「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2009年12月アーカイブ

新生児聴覚スクリーニング検査

| コメント(0)

新生児聴覚スクリーニング検査は、新生児のための聴覚検査です。
 赤ちゃんの言葉獲得には、聴力がとても大事です。赤ちゃんのうちから、出来るだけ早く難聴を発見するために、新しい聴覚検査が行われるようになってきました。
 この「新生児聴覚スクリーニング検査」には、いくつかの方法がありますが、いずれの場合も赤ちゃんが寝ているときに音を聞かせて、それに対する脳波などの反応を見ることで判断します。検査機器は自動化されていて、検査時間は数分から十数分。赤ちゃんには痛みなどの負担は全くありません。
 この検査は、今のところまだ自費で行なわれる検査ですが、近い将来には国の補助になりそうです。
【出典:赤ちゃんねっと】

児童オンライン保護法

| コメント(0)

 児童オンライン保護法は、1998年から2000年代にかけてアメリカ合衆国に存在していた法律。略称はCOPA。インターネット上の有害情報に対する未成年者のアクセスを禁じることを目的とする。違憲審査の結果、一度も施行されることなく無効が確定した。
 児童オンライン保護法は、アメリカ合衆国政府によるポルノグラフィ規制の一環として制定されたものである。1996年に成立した通信品位法(CDA)が、翌1997年に合衆国最高裁判所によって違憲と認定されたため、それに代わるものとして発案された。1998年にアメリカ合衆国議会を通過し、大統領署名により成立。その直後より通信品位法と同様、表現の自由を侵害するとして、アメリカ合衆国連邦裁判所へ違憲訴訟が提起された。2009年に連邦最高裁判所によって違憲が確定。いくつかの州議会は、この法律に頼らずともインターネット上の有害情報を規制できるように、独自に同旨の法律を成立させた。
(フレッシュアイペディアより)

一斉授業

| コメント(0)

<一斉授業/いっせいじゅぎょう>
 学級の児童・生徒全員に同時に同じ内容を教える授業形態。別名、一斉学習。小学校、中学校においては、最も一般的な授業形態であり、児童・生徒は全員、教師の方を向いて授業を受ける。
 教師が一人で話すだけの一方的な発信、詰め込み教育になりがちなこと、児童・生徒個々の学習習熟度、興味、関心に応えにくいことなどのデメリットから、近年は学級枠にとらわれない集団編成による授業、グループ学習、個別指導などをとり入れる学校が増えている。
(引用:教育家庭新聞)

グライダー能力

| コメント(0)

 この言葉は1983年に刊行された外山滋比古氏の「思考の整理学」冒頭の言葉で、20年以上前に書かれた言葉である。
 外山滋比古氏は、「グライダーと飛行機は遠くからみると、似ている。...ただ、悲しいかな、(グライダーは)自力で飛ぶことができない。学校はグライダー人間の訓練所である。飛行機人間は作らない。グライダー専業では安心していられないのは、コンピュータという飛び抜けて優秀なグライダー能力の持ち主があらわれたからである。自分で翔べない人間はコンピュータに仕事を奪われる。」と述べている。

ほしい

| コメント(0)

<ほしい―おはなし小道具のびる絵本>
 ほしいとは、子どもの読み聞かせ用の仕掛け絵本のタイトルです。
【作】藤田 浩子【絵】小林 恭子【出版】一声社 (2007/07/20 出版)
【内容の説明】
最初の2ページ(山の場面)を読んだあと、次の2ページ(五重の塔の場面)を上に伸ばして開きます。
同様に、2ページずつ伸ばして読み進むと...、最後は全長3m40cmの長い1枚の絵に!園や学校で子どもたちを魅了する、おはなし小道具!!長く伸ばさずに、絵本として楽しむこともできます。

会計大学院

| コメント(0)

会計大学院とは、会計分野のプロフェッショナルを育成する専門職大学院のこと。通称、アカウンティングスクール。
 中央大学が2002年度に開設し、その後改正公認会計士法に基づき、2005年度に全国9大学で開設された。課程を修了すると専門職学位を授与され、公認会計士試験における財務会計論、管理会計論、監査論の3科目を免除される。実務家育成に特化しているため、会計にかかわる実践的な科目を多数とりそろえている。
(引用:教育家庭新聞)

ピエタ慈善院

| コメント(0)

 ピエタ慈善院(Ospedale della Pietà、オスペダーレ・デッラ・ピエタ)は、ヴェネツィア共和国の救貧院、孤児院、音楽院。
 ここは1346年に孤児や棄て児を養育するために設立された慈善機関であった。赤ちゃんは後代に回転式の赤ちゃんポストによって預けられた。預ける親の多くはいずれは引き取りに来ることを前提としていて(ほとんど実現しなかったが)、形見の品を赤ちゃんに添えた。女子は結婚しない限り、生涯をここで過ごした。男子も受け入れて船大工や石工などの職業訓練を行なったが、介護が必要などのよほどの事情がない限り16歳になるとここを去った。一方、女子は音楽的才能を発芽させれば、8歳から10歳にかけて集中的に訓練を始め、慈善院付属音楽院の「合奏・合唱の娘たち」の一員に育て上げられた。
(フレッシュアイペディアより)

自傷行為

| コメント(0)

 自傷行為は、自分で自分を傷つける行為。
 自ら頭を壁や床にぶつけたり、顔叩き、身体叩き、手噛み、舌噛み、皮膚引っ掻き、髪抜き、爪剥ぎなどの行為をしてしまう。虐待のトラウマ、心理的虐待、うつ病、強迫性障害、摂食障害など精神的疾患、また孤独感や劣等感などの感情が自傷行為を招く要因といわれている。
 自傷行為の中で、自分の手首を刃物などで傷つけることを「リストカット」といい、近年、中高生などに広まっている。
(引用:教育家庭新聞)

一卵性親子

| コメント(0)

 一卵性親子とは、そっくりな親子のこと。
一卵性親子は『一卵性双生児』をもじった言葉で言動や仕草、顔の造作などが一卵性双生児のように似ている親子のことである。
(日本語俗語辞書より)

心臓リウマチ

| コメント(0)

 心臓リウマチとは、5~10歳の子どもに多く見られる疾患で、心臓に弁膜症などの重大な後遺症を残す可能性があります。溶血性連鎖球菌という細菌が原因といわれており、感染により発熱と喉の痛みがあり、一旦は治まりますが、その後に肘、股関節、膝、足首、肩など身体の各部の関節が腫れて痛み、やがて心臓の疾患を引き起こします。
 治療には抗生物質の投与と、リウマチ熱の炎症に対しての利用を行います。心膜炎を引き起こしていない場合にはアスピリンの投与、引き起こしている場合には副腎皮質ホルモン剤の投与が行われます。治療後も再発しやすく、特に心膜炎を発症させた患者は再発時にも心膜炎を発症させます。治療した後も抗生物質を利用し、慎重に予後の観察をすることが必要です。
【出典:こどもの病気辞典】

プレママの日

| コメント(0)

 12月3日は、プレママの日です。
ベビー総合専門店「ベビーザらス」の国内第1号店、新浦安店の開店日が12月3日であることと、12月3日を「いいにんぷさん」と読む語呂合わせから、「プレママの日」を制定したのは、日本トイザらス株式会社。

課題別研修

| コメント(0)

 教師を対象とした学校現場で課題別に実施される研修。教科指導をはじめ、道徳教育、安全教育、健康教育、環境教育、国際教育、情報教育、教育相談などを課題とし、今日の学校現場のニーズに応えるためのさまざまな研修がある。研修は、主に教育委員会や教育研修センターで実施されている。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro