「みんなでつくる子育て辞典」は子育てに関する情報集です。

2007年2月アーカイブ

助産所と嘱託医

| コメント(0)

 お産を扱っている開業助産所は全国に330カ所。年間約1万人が生まれる。医療法第19条は「助産所は開業時に嘱託医師を届け出る」と定めているが、形骸(けいがい)化していたため同法を改正。今年4月から(1)嘱託医は産婦人科医師に限る(2)新たに救急対応可能な連携医療機関を定める――よう義務づけられた。猶予期間は1年間。日本産婦人科医会による01年開業助産師調査では、嘱託医なしが4.7%で、7.7%がお産を扱っていない医師。文書で契約していたのは48%で、金銭を伴う契約は18%だった。日本助産師会の05年調査では、産科以外の嘱託医は19%、産科であってもお産を扱っていない医師が35%いた。
( 2007-02-20 朝日新聞 朝刊)

孤独

| コメント(0)

 孤独とは、仲間や身寄りがなく、ひとりぼっちであること。思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しいことである。 

「日本の子供は先進国の中で最も孤独」
 国連児童基金(ユニセフ)が2月14日発表した先進国に住む子供たちの「幸福度」に関する調査報告書で、こんな実態が浮き彫りになった。
 報告書は経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち25カ国について各種指標を比較。子供の意識に関する項目の中で「孤独を感じる」と答えた日本の15歳の割合は29・8%で、2位のアイスランド(10・3%)以下、フランス(6・4%)や英国(5・4%)などに比べ飛び抜けて高かった。「自分が気まずく感じる」との回答も、日本が18・1%とトップだった。
 子供の物質的な教育環境面でも、日本は先進国中で平均以下との結果が出た。学習用の机やコンピューター、インターネット接続など教育環境の充実度を示す8品目のうち、6品目未満しか持たない15歳が日本では53・3%に上り、ギリシャに次いで高かった。
 (西日本新聞2007年02月15日)

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.14-ja
Powered by Movable Type Pro