「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2010年1月アーカイブ

学習指導案

| コメント(0)

 学習指導案とは、学習の目標、授業方法、時間配当などについて、教師が記載した計画書のこと。
 年間指導計画に位置付けられた単元(題材)を指導するにあたり、児童・生徒や学習集団の実態に立って、教師自身の個性を生かして作成する指導計画書で、単元(題材)の目標を達成するために、何を、どのような順序や方法で指導し、児童・生徒がどのように学んでいくかを十分に考慮して、学習指導の構想を一定の形式に表現する。
 形式に基準はなく、教師の創意工夫によるものであるが、一般的には、単元名、単元の考察、指導目標、評価基準、指導方針、指導と評価の計画、学習の展開などを記載する。
(引用:教育家庭新聞)

単純性血管腫

| コメント(0)

 単純性血管腫は、別名ポートワイン・ステインといい、生まれたときより存在する、境界明瞭で平らなあざです。大きさ・形・色は様々です。色が赤ワインに似ているので、ポートワイン・ステインと呼ばれています。皮膚の深いところ(真皮)の毛細血管が拡張したもので、自然に消えることはなく、皮膚科、形成外科の先生の下で治療をしてもらいます。
 単位面積あたりの血管の数が増えていて、神経の数が減少しているという報告があります。毛細血管を支配する神経が少ないため、拡張しっぱなしなので赤く見える、と一般的に言われています
 自然に消えることはありませんので、レーザー治療の必要があります。顔面や頭部に生じたものは成人になると盛り上がってくることがあるので、盛り上がる前にレーザー治療を行います。また、上まぶたに生じたものは、視力障害が起こる可能性がありますので、できるだけ早く治療を行います。
【出典:赤ちゃんねっと】

検定済教科書

| コメント(0)

 文部科学省による検定制度を経た教科書を「検定済教科書」、検定を経ずに民間が発行する教科書を「検定外教科書」という。学校においては、学校教育法で検定済教科書を使用することが義務付けられているため、検定外教科書単独の使用は認められない。検定済教科書は限られた内容であり、検定外教科書はより掘り下げられた内容であるといえるため、私立のハイレベルな学校では検定外教科書を中心として使用している場合もある。
 特に2002年からの新学習指導要領で基礎基本の修得が重視されるようになったので、検定済教科書の内容が削減される傾向にあるため、内容が幅広く充実した検定外教科書の併用が増えている。
(引用:教育事典)

体感アート

| コメント(0)

 普通の芸術作品と異なり、触ったり登ったりして楽しむことのできる作品。体全体で感じられるので、子どもたちも大喜びである。神奈川県箱根町の彫刻の森美術館に「ネットの森」として設置された、造形作家の堀内紀子による「おくりもの:未知のポケット2」は青、赤、黄、緑と色鮮やかに塗られた、高さ7メートル、幅8メートル、奥行き13メートルのハンモックで、ところどころにトンネルがあったり、ぶら下がることのできる丸い玉などが付いている。家族連れの人気を集め、いつも子どもたちが作品に群がっているという。世界的彫刻家として有名なイサム・ノグチの「オクト・テトラ」は赤く塗られたブロックが組み合わされた作品で、ジャングルジムのようにして遊ぶことができる。また、東京都八王子市の高尾山口にあるトリックアート美術館は目の錯覚が楽しめる作品が並べられている。
(Yahoo!辞書より)

コンピュータ・リテラシー

| コメント(0)

<コンピュータ・リテラシー/コンピュータリテラシー>
 コンピュータ・リテラシーとは、コンピュータを使いこなす能力のこと。リテラシーとは、原義は読み書き能力であり、ある特定の分野の知識やそれを使いこなす能力のことをさす。日常生活の中で、コンピュータを用いて情報を収集し、その情報を活用、加工、発信することにより、目的達成や課題解決を行なえる能力である。
 現代においては、コンピュータを使いこなすことは、読み書きと同じくらい重要とみなされていることから、コンピュータ・リテラシーの育成は学校教育や生涯学習で多くとり入れられるようになった。
(引用:教育事典)

乳幼児の細菌性髄膜炎

| コメント(0)

 原因の約6割がヒブ、約2、3割が小児肺炎球菌とされている。ヒブの場合、国内では少なくとも年600人ほどかかり、5%が死亡、4分の1に難聴、脳性まひなどの重い後遺症が残るとの報告がある。WHO(世界保健機関)はヒブ、小児肺炎球菌ともワクチンの定期接種を推奨している。ヒブワクチンは一昨年12月に販売開始。小児肺炎球菌ワクチンは今春に販売予定だ。
( 2010-01-23 朝日新聞 朝刊 )

XYY個体

| コメント(0)

<XYY個体/エックスワイワイこたい>
 XYY個体とは、男性にのみみられる性染色体異常です。Y染色体が1本多く、高身長が特徴です。約1000人に一人の割合で生まれると言われます。
 身長が著しく高いのが特徴といわれ、この性染色体を持つ成人の約80%が180cm以上だったという報告があります。出生時の身長は平均的なので、思春期に急速に伸びると考えられます。
 軽い言語発達の遅れがみられたり、正確が凶暴で反社会的行動をとる傾向があるとも言われますが、異論もあり、はっきりとしたことは分かっていません。
 突然変異でおこります。Y染色体には身長を高くする遺伝子があるので、高身長になると考えられます。多くの人は、ふつうに日常生活を送っていますし、治療の必要もありません。
【出典:赤ちゃんねっと】

2学期制

| コメント(0)

<2学期制/二学期制>
 2学期制とは、学校の1年間の課程を2つの学期に分けること。日本では、前期(4月~9月)、後期(10月~3月)に分けるのが一般的であり、大学、短期大学、高等専門学校などの高等教育ではほとんどの学校が2学期制である。小・中学校、高等学校では従来3学期制が多かったが、近年は2学期制の学校も多い。
 2学期制は、授業日を多く確保でき、学校行事と授業や定期考査がバランスよく行なえること、夏季・冬季休業に学習や生活の在り方を振り返り、予習・復習にあてることができるなどのメリットがある。一方で、3学期制の指導要領や学校行事の見直しや検討をしなければならないこと、評価の機会が2回に減ってしまうこと、学期の途中に長期休暇が入って学習に集中しにくいなどのデメリットもある。

やまのきかんしゃ

| コメント(0)

「やまのきかんしゃ」は、子どもの読み聞かせに推薦できる絵本のタイトルです。5、6歳向きです。
【松居直作 /太田忠画/福音館】
【内容の紹介】
 いつもは山奥の村で荷物を運んでいる小さい機関車が、ある大雪の日に、大きい機関車を手伝って、急行列車を引いて町まで行くことになりました。はりきって出かけましたが、山の中で吹雪に会い、立ち往生。すると保線区の人たちがやってきて雪かきをしてくれました。小さい機関車の活躍をダイナミックに描いた乗り物絵本。(「こどものとも」23号)
<こどものとも復刻版より>

学習パッケージ

| コメント(0)

 
学習パッケージとは、児童・生徒による自学自習において必要な学習材のこと。
 教科書、ノートといった従来の教材に加えて、学習の目的、学習時間、学習課題などを示した学習の手引き、学習素材、学習シート、資料シート、自己評価シートなどを教師は事前に用意しておく必要がある。主に総合的な学習の時間、自分のペースで学習を進める自由進度学習において必要である。
(引用:教育家庭新聞)

大学院修学休業制度

| コメント(0)

 大学院修学休業制度とは、公立学校の教員が、専修免許状を取得することを目的として、休業して国内や海外の大学院で学ぶことができる制度。2000年の教育公務員特例法の改正により制度化されたもので、2001年度から実施されている。対象は、教諭、養護教諭、栄養教諭、講師で、期間は1年から3年間とし、休業期間中は無給である。
 条件は、1.専修免許状の取得を目的としていること、2.専修免許状取得の前提となる一種免許状か特別免許状について、最低在職年数(3年)を満たしていることとなっている。
(引用:教育家庭新聞)

スプーン嫌い

| コメント(0)

 離乳食をあげるために、スプーンを口に近づけると泣き出してしまう赤ちゃんがいます。赤ちゃんは、それまで、乳首を通して授乳していたので、スプーンは大変な異物なのです。こういうときは、無理にスプーンを使わないで、お母さんの指で口に入れてあげたり、小型のプラスチックのスプーンにしたりして、赤ちゃんに抵抗のないやり方に変えてみましょう。
(参考:育児辞典)

強化学習

| コメント(0)

 強化学習とは、報酬を契機として行動パターンを学習する統計的機械学習方法のひとつ。エージェントは環境から状態を観測し、その状態に応じて行動を選択する。その行動の結果として環境から報酬を受け取り、その報酬を元に選択した行動が適切であったかを学習する。学習のための適切なデータを与えられないことから、「教師なし学習」のひとつとみなされている。
 TD誤差と呼ばれるものを用いて、この誤差を0に近づけていくという方法で学習を進める「TD学習」、状態と行動をセットにして評価値(Q値)をセットし、状態に関連づけられている行動の評価値がどのように更新されるかを考える「Q学習」という手法がある。
(引用:教育家庭新聞)

私学適性検査

| コメント(0)

私学適性検査は、学校が教員を確保するために、教員として必要な基礎的学力があるかどうかをみるための検査。
 東京都、静岡県、愛知県、兵庫県、広島県の私立中学高等学校協会が実施しており、受検者は得点の上位順に名簿に登載され、それぞれの私立学校は名簿登載者の中から面接などを行なって適宜採用する。実施時期は各都県により異なり、この検査結果の重視度なども各私立学校によって異なる。
(引用:教育家庭新聞)

学校閉鎖

| コメント(0)

学校閉鎖とは、学校における伝染病の発生や流行のおそれを予防するために、学校全体で臨時的に休業の措置をとることで、学校内で欠席者や罹患者が通常より急速に多くなったときに、地域における流行状況を考慮に入れて実施されることが多い。
 学校は、保健主事や養護教諭などが中心となって発生および流行状況を把握し、校医や公衆衛生機関と相談の上、その実施時期と期間を決定する。
 学校保健法第13条に「学校の設置者は、伝染病予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる。」と定められている。主な実施理由としては、インフルエンザや麻疹の流行がある。
(引用:教育家庭新聞)

学齢簿

| コメント(0)

学齢簿は、義務教育を受ける義務のある年齢の児童・生徒(=学齢児童生徒)と次年度にその年齢に達する者についての帳簿。市町村および特別区の教育委員会が編製を義務付けられている。学校教育法施行令の第一章第一節に規定されており、住民基本台帳に基づいて、毎学年の初めから5月前までに編製する。
 転住してきた学齢児童生徒を記載したときは前住所地の教育委員会に通知するなど、児童・生徒の転入出や入退学については、実際の状況と一致して処理される必要がある。個人情報に関わるものなので、公開などは一切されない。
(引用:教育家庭新聞)

イマージョン・プログラム

| コメント(0)

 ある言語を習得するために、その言語を用いて他教科の授業も行なう学習方法の一つ。「没入法」と訳されるのは、言語を習得するために、その言語に"浸りきった状態"になるからである。1960年代にカナダにおいて、英語だけでなくフランス語の習得をめざして始まったのが最初で、現在は世界各地で導入されている。
 日本においては、英語を用いて教育する「英語イマージョン教育」が注目されており、導入している学校が多い。インターナショナル・スクールでは全科目を日本語以外の言葉で教えるため、日本語が母語の生徒にとってはイマージョン教育を受けることになる。
(引用:教育家庭新聞)

基本的信頼

| コメント(0)

 エリクソンが発達理論で示した八つの段階からなる発達図式の第1段階で、乳児期において達成しなければならない課題。
 乳児は母親から愛情に満ちた養育により心身ともに安定し、その結果母親やまわりへの信頼感が達成される。この達成は後の健康や人格形成に重要であり、これを基本的信頼という。
(保育ミニ辞典)

課程主義

| コメント(0)

 課程主義とは、義務教育制度における「義務」の完了を認定するにあたり、一定の教育課程の習得をもって義務教育は終了したとみなすこと。
 対立用語は「年齢主義」。学習段階によって決まった学年に所属するので、同一学年に異年齢の児童・生徒が所属するが、同一学年間の学力の差は少ない。所定の教育課程を履修し、一定の成果をあげて単位を修得することが必要な「修得主義」と類似している。明治期から戦前にかけての義務教育は、課程主義であった。
(引用:教育家庭新聞)

教育公務員特例法

| コメント(0)

 教育公務員特例法とは、教育公務員の職務とその責任の特殊性に基づき、教育公務員の任免、給与、分限、懲戒、服務及び研修等について規定した法律。
 一般の公務員とは異なる国家公務員法、地方公務員法の特別法で、教育を通じて国民全体に奉仕すべき重大使命を担うことにかんがみ、1948年に施行された。
 教育公務員とは、地方公務員のうち、学校教育法第1条に定める学校であって、同法第2条に定める公立学校(地方独立行政法人法第68条第1項に規定する公立大学法人が設置する大学及び高等専門学校を除く。)の学長、校長(園長を含む)、教員及び部局長並びに教育委員会の教育長及び専門的教育職員をいう。
(引用:教育家庭新聞)

母斑細胞母斑

| コメント(0)

<母斑細胞母斑/ぼはんさいぼうぼはん>
 母斑細胞母斑とは、皮膚の表面や真皮内の母斑細胞からなる良性のあざのことを言います。
【症状】
 褐色や黒色のあざがあらわれます。
【原因】
 原因は不明です。
【治療】
 あざが小さい場合は、治療する必要はありません。あざが大きい場合は、精神的なハンディキャップになることもありますので、手術がおこなわれます。手術は、皮膚を他の部位から移植する方法、縫い縮めていく方法、隣接した皮膚を持ち上げて患部をおおう方法などがあります。
【出典:病気の基礎知識大辞典】

マタニティガードルの安全性

| コメント(0)

 ふだんガードルをつけない人は、妊娠してガードルをつけると、かえってお腹をしめつけて、胎児によくないのではないかと心配することがありますが、苦しくない程度の腹帯やガードルは全く心配ありません。むしろ、ガードルはお腹を支えて、腰痛を予防し、お腹を冷やさないなどの保護の役目があります。最近のガードルは、お腹をしめつけない工夫がされているので、売り場で着用して、自分に合うものを選びましょう。
(参考:育児辞典)

100万回生きたねこ

| コメント(0)

100万回生きたねこは、子どものために推薦する絵本のタイトルです。対象年齢は5歳ぐらいから。
◆佐野洋子 作・絵/講談社
◆1ぴきのねこが真実の愛と出会うまで、何度も何度も生まれ変わるという、かなりシリアスなテーマのお話。子ども向けというよりも、大人のための絵本なのかもしれません。でも、子どもに愛のある人生というものを教えてくれる作品です。

科学リテラシー

| コメント(0)

 科学リテラシーとは、科学に親しみ、理解し、応用する能力のこと。自然科学や科学技術のみならず、社会科学や数学にも関わる。これらの基本概念、基本原理を理解し、科学的な思考方法をとることができ、さらに科学的な知識を役立てることができること。
(引用:教育家庭新聞)

学資保険

| コメント(0)

 学資保険とは、学校で勉学するための費用などを準備するために掛ける保険のこと。教育保険。こども保険。
 保険内容は各保険会社の商品によってさまざまだが、契約時に決めた子どもの年齢にあわせて、12歳、15歳、18歳など私立中学、高校、大学などへ進学するときの祝い金や、15歳、18歳、22歳などの設定で満期学資金を受け取るものが多い。
 加入時期は出生前か0歳から、保険会社によって5、6歳までになっている。
 教育費の積み立てのためだけでなく、契約者に万一のことがあったときにその後の支払いを免除されたり、、契約者が死亡したときに育英年金が支給されたり、子どもの入院・手術に備えたりなどの特約もあるが、保険会社の商品によって内容は異なる。
(引用:教育家庭新聞)

インクルージョン教育

| コメント(0)

 健常者と障害者が同じ場所で教育を受けること。すべての児童・生徒に開かれた教育制度、学習施設を与える包括的な教育。健常者と障害者を区別せずにすべての児童・生徒の教育ニーズに応えることをめざす。障害者も一市民として地域の中で生活できるようになるため、また、障害者が学校集団に主体的に参加するために必要な行動力を身に付けること、さらに、健常者が障害者に対して偏見のない正しい知識を持ち、かつ適切な関わり方を身に付けるために効果的であるとされる。
 しかし実際は、1979年の養護学校義務化により、障害者は養護学校へ行くという分離意識が深まった。
 健常者と障害者を区別した上で、同じ場所で教育することは、「統合教育」という。
(引用:教育家庭新聞)

技能連携校

| コメント(0)

 技能連携校とは、通信制高校と連携した、高等専修学校や職業訓練校のこと。
 学校教育法に基づいて都道府県の教育委員会から指定を受けた教育施設で修得した技術・技能も高校の単位として認められ、「高卒資格」と「高等専修学校卒業資格」の両方を同時に取得することができる。登校形態は全日制高校と同じで、技能連携校が学習の場となり、通信制高校の学習が授業に組み入れられている。
(引用:教育家庭新聞)

学校発ブランド商品

| コメント(0)

 大学や高校の生徒による研究会や付属研究所が作った肉や魚、お菓子などに自分の学校のブランドなどを付けて売り出した商品。教育の一環として生産するために学園祭などで販売されることが多く、数が限られていて手に入れることはなかなか難しい。八戸水産高校では地元で「カゼ」と呼ぶ三陸産ウニを蒸して缶詰にし「むしうに缶詰」と名付けて、地元生協で販売したり、地元のヤマゲンツチヤで通信販売したりしている。1缶1800円。近畿大学は2002年に世界で初めて完全養殖に成功したクロマグロを「近大マグロ」として毎週金曜日、東京・日本橋にある三越本店の地下鮮魚売り場で販売している。中トロが100グラム約2000円と天然マグロの半値程度だが、他の養殖マグロに比べると少し高いという声もある。同じく近畿大学は幻の高級魚クエの養殖にも成功していて、通信販売で「近大クエ」の名前で売っている。切り身が4~5人分入った鍋セットで1万1000円。奈良女子大学では奈良県特産の奈良漬けの入ったカステラを「奈良のかすていら」と名付けて、東京や大阪のアンテナショップで販売している。
(Yahoo!辞書より)

野外活動

| コメント(0)

 野外活動とは、豊かな自然環境のなかで、規律ある共同生活や、キャンプ、ハイキング、サイクリング、オリエンテーリング、スキー、スケート、登山、水泳、植物・昆虫採集、農作業などの各種の活動を集団で行うこと。
 主として青少年を対象に、学校や社会教育団体が計画、実施するものをいう。林間学校や臨海学校もこの一種と考えられる。修学旅行の日程のなかにこれを組み入れる学校の例なども増えている。野外活動には、青少年の心身を鍛錬し、集団精神を培うなどの、多くの教育的価値が認められる。ことに、都市化の進展に伴って、都会地から急速に自然が失われつつある日本の社会の現状を考えると、青少年が自然に触れて清新の気を養うことは、そのことだけでもきわめて有意義である。ただ、野外活動には危険が伴いがちなので、適切な事前計画や、指導者に人を得ることなどは欠かせない条件だといえよう。
(Yahoo百科事典より)

熊田千佳慕

| コメント(0)

(熊田千佳慕/くまだ ちかぼ) 
 画家。1911年横浜市中区出身。本名は熊田 五郎
 1934年東京美術学校(現・東京芸術大学)卒業後、山名文夫に師事。デザイナー・写真家集団「日本工房」に入社、土門拳らと仕事をする。戦後、細密画技法を会得し、以後「ファーブル昆虫記」「みつばちマーヤの冒険」「ふしぎの国のアリス」の挿画や絵本など、生命感あふれるすぐれた作品を数多く発表。ボローニャ国際絵本原画展入選をはじめ多数受賞。
 すぐれた観察力と卓越した描写力で多くの人々を魅了し、フランスでも「プチ・ファーブル」と称賛される。横浜文化賞、神奈川県文化賞受賞。

学級王国

| コメント(0)

学級における学習指導や生活指導の方法、運営を各学級の担任に一任する形態を、揶揄を含めて表現した言葉。学級指導に関し、教師が互いに干渉し合わない状態をさす。
 各学級の独自性、独立性を認め、学級担任と児童・生徒の結びつきを重視した結果、一人の教師からの影響が強くなりすぎること、学級の結束力は強くなってもそれは他の学級との競争心の向上に基づくものであること、閉鎖性が強くなることなどのデメリットが発生するといわれる。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro