「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2009年8月アーカイブ

ウィネトカプラン

| コメント(0)

 ウィネトカプランとは、アメリカのイリノイ州ウィネトカの小学校で実施された児童中心主義の教育方式のこと。
  カールトン・ウォッシュバーンによって提案されたもので、自学学習、学習の個別化を目指した。教科を全児童・生徒が学習する「一般共通科目」(common essentials)と「創造的集団活動」(creative group activities)に分ける。
 一般共通科目は、児童・生徒たちに教科内容の学習と習得を求め、「読・書・算」などの学習を個別を進め、教科ごとに進級する。創造的集団活動は、到達度目標なども設定されず、児童・生徒の関心の度合いで共同研究や創作活動などの取組みを行なう。音楽・美術・体育などの学習に適用された。
(引用:教育家庭新聞)

ペコちゃん

| コメント(0)

ペコちゃん/ぺこちゃん

 ペコちゃんとは、洋菓子販売の不二家の人気キャラクター。
 ペコちゃんは、お菓子が大好きな6歳の女の子という設定で、店頭のPRキャラクターとして、1950年に旧銀座店の店頭に初めて登場した。来年(2010年)還暦を迎える。
 不二家は8月24日、東京・銀座に、同社の人気キャラクター「ペコちゃん」の人形やグッズを展示する「銀座ペコちゃんミュージアム」をオープンした。2010年に不二家創業100年と、ペコちゃんの誕生60年を迎えるのを記念したPRキャンペーンの一環で、9月6日までの期間限定で開催する。入場料は無料。期間中に1万5000人の来場を見込む。

国際情報オリンピック

| コメント(0)

 国際情報オリンピックとは、高校生までの生徒を対象として、与えられた問題を解くためのアルゴリズム(解を導く手順)を考え、それに基づいてプログラムを書き、コンピュータ上で実行させて出力した結果の正しさを競います。コンピュータの環境や時間に厳しい制限があり、より正確な数理的能力、プログラミング能力が求められます。
 2009年は、8月8日から15日に、ブルガリアのプロブディフで第21回国際情報オリンピックが開催されました。今年も日本から4名の高校生が参加し、全員がメダルを獲得、うち2人は金メダルという快挙を成し遂げました。
今回は筑波大付属駒場高等学校3年生の滝聞太基さん、開成高等学校3年生の保坂和宏さんの2名が金メダル、筑波大付属駒場高等学校3年生の副島真さんが銀メダル、灘高等学校3年生の平野湧一郎さんが銅メダルという結果でした。このうち滝聞さん、保坂さん、副島さんの3名は昨年も参加、メダルを獲得しており、保坂さんは2年連続の金メダル獲得となりました。成績も選手301人中2位と素晴らしいものでした。
出題される問題は、いずれも実社会の問題を想定し、コンピュータを利用して解決しようというものです。実際に出題された問題を以下に挙げてみましょう。
「ある地域のいろいろな町で、異なる日程でさまざまな見本市が開催される。町の間の移動にはそれぞれ費用が発生する。各見本市での売り上げ予想が与えられたとき、どの日のどの見本市に参加すれば利益が最大になるか求めるプログラムを作成せよ。」
こういった問題は英文で出されるので、翻訳が必要になります。団長を元とする選手団役員がそれにあたりますが、翻訳用の部屋でほぼ夜を徹して行われます。夜にはイベントが催される日もあり、役員の方々は日程前半はまともに寝られない日が続くようです。

学位記授与式

| コメント(0)

 学位記授与式とは、学位を証明する証書である学位記が授与される式典。大学を卒業した者、及び大学院の課程を修了した者に対して、学士・修士・博士の3種の称号が授与される。4年制大学を修了した時の学位は学士号、前期博士課程を修了した時には修士号、後期博士課程を修了して論文(博士論文)審査で認められた時は博士号が授与される。
(引用:教育家庭新聞)

犬山市の小中学校の独自採点

| コメント(0)

 「点数によって自治体や学校が序列化される」「競争原理が持ち込まれる」などとして過去2回の全国学力調査に不参加だった犬山市教委は、教育委員の増員時や交代時に参加是認派が増え、今春の3回目は参加に転じた。そうした中、市教委は「教師が採点しないと個々の子どもの状況に応じた評価につながらず、教育指導の改善に生かせない」として、独自に採点することを決めた。採点基準や、どれだけの数を採点対象にするかは各校に任された。市教委は、各校の担当教員でつくる「教育評価研究委員会」で採点の進め方や結果、分析などを持ち寄り、検証している。
( 2009-08-09 朝日新聞 朝刊 )

キッズシティ

| コメント(0)

 キッズシティとは、文部科学省ホームページに新しく追加された子ども向けコンテンツ。
 文部省では、暮らしの中に文部科学省がどのように関わっているか子ども達に楽しく、分かりやすく理解できるためのコンテンツ「キッズシティ」を文部科学省ホームページに追加した。
 学校での教育から公民館などで行われる生涯教育、科学技術の発展の支援など、文部科学省の施策は約100項目にも上るそうです。それらを連想させるイラストをクリックすると、アニメーションや動画を使った解説が表示される。
(2009年08月02日教育家庭新聞)

モスキート音

| コメント(0)

 モスキート音とは、蚊が発する高周波の不快な音をさすが、イギリスで広場や店舗の前などにたむろする若者たちを追い払う装置の名前にも付けられている。
 1万7600ヘルツの高周波で、若者たちには甲高く不快な「キンキンキン」という音が断続的に聞こえるが、30歳以上にはほとんど聞こえない。この高周波を発する機械は、欧米では9000台以上売れており、学校や公園の防犯対策として利用されている。ところが日本での導入は、個人商店などの20~30台にとどまっているという。東京・足立区では、区内の公園のベンチやトイレなどが壊され、被害額が08年に300万円以上に上ったことから、区立北鹿浜公園に09年5月から試験的に設置している。毎日午後11時~午前5時ごろに作動させ、10年3月まで実験を行う。
(Yahoo!辞書より)

ウィルムス腫瘍

| コメント(0)

 小児の腎臓に発生する癌で、ほとんどが5歳以下で発症します。
 病状がはっきりしないため発見が遅れ、かつては死亡率の高い病気でしたが様々な治療法の進歩により、小児癌のなかでは生存率が高くなっています。

ジャンパー膝

| コメント(0)

 ジャンプなどのくりかえしよって膝周囲の組織に負担がかかり、炎症を引き起こすものです。
膝の膝蓋骨と膝蓋靭帯の接している部分に痛みが生じます。とくに運動の後に痛みが悪化し、患部を押すと激痛が起きます。
 症状が軽いときはストレッチ体操中心の準備運動をして、膝に与える負担を軽減します。痛みが強いときはジャンプする運動を避け、消炎鎮痛剤や冷湿布剤を貼ります。
【出典:子どもの病気大辞典】

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro