「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

和顔愛語

| コメント(0)

和顔愛語/わげんあいご

 和顔愛語は、仏教の教えです。「和顔」は、やわらかな笑顔、「愛語」は、やさしい言葉かけです。つまり「和顔愛語」は「相手の立場をおもいやり、やわらかな表情でやさしい言葉で語りかけること」いう意味があります。家庭や保育園・学校、職場で、人と人とがコミュニケーションを深めていくために大切にしたい教えです。
 中教審副会長を務める梶田叡一・兵庫教育大学長をはじめ、さまざまな学者が「今、家庭教育には和顔愛語が必要」と提言しています。そして、「もし皆がこれを励行すれば①人々はよく挨拶し、笑顔で応対するようになります。②相手の言い分をよく聞くようになります。たとえ無理な言い分であっても、何とか工夫して期待に沿う努力をし、どうしてもできないときは後で丁寧に理由を説明して断ります。③陰口を言いません。④心が平和になります。」と断言する人もいます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年3月19日 05:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「わがまま」です。

次のブログ記事は「和菓子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro