっているものも含む。管には管側孔をあけ,これを指で開閉することによって管の実効長を変え必要な音を得る。
【百科事典マイペディア】

安川加寿子

| コメント(0)

 安川加寿子は、ピアノ奏者,音楽教師。兵庫生れ。パリ音楽院でピアノ奏者ラザール・レビ〔1882-1964〕に学び,ヨーロッパ各地で演奏。1939年に帰国,以後はフランスの近代ピアノ音楽を日本に広く紹介するとともにフランス系の教育メソッドを導入。(1922-1996)【百科事典マイペディア】

ヤマハ

| コメント(0)

<ヤマハ/YAMAHA>
ヤマハは、日本の楽器メーカー。創業者山葉寅楠によって1889年山葉風琴製造所として設立。1897年日本楽器製造に改称。明治・大正・昭和を通じオルガン,ピアノ,ハモニカなどを製造。1987年現社名に改称。
【百科事典マイペディア】

陽旋法

| コメント(0)

 陽旋法は、日本伝統音楽の音組織の一つとして明治以来一般に考えられてきた,半音のない旋法。田舎節とも。しかし現在では,日本伝統音楽の音組織は旋法ではなく音階であること,根本的に性質の異なる民謡音階と律音階がこの語の中に混同されていること,などの理由で誤りとされている。
【百科事典マイペディア】

らっぱ

| コメント(0)

<らっぱ/ラッパ/喇叭>
 喇叭は、唇の振動によって鳴らすリップ・リード(リード)の吹奏楽器(トランペット,ホルンなど)の総称。もともとは中国古代,軍事信号用などに用いられた金属製吹奏楽器の名で,号筒(ごうとう)ともいった。
【百科事典マイペディア】

ハルモニウム

| コメント(0)

 ハルモニウムは、金属性のフリー・リードを発音体としてもつ箱状据置鍵盤楽器。発音に必要な送風は,奏者自身が両足を使って操作する足踏式ふいごによる。風がリードを通って吹き出す式のものと,リードを通して風を吸い込む式のものとあり,後者が日本では普及し,〈リード・オルガン〉あるいは単に〈オルガン〉と呼ばれている。アコーディオン,バンドネオンは,発音機構は同じであるが,形態,演奏法が異なるので,この中には含まれない。 19世紀初め,教会のパイプ・オルガンより小型で,音色は類似した楽器の考案がヨーロッパ各地で行われた。
【百科事典マイペディア】

和音

| コメント(0)

 和音は、コード(chord)ともいう。高さの異なる音が同時に響いてできる合成音。協和音と不協和音に区別することが多い
【百科事典マイペディア】

レコードプレーヤー

| コメント(0)

 レコードプレーヤーは、電気蓄音機のレコード演奏装置。レコードをのせるターンテーブル,これを回転させるモーター,音声振動を電気振動に変えるピックアップ,これを支えるトーンアーム等からなる。
【百科事典マイペディア】

キリスト教保育

| コメント(0)

 キリスト教保育とは、キリスト教による人間教育を行う保育である。愛と奉仕というキリスト教の中心的な精神を、日常の生活や保育、行事の中で実践し、子どもに経験させる。キリスト教保育の歴史は、1549年にザビエルが鹿児島に上陸して、キリスト教の布教を始め、教会学校をつくって児童・幼児の保育をしたときにまで逆のぼる。キリスト教保育は我が国の保育に貢献し、多大な影響を与えて広く受け入れられている。
(保育ミニ辞典より)

食わず嫌い

| コメント(0)

<食わず嫌い/くわずぎらい>
「食わず嫌い」は、まだ、ほとんど食べたことがないので、その味を知らないくせに、その食べ物が、きらいであると、 決めつけて、全く、食べようとしないこと。
 別のたとえの意味として、まだ、あることを、やってみたこともなく、また、よく知っている わけでもないのに、そのあることを、きらって、全く手をつけたり、興味を持とうとしない ことを言うようです。「食わず嫌い」の原因は、初めて、経験した時の、いやな思いが、あるため、 そのことが、好きになれずに、避(さ)けてしまうことが多いようです。 「食べず嫌い(たべずぎらい)」とも言います。
(ことわざ学習塾より)

幼児期における運動の意義

| コメント(0)

 幼児は心身全体を働かせて様々な活動を行うので、心身の様々な側面の発達にとって必要な経験が相互に関連し合い積み重ねられていく。このため、幼児期において、遊びを中心とする身体活動を十分に行うことは、多様な動きを身に付けるだけでなく、心肺機能や骨形成にも寄与するなど、生涯にわたって健康を維持したり、何事にも積極的に取り組む意欲を育んだりするなど、豊かな人生を送るための基盤づくりとなることから、以下のような様々な効果が期待できる。

(1) 体力・運動能力の向上

 体力は人間の活動の源であり、健康の維持のほか、意欲や気力といった精神面の充実にも大きくかかわっており、人が生きていくために重要なものである。特に幼児期は、神経機能の発達が著しく、タイミングよく動いたり、力の加減をコントロールしたりするなどの運動を調整する能力が顕著に向上する時期である。この能力は、新しい動きを身に付けるときに重要な働きをする能力であるとともに、周りの状況の的確な判断や予測に基づいて行動する能力を含んでおり、けがや事故を防止することにもつながる。このため、幼児期に運動を調整する能力を高めておくことは、児童期以降の運動機能の基礎を形成するという重要な意味を持っている。
 また、日ごろから体を動かすことは、結果として活動し続ける力(持久力)を高めることにもつながる。

(2)健康的な体の育成

 幼児期に適切な運動をすると、丈夫でバランスのとれた体を育みやすくなる。特に運動習慣を身に付けると、身体の諸機能における発達が促されることにより、生涯にわたる健康的で活動的な生活習慣の形成にも役立つ可能性が高く、肥満や痩身を防ぐ効果もあり、幼児期だけでなく、成人後も生活習慣病になる危険性は低くなると考えられる。また、体調不良を防ぎ、身体的にも精神的にも疲労感を残さない効果があると考えられる。

(3)意欲的な心の育成

 幼児にとって体を動かす遊びなど、思い切り伸び伸びと動くことは、健やかな心の育ちも促す効果がある。また、遊びから得られる成功体験によって育まれる意欲や有能感は、体を活発に動かす機会を増大させるとともに、何事にも意欲的に取り組む態度を養う。

(4)社会適応力の発達

 幼児期には、徐々に多くの友達と群れて遊ぶことができるようになっていく。その中でルールを守り、自己を抑制し、コミュニケーションを取り合いながら、協調する社会性を養うことができる。

(5)認知的能力の発達

 運動を行うときは状況判断から運動の実行まで、脳の多くの領域を使用する。すばやい方向転換などの敏捷な身のこなしや状況判断・予測などの思考判断を要する全身運動は、脳の運動制御機能や知的機能の発達促進に有効であると考えられる。
 幼児が自分たちの遊びに合わせてルールを変化させたり、新しい遊び方を創り出したりするなど、遊びを質的に変化させていこうとすることは、豊かな創造力も育むことにもつながる。

(文部科学省幼児期運動指針策定委員会)

エピペン

| コメント(0)

 エピペンは、ハチ毒、食物及び薬物等によるアレルギーを治す薬剤ではなく、アナフィラキシーの症状を緩和するために、自己注射する補助治療剤です。
 エピペンには、アナフィラキシー発現時の治療に用いられるアドレナリンの薬液と注射針が内蔵されています。
 オレンジ色の先端を太ももの前外側に強く押し付けるだけで、バネの力により一定量(約0.3mL)の薬液が筋肉内に注射されるしくみになっています(自分で量を計る必要はありません)。
 最近では、食物アレルギー対応として、飲み薬だけでなく、エピペンを預かる保育園のあるという。
(マイラン製薬hpより)

はしかの日

| コメント(0)

 8月4日ははしかの日です。
 麻しん(はしか)は毎年春から夏にかけて流行し、特に平成19年には10代、20代を中心に流行、多くの学校が休校、学校閉鎖の処置をとるなど、社会的な問題となりました。
 麻しんは、麻しん患者のせきやくしゃみなどによって感染し、感染力はきわめて強く、感染した人の90%以上が発症するといわれています。
 国では、麻しん対策として「麻しんに関する特定感染症予防指針」により、平成24年度までに麻しん排除を達成することを目標としています。
麻しんに有効な予防方法は、麻しんワクチンを接種し、あらかじめ免疫を獲得しておくことです。
福岡市医師会保育園・幼稚園部会では、8月4日を「はしかの日」、平成24年度は8月1日~8月7日までを「はしか予防接種強化週間」として、 麻しんワクチンの予防接種をより一層の推進を図ることとしました。
(福岡市医師会HPより)

標準音

| コメント(0)

 標準音は、標準基音,標準高度,標準調子,絶対調子,基準調子などともいう。standard pitch。音楽で用いる音の高さの基準とされる音。西洋音楽では19世紀後半から各国の協議で1点イ音を標準にその統一が図られ,現在は1939年の国際協定により,国際基準高度1点イ(A)=440Hz(ヘルツHertz)が演奏会高度として楽器の調律などに使用されている。
【百科事典マイペディア】

裏声

| コメント(0)

 裏声は、邦楽の発声法。地声すなわち表声に対する声のことで,普通の自然な発声では出せない高い音を技巧的な発声法によって出す。成人の男性は低い方から胸声・中声・頭声の3種の歌声をもつが,頭声の上の極端に高い声をいい,洋楽ではファルセットfalsettoという。民謡ではしばしば用いられ,特に《ホーハイ節》は有名。三味線音楽においては,新内節,清元節,小唄などで音色の変化をもたらすために裏声が効果的に用いられている。
【百科事典マイペディア】

拍子

| コメント(0)

 拍子とは、音楽用語で、音の進行に強拍と弱拍を知覚し,一定の法則で単位としたもの。楽譜では小節に一致。一般に,2拍子,3拍子,4拍子を単純拍子,同じ拍子が複合してできたものを複合拍子(6拍子,9拍子など),異なる拍子が混合してできたものを混合拍子(5拍子,7拍子など)という。
【百科事典マイペディア】

マンボ

| コメント(0)

 マンボは、キューバのダンス音楽。1940年代に,ソンson,ダンソンなど従来のキューバ音楽の変奏法としてA.サカサスらによって始められた。フル・バンド・ジャズの影響を受けたペレス・プラード楽団が演奏して,キューバ,米国,メキシコで流行。
【百科事典マイペディア】

ここがわたしのおうちです

| コメント(0)

「ここがわたしのおうちです」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校中学年の部に選ばれた本です。
【(さ・え・ら書房) 著者:アイリーン・スピネリ・文:マット・フェラン・絵:渋谷弘子・訳】
【内容の紹介】
 父親が職を失ったダイアナ一家は、住みなれた家を離れ、祖父の家に引っ越す...親友との別れ、知らない土地でのとまどいと新しい出会いを、鉛筆画と自由詩で細やかにつづります。
【楽天ブックスより】

チョコレートと青い空

| コメント(0)

「チョコレートと青い空」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校中学年の部に選ばれた本です。
【(そうえん社) 著者:堀米薫・作 小泉るみ子・絵】
【内容の紹介】
 アフリカのガーナからやってきたエリックさんにであって、ぼくは、チョコレートのほんとうの味を知った...。
【楽天ブックスより】

ココロ屋

| コメント(0)

「ココロ屋」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校中学年の部に選ばれた本です。
【(文研出版) 著者:梨屋アリエ・作 菅野由貴子・絵】
【内容の紹介】
 「ココロを入れかえなさい。」また先生におこられてしまった。教室からにげだしたぼくの目の前にココロ屋があらわれて、「さて、どのココロにいたしましょうか。」-えっ、ココロって、取りかえられるの?ぼくは、ココロ屋の『やさしいココロ』と自分のココロを取りかえてみた。すると...。
【楽天ブックスより】

へいわってどんなこと?

| コメント(0)

「へいわってどんなこと?」は、2012年(第58回)の課題図書、小学校低学年の部に選ばれた本です。
【(童心社) 著者:浜田桂子・作】
【内容の紹介】
 へいわってどんなこと?「きっとね、へいわってこんなこと。せんそうをしない。ばくだんなんかおとさなに。いえやまちをはかいしない...。」いろいろな視点から平和を考え、子どもたちとともに平和の意味をあらためて問い返します。日本・中国・韓国の絵本作家が手をつなぎ、子どもたちにおくる平和絵本シリーズ。
【楽天ブックスより】

ダメダメ教育

| コメント(0)

<ダメダメ教育/だめだめ教育>
 ダメダメ教育とは、ついつい出てしまう、「だめ駄目」と言う否定語を使って逆説的に教え込もうとすること。
 誉める行為は幼児脳を豊かに発達させるが、「ダメダメ」「バカ」「情けない子」「しょうもない子」などの言葉は、幼児期においての言葉掛けとして非常に良くない。
 また、感情的になって怒ったり叱ったりするのも同様で、ともに幼児脳の発達にはマイナスとなる。
 『あれをしちゃ駄目!』 『これをしたら駄目!』『駄目な子ね』『いつも駄目ね〜』などには、行動に対しての「ダメ・ダメ」と、他の人と比べられての「ダメ・ダメ」と、2通りの「ダメダメ」があります。
 前者は、我が子の行動に対して制限をするものであり、この「ダメダメ」を続けていると、子どもの積極性はなくなり、親の顔をうかがう行動をするようになります。
また、親の目の届かないところで、自分の興味や関心を行動で表現するようになる子どももいます。
 人は、経験をして、失敗をしたり、少し痛い思いはするけれど、そのことによって人の痛みや思いやりを知る経験が増えていきます。
年齢が増してからの経験は、立ち直ることが難しいので、幼児期にある程度の生活体験はさせてあげることが大切です。
 後者の方は、兄弟関係の中での比較による「ダメダメ」や、他の同じくらいの年齢のお子さんとの比較により、思わず親が口にしてしまう行為です。
 大人でも比較されることは大嫌いのはずです。なのに、なぜか我が子に出来るようになって欲しいという願いから、よかれと思い、つい比較の言葉を使ってしまうものです。
両親のこの言葉を聞かされて、子どもは奮起して頑張れるでしょうか?
実は、奮起どころか、そんな言葉を口にするご両親のことを不快に感じ、信頼できなくなってきます。
 一番身近にいて、一番見方になって欲しい大好きな両親から言われるのですから、心の傷は大きいものです。
(幼児教育事典より)

全脳教育

| コメント(0)

 全脳教育とは、左脳・右脳は、それぞれが専門の機能を持ち、かつ、有効的に関わり合って機能しているが、その「両方の脳」を意識的に健康に育て、効果的に伸ばす幼児教育方法のこと。
 2歳で脳の約60%が機能的にも構造的にも成長していきます。この幼児期こそニューロンとニューロンをつなげるシナプスを少しでも増やし、脳内の神経回路の通りを良くしてあげることが重要であり、感覚器官から様々な情報を送り込んで脳の各分野を刺激してあげる事が大切。
(ニューロンとは脳にある情報処理用に特別な分化を遂げた神経細胞のことで、シナプスとはそのニューロン同士を結ぶつなぎ目。)
(幼児教育事典より)

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro