「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

学級規模

| コメント(0)

 学級規模とは、学級を構成する児童・生徒の人数による規模のこと。日本において最初に学級規模を規定したのは1886年の「小学校ノ学科及其程度」で、尋常小学校は80人以下、高等小学校は60人以下を標準とするものであった。続いて1891年の「学級編制等ニ関スル規則ノ事」では、尋常小学校は70人以下、高等小学校は60人以下が基準とされた。
 続いて1941年の国民学校令で10人少なくなり、1948年の学校教育法制定で小学校・中学校は50人以下が標準とされた。その後1958年に「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」が制定され、改正を経て現在は特別学級を除き、40人以下で編成することが定められている。
 学級の編成は同学年の児童・生徒による編成が原則であるが、へき地などにおいて少人数の児童・生徒であれば2学年あるいはそれ以上で1学級を編成する場合もある(=複式学級)。
(引用:教育家庭新聞)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年4月 2日 08:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユネスコ加盟記念日」です。

次のブログ記事は「幼児性急性胃腸炎」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro