「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

目脂

| コメント(0)

<目脂/目やに/めやに>

 目やにとは、目から出る粘液の固まったもの。めあか。めくそとも言う。
 赤ちゃんのめやにの多くは細菌性の結膜炎が原因で、たいていは目薬の点眼で治ってしまいます。白目の部分が赤く充血したり、涙が出たり、まぶしがったりという症状がよくみられます。これらの症状は結膜炎のほかに、さかさまつげや先天鼻涙管閉塞という病気でも起こります。(さかさまつげ・・赤ちゃんはほっぺたがふっくらしているので、下まぶたが押されて内側を向いてしまい、逆さまつ毛になることがあります。5ヵ月を過ぎて、顔がほっそりしてくれば、自然に治るので心配ありません。先天鼻涙管閉塞・・生まれつき鼻涙管の通りが悪いので、涙やめやにが絶えません。たいていはブジーという細い針金を鼻涙管にいれる治療でよくなります)(参考資料『日本眼科医会』)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年3月15日 09:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「未満児」です。

次のブログ記事は「森ガール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro