「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2008年2月アーカイブ

ちょっと待ってケータイ

| コメント(0)

<ちょっと待ってケータイ/ちょっと待って携帯>

ちょっと待ってケータイは、文部科学省が作成したリーフレットです。
 内容は、携帯のトラブル事例などをマンガにしたり、その対応法を解説するなど導入に工夫されていて、親子でインターネットの利用についてルールを話し合う参考になります。
文部科学省は、子どもたちがインターネット犯罪に巻き込まれないように、特に携帯電話インターネット利用での留意点やトラブル事例、対応へのアドバイスを盛り込んだリーフレット「ちょっと待ってケータイ」を、小学校6年生全員に配布することになりました。
(2008年2月23日教育家庭新聞より)

子育て基金

| コメント(0)

子育て基金とは、長崎市の子育て支援策。
 長崎市は15日、市民や企業からの寄付金と同額を市費から積み立てる「マッチングギフト方式」を採用し、子育て支援施策への支出に限定した「子育て基金」を新年度に創設すると発表した。市によると、子育て支援のための同種基金創設は全国的に珍しいという。
 市は22日開会の市議会に提案する新年度予算案に基金の原資として2億円を計上。予算成立後、市の広報紙などを通して寄付を呼び掛ける。
 2006年の長崎市の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の推定数)は1.22で、全国平均の1・32を下回るなど少子化が深刻な状況。子育て支援の基金創設で、市民の自発的な協力を促しながら、学童保育施設の整備や虐待防止の取り組みなど臨時的に必要な資金確保につながるとしている。
(2008/02/16 西日本新聞朝刊)

博士号教員

| コメント(0)

 博士号教員とは、博士号を持った公立学校教員のこと。
 秋田県教委は平成20年度公立学校教諭採用候補者選考試験に「博士号保有者」特別選考を創設し、2月1日から応募書類の受け付けを始める。知的世界に触れる機会を提供して児童・生徒の意欲や関心を高めるとともに、「学力が上位レベルの子どもたちを刺激したい」(高校教育課)と期待する。
 募集校種は小学校、中学校、県立高校で、募集人員は若干名としている。正規教員として採用。博士号の対象分野は理学、農学、心理学を含む教育学と幅広い。応募年齢は39歳まで。初任給は、高校教諭として採用の場合、月額25万5500円を支給する。
 職務内容として想定しているのは▽地区の拠点校や県総合教育センターに所属して、小・中・高校での児童・生徒への指導▽専門的な実験・演習を通じて、教員に対しての授業改善や生徒に対しての学力向上を図ること▽各農業高校を巡回して、生徒の発展的な内容の「課題研究」(プロジェクト研究)の指導▽工業分野などで「ものづくり」を担う人材を、全県的に指導・支援すること―など。
 書類審査と第2次選考試験を経て、3月11日には結果を発表するという。
(日本教育新聞より)

飛び込み出産

| コメント(0)

飛び込み出産とは、妊娠中に定期的な健診を受けず、産まれそうになってから病院に駆け込むことをいいます。
 読売新聞社は飛び込み出産の実態を調査しました。
調査は、高度な産科機能を持つ総合周産期母子医療センターとして指定されている医療機関と、今後指定される予定の医療機関計73か所に対して郵送で行い、67か所から回答を得ました。
 回答によりますと、昨年1年間に「飛び込み出産」をした未受診妊婦は計301人に上りました。未受診の理由は「経済的困難(費用負担ができない)」が最も多く146人と49%を占めました。「健診が不要と考えていた」妊婦も42人いました。

 今回の調査結果について、未受診妊婦の問題に詳しい独協医大の渡辺博教授は「未受診妊婦が増えているということは医師の間で言われていたが、実際に301人もいたことが明らかになった意義は大きい。飛び込み出産は母子にとって危険が高く、放置できる問題ではない。経済的困難が最大の原因ということからも、妊婦健診の公費負担を増額することが、最も現実的な対策だろう」と話しています。

 昨年、奈良県などで妊婦の受け入れ拒否が発覚したが、拒否された要因の一つが未受診でした。このため、未受診で飛び込み出産をする妊婦の存在が、産科医療の混乱に拍車をかけているとして問題視されるようになりました。
(2008年2月6日読売新聞より)

乳幼児用ベッドの回収

| コメント(0)

<乳幼児用ベッドの回収/ベッドの回収>

 経済産業省は、家具卸のリンクス(福岡県大川市)が輸入販売した乳幼児用ベッド「ラビットNA」「ラビットBR」の購入者に対し、使用をやめ、同社に回収を依頼するよう呼びかけている。(1)さくの間隔が大きく頭が挟まれる恐れがある(2)部品の強度が弱くて危険だという。
 04~06年に24都道府県で約500台が出荷され、うち半数以上が福岡県内だった。同社が昨年6月から回収しているが、回収率は先月末で1.8%にとどまっている。連絡は同社(0944・87・9877)へ。
(2008年02月02日朝日新聞)

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro