「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2008年10月アーカイブ

脳の萎縮

| コメント(0)

 小児期に継続的に厳しい体罰を受けた人の脳は、体罰を受けずに育った人より、前頭葉の一部が最大で約19%萎縮(いしゅく)していたことが熊本大大学院医学薬学研究部の友田明美准教授(小児発達社会学)とハーバード大(米国)との共同研究で明らかになった。萎縮していたのは前頭葉の中でも感情をつかさどる前頭前野で、抑うつ状態や行為障害などの精神的トラブルを引き起こす原因とされる。体罰と前頭葉萎縮の因果関係が立証されたことで、体罰のあり方に一石を投じるとみられる。
 研究は、4~15歳の間に「平手打ち」「むちで尻をたたく」という厳しい体罰を年12回以上、3年間以上受けた18~25歳の米国人の男女23人を対象に実施。磁気共鳴画像装置(MRI)で脳の断面図を解析した。
 その結果、同様の生活環境で体罰を受けずに育った22人の脳容積の平均に比べ、右脳では、高次の実行機能や情動と関連する前頭前野内側部が19.1%、共感や感動などの働きをする前帯状回が16.9%、左脳では、感情や認知機能にかかわる前頭前野背外側部が14.5%、平均で小さかった。
(2008年10月23日西日本新聞より)

若者自立塾

| コメント(0)

 仕事も通学もしていない「ニート」の急増を放置すれば社会保障の根本が揺らぐとの危機感から、厚生労働省が05年度から始めた就労支援事業。実績があるNPOや民間団体に運営を委託している。35歳程度までの未婚者、1年以上前から無職であるなど入塾要件がある。
( 2008-10-04 朝日新聞 朝刊)

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro