「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

赤沢錘美

| コメント(0)

赤沢錘美/あかざわあつとみ

 我が国で最初の託児所を創始し、幼児教育に力を注いだ教育者。新潟の生家は、代々私塾を営み、父は朱子学者であった。
 1890(明治23)年、12年間にわたって勤めた小学校をやめ、自宅の私塾を「新潟静修学校」と改名の上、内容の充実をはかった。さまざまな事情で県立の中学校に入れない貧しい子ども達に勉学の道を開くとともに、生徒が子守りから開放されて勉強できるように、生徒の幼い兄弟を校内で預かり、妻のナカが世話をした。これらは、一切が無料で行われしだいに託児所として発展するにいたった。そして1908年、この保育事業を「守孤扶独幼稚児保護会」と称して、一般に公開され、今日の児童福祉事業へと発展する手がかりとなった。

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年3月17日 18:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アスペルガー症候群」です。

次のブログ記事は「i-子育てネット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro