「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2007年6月アーカイブ

講堂映画会

| コメント(0)

 1928(昭和3)年ごろから始まった小学校巡回の映画会。最初に映像文化を採り入れた児童教育運動とされる。全日本映画教育研究会(発足時は全日本活映教育研究会)が推進し、大阪の新聞社に事務局が設けられた。全国大会には文部大臣が出席したこともあった。無声の16ミリ教育映画フィルムを会員校(最大時5552校)に廉価で配給し上映された。最後の上映は43年3月。学級が慰問袋作りに一致団結する様子を描いた「ゐもんぶくろ」(全映研製作)で、文部省推薦の国民必見映画となった。全映研はこの直後に、文部省の外郭団体、財団法人「大日本映画教育会」に統合され役目を終える。
( 2007-06-08 朝日新聞 朝刊 )

学年経営

| コメント(0)

 学年経営とは、学年という枠の中で、教育目標の達成を目指して教育事業を営むこと。学校教育目標を学年の特性に応じた学年目標におきかえ、学年主任が中心となって同学年教職員がその効果的な目標達成をめざして組織的に活動する。
 学校経営と学級経営の中間に位置することから、両者の意の中継や調整を任務しているといえる。例えば、学年内の学級相互に統制的調整機能がはたらき、足並みのそろった教育活動ができること、さまざまな特性や能力を持った教職員がコミュニケーションをとり、指摘しあうなど教職員の質をあげる活動ができることなどがあげられる。
 また、近年は学級の枠をこえ、学年の協力指導体制で学習を行なう形態も増えていることから、学年の連携、協力のための学年経営は重要になってきているといえる。
(引用:教育家庭新聞)

このアーカイブについて

このページには、2007年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年5月です。

次のアーカイブは2007年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro