Q1.年長さんはもうすぐ小学一年生。保護者はどのようなことを心配しているでしょうか?予想して下さい。
Q2.まもなく我が子が小学校に入る保護者へのアドバイスを一言

キャンペーン期間=3月7日(月)〜3月25日(金)
【回答者総数】=313名

回答者の年代別人数

年代 人数
10代 7
20代 59
30代 117
40代 74
50代 33
60代 22
70代 0
無回答 1
合計 313

回答者の性別

性別 人数
女性 161
男性 152
無回答 0
合計 313
   

どのようにしてまごころ保育園のホームページを知りましたか?

  今後アンケートキャンペーンのお知らせをしてもいいですか?
Yahoo!やGoogle
などの検索エンジン
52 はい 181
まごころ保育園からのお知らせ 53 いいえ 132
懸賞サイト 174 無回答 0
保育園・幼稚園情報サイト 16 合計 313
友人・知人の紹介 15    
ブログ(ブログ記事) 0    
その他(お気に入り、メルマガ) 3    
無回答 0    
合計 313      

年長さんはもうすぐ小学一年生。保護者はどのようなことを心配しているでしょうか?予想して下さい。(選択肢より3つ選択)

選択項目 選択1 選択2 選択3 合計
どんな習い事をさせたらいいか 2 7 10 19
家庭での学習のあり方 14 17 25 56
授業についていけるか 21 53 59 133
新しい学校生活にスムーズに移行できるか 48 52 60 160
担任の善し悪し 25 38 35 98
通学の安全 87 50 50 187
放課後の居場所や留守番中の安全 7 11 27 45
友達と仲良く出来るか 109 85 46 240
その他 0 0 1 1
合計 313 313 313 939
         


まもなく我が子が小学校に入る保護者へのアドバイスを一言

○子供の成長にいち早く気づくことができるのは親だけです。
子供が何を感じ 何を親に伝えようとしているか しっかりとアンテナを張り巡らせてあげてください。

○良いことは褒め、悪いことは叱る。それだけです。くれぐれも学校のやり方に口を出すのだけは、やめてあげて下さい。

○過保護はいけませんが、安全の確保だけは重要です。

○子供が以外と成長しているものです。あまり心配せずに祝ってあげてください!

○お母さんもお父さんもいつもにこにこ優しくしてあげていてください。何かあってもそれが一番の自信になります。

○いじめや不登校など、親の悩みは尽きませんが、わが子を信じて学校に送り出しましょう。

○子供は親が思う以上に順応性があるので心配し過ぎは子供に伝わるので大らかに構えて送り出してあげて欲しいです。

○幼稚園や保育園よりも、明らかに先生から保護者の方へお話されたり、伝達されることが少ないと思いますが、お子さんのお家へ帰ってきたときの「ただいまー」の声、お話で、感じ取ってあげてください。きっと、毎日同じではないはずです。

○宿題は、どんなに忙しくても、毎日、見守ってあげて、家庭学習の習慣を身につけてあげてください。

○何かと心配でしょうが、あまり神経質にならないほうが子供にとってもいいみたいです。うちの子は内気で友達とうまくやっていけるか心配でしたが、親が思うよりどの子もしっかりしているようです。
ただ何か気になることがあれば、すぐ専門の方などに相談するように気がけていました。話を聞いてもらうだけでも悩みが解決したりするので、自分ひとりで悩まず何でもいいので相談されるといいと思います。
それから子供さんも徐々に自立してゆき、お母さんにも時間的に余裕ができるでしょうから、没頭できる趣味やまたは資格を取るために勉強したりされるといいのではないかと思います。没頭できる何かを持つということは、一見ぜいたくなようですが、ストレス解消になり心豊かな生活を送るうえで不可欠なものだと思います。

○過保護にならなくても子供はある程度育つものです。のびのびやりたいことをやらせて、まだまだ勉強はもう少し先でも充分間に合うと思います。
最初は環境に慣れることが大切ですね。先生はよほどのことがない限りちゃんとした先生が多いですから、少しくらいの失敗は多めに見てやって、学校と父兄の関係も良好であってほしい。過保護になりすぎてクレーマーになるのはお互いにプラスになりません。
あとは子供が楽しく学校生活を過ごせているかどうか(特に友達)。悩みを聞いてあげることも大切だと思います。

○子供は、親が思っている以上に新しい世界への適応力がありますよ。大丈夫です。

○うちも今年入学です。人見知りをする子でやや心配ですが、子供の順応性を信じようと思います。

○子供が一人で学校に通うのはとてもすごい冒険です。まずは安全に登下校できるということだけでおもいっきりほめてあげましょう。

○おとなしい子も、活発な子も、子供らしく大人が想像する以上の順応性を持ってます。学校生活での心配は、きっと無駄に終わると思いますよ(笑)  
通学路は確認しておくとより安心ですが、それよりも車から見えにくい身長ですので、曲がってくる車に気をつけることや、広がって歩かないこと、歩道が狭い・ガードレールがないところでは、車道側より塀よりを歩いて電柱などをよける時に車に気をつけるように教えてあげてください。

○小学校の時期はちょうど子供の記憶が発達し始める時期で、たくさんのことを試しにやらせてみたほうがいいのではないかと思います。

○小学生といってもまだまだ子供だし、ちゃんと気を付けて、友達に対する礼儀を教えてあげてほしい。

○これからは子供が一人で成長していくための大切なことを学ぶ時期です。どうぞしっかりと子供の声を聞いてやってください。

○子供は親が思っているよりしっかりしているものですよね。最近までママ・ママと自分がいないとなにもできなかったのが…。
小学生となると心配などが増えるかもしれませんが、頑張ってください☆

○学校の先生をまず信頼することです。

○我が家も二人目が入学を迎えますが、幼稚園生活において最低限の集団生活におけるルールを守れるようになっているのでともかく見守ってあげる、必要になったら助けてあげるくらいに思っていればいいと思います。

○色々心配なことがあると思いますが自分の子供を信じながら困ったことがあれば学校の先生に相談するのが良いと思います。