「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2009年3月アーカイブ

オーセンティックアセスメントとは、児童・生徒が実際に教室で行なっている活動に即した形で、教師や児童・生徒自身が学習のプロセスや到達について継続的に評価すること。
 教室での活動を通じて、教師や児童・生徒自身が学んだ成果を保管し、評価し、フィードバックすることで、児童・生徒は意欲や関心を高め、目的意識を持って学習をするようになるとされる。
 1980年代のアメリカで、学力の向上をめざして標準テストが行なわれていたが、作為的な問題に批判的であった状況の中で、信頼できる評価法として注目されるようになった。特に具体的な方法として、「ポートフォリオ評価」がある。
(引用:教育家庭新聞)

トマト鍋

| コメント(0)

 トマト鍋とは、トマトをベースにしたスープを使った鍋料理のこと。
 大手食品メーカーのカゴメが「甘熟トマト鍋」の名前で、鍋用スープを売り出している。スープと同じ量の水を加えて、野菜、キノコ、肉などを食材として煮て食べる。子ども向けに甘みの強い南欧産の熟したトマトをベースにしているので、トマト嫌いの子どもがいる家庭でも喜んで食べているという。カゴメでは2003年に「海鮮イタリアン鍋」を発売しているが、そのときは、酸味が強いトマトや魚エキスなどを使い大人向きの味としていたため、消費者の反応も鈍く発売2年で販売終了となっていた。そこで今回は、家族で食べられる味付けにし、キャベツやソーセージなど冷蔵庫の中にあるもので作れることをアピールしている。
(Yahoo!辞書より)

ランドセル

| コメント(0)

 ランドセルとは、小学生が通学時に教科書、ノートなどを入れて背中に背負う学校かばん(鞄)のことをいう。
 江戸時代に幕府が洋式軍隊を導入する際に、兵士の背嚢(はいのう)として輸入したもののオランダ語の呼び名「ランセル」(ransel)がなまって「ランドセル」になったものだといわれる。明治時代に帝国陸軍にて将校用背嚢として制定され、以後終戦まで殆ど形を変わらず使用され続けた。
 通学かばんとしての利用は、明治に入って官立の模範小学校として開校した学習院で、これを元にした物が使われるようになり、後に伊藤博文が当時皇太子であった大正天皇の学習院初等科の入学祝い品として献上し、それが徐々に浸透して今のような形になったという説が有力である。
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カリキュラム開発

| コメント(0)

 カリキュラム開発とは、教育の目的、方法、内容などの要素を編成したカリキュラムを新たに開発すること。
 新学習指導要領の実施や学校現場の変化に応じるため、また、学校現場の改善への独自の取組みを実施するために、効果的な新しいカリキュラムの開発が必要とされる。
 カリキュラムの開発は、何を中心に置くかによって種類が異なる。例えば、国が示す新しい学習指導要領に応じた教科書や教材の制作、研究者が創ったカリキュラム、学校や教師が取り巻く環境の変化に応じて創ったカリキュラムも「カリキュラム開発」であるといえる。
 どんな視点から開発するにしても留意すべきことは、法令や学習指導要領に応じ、地域や学校、子どもたちの心身などの実態を考慮し、調和のとれた人間育成をめざすことだと考えられる。

混合栄養

| コメント(0)

 混合栄養は、母乳と育児用調整粉乳を併用する栄養法のことである。通常、母乳栄養の不足分を人工乳で補うために行われる方法であるが、最近では、出産後母親が就労する間を人工乳でまかなう目的で混合栄養を行う場合も増えている。
(保育ミニ辞典)

自治体の保育義務

| コメント(0)

 市区町村は、親の申し込みがあれば認可園で保育する義務がある。だが、広さや保育士配置の国基準を満たす認可園の設置は進まず、不足している。このため、市区町村ごとに優先順位を点数化し、入園の可否を審査する。フルタイムやひとり親家庭は優先順位が高い。
( 2009-03-13 朝日新聞 朝刊)

中足骨の疲労骨折

| コメント(0)

 足の甲部分にある中足骨(ちゅうそくこつ)が疲労骨折を起こし、腫れや痛みをともないます。運動中に中足骨部分に痛みが走り腫れてきます。
 そのままにしておくと、歩くだけでも痛みます。陸上競技やサッカー、野球など長時間にわたって足を使うスポーツでおこりやすいものです。
 中足骨は走ったり飛んだりするときに力が集まります。そのため、負担がかかりすぎると骨が弱って疲労骨折を起こします。
【出典:子どもの病気大辞典】

産業教育

| コメント(0)

産業教育とは、農業、工業、商業、水産業、その他の産業に従事するために必要な知識、技能、態度を習得させる目的をもって行なう教育のこと。
 1951年には、産業教育が国の産業経済の発展及び国民生活の向上の基礎であることにかんがみ、教育基本法の精神にのっとり、産業教育を通じて勤労に対する正しい信念を確立すること、そして産業技術を習得させるとともに工夫創造の能力を養い、もって経済自立に貢献する有為な国民を育成するため、産業教育の振興を図ることを目的とした「産業教育振興法」が制定されている。
 中学校、高等学校、大学または高等専門学校で学ぶが、特に高等学校からは、工業科、商業科、農業科、水産科など各分野別に学ぶ学科がある。
(引用:教育家庭新聞)

シークエンス

| コメント(0)

 シークエンスとは、教育内容を学習する順序や系列のこと。
 学習においては、児童・生徒が内容を理解しやすいように、系統性を重視した配列と学習の順序が重要である。カリキュラムを編成するときは、教育課程の内容的な領域または範囲を示す「スコープ」とあわせて重視される。

肉離れ

| コメント(0)

 肉離れは、筋肉繊維が伸びたり切れたりして起こります。
 ふくらはぎや太ももに多く起こり、筋肉繊維が伸びたり切れたりした部分はくぼんでいます。
その後、徐々に腫れて硬くなり、押すと痛みます。急に力を入れたため、筋肉繊維が伸びたり切れたりすることが原因です。
 患部を心臓より高い位置に持ち上げ、氷で冷やします。症状によってはギプスで固定する必要があります。
【出典:子どもの病気大辞典】

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro