「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

教育公務員特例法

| コメント(0)

 教育公務員特例法とは、教育公務員の職務とその責任の特殊性に基づき、教育公務員の任免、給与、分限、懲戒、服務及び研修等について規定した法律。
 一般の公務員とは異なる国家公務員法、地方公務員法の特別法で、教育を通じて国民全体に奉仕すべき重大使命を担うことにかんがみ、1948年に施行された。
 教育公務員とは、地方公務員のうち、学校教育法第1条に定める学校であって、同法第2条に定める公立学校(地方独立行政法人法第68条第1項に規定する公立大学法人が設置する大学及び高等専門学校を除く。)の学長、校長(園長を含む)、教員及び部局長並びに教育委員会の教育長及び専門的教育職員をいう。
(引用:教育家庭新聞)

コメントする

このブログ記事について

このページは、有松が2010年1月13日 18:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「母斑細胞母斑」です。

次のブログ記事は「課程主義」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro